keystoneのアンビリバボー体験談集

No.10 ある姉妹の生き返り( 1 / 1 )

これはちょうど六年前の12月に起こった出来事です。

僕はそのころまである教会に献身していましたが、聖霊様の導きによってその教会を出ることになりました。

僕は聖霊様の計画もあって、その教会にいるのが段々苦しくなるし、聖霊様も「教会の外であなたは働くようになる」と啓示していましたし、先生自身にもそのような示しが与えられていたそうです。そして先生にその旨を手紙に書いてお渡ししてその教会を去りました。

しかし、実はその前後ある大きな事件がありました。

教会で礼拝が終わり、そのころのN牧師先生がクリスマスに関する連絡事項を告げているときに、僕の斜め後ろで姉妹2人がおしゃべりをしていました。

それで、突然N先生が怒りだしました。

そして、礼拝が終わった後に礼拝堂で皆のいる前で「M先生、ちょっとこっちへ来い!」と言ってトイレの前に呼び寄せると「お前の教育がなっていない!」と言っていきなり妻であるM先生の顔を力いっぱい引っ叩きました

そして僕だけが目の前で目撃していました。


N牧師先生は何事も無かったように講壇に立って、「やる気のある人だけクリスマス賛美の練習をしますので、お食事のあと残って下さい。」と言って、みんなを食事の為に奥の部屋へ案内しました。

僕はおしゃべりをしていた一人の姉妹に「いまM先生が顔を叩かれてトイレにいるので、詫びながら様子を見てきて欲しいと言いました。」

あとから聞いたのですが、その後姉妹はトイレに行ってM先生と2人きりになったそうです。

そしたらN牧師先生が戻ってきて、ドアを叩き「ドアを開けろ!」と怒鳴ってきたそうです。

姉妹はM先生に「トイレに隠れなさい」と言われてすぐに隠れましたが、M先生がドアを開けると、更に何度も叩かれていたそうです。

姉妹は怖くて何も出来ずにいましたが、今度は彼女が誰もいない礼拝堂に連れて行かれ、「お前には悪霊が取り付いている!」みたいな事を言われ、凄い形相で悪霊追い出しなる事をしてきました。

恐ろしく大きな声を出して尚且つ彼女は体をドン!と何度も押され、首も腕も強くつかまれていました。

後で見てみると首から爪あとが何箇所か見られ、血が滲んでいました。

そして首にも心にも傷跡が残っていました。

僕はその頃、そんな事が起こっているとは知らずに食卓の準備をしていました。

そうしたら、その姉妹のお母さんが「礼拝堂で大きな声がするから見て来て欲しい」と言う事でした。

ドアの入り口に近づくにつれ、悪霊の追い出しをしている大きくて激しい声が聞こえてきました。

僕は心の中で「N牧師先生が自分の妻であるM先生に悪霊の追い出しをしているのだ」と思いました。

しかし、ドアを開けてみると、何とそこには先程の姉妹が先生に肩を何回も突き飛ばされて、講壇の前に押したおされているシーンが見えました。

しかも物凄い形相で、とても大きな激しい声で怒鳴るように「サタンよ出て行け!」と繰り返していました。

そして彼女が押し倒された後、N牧師先生が姉妹の頭に手を置き、更に悪霊の追い出しを続けていました。

何とその時、僕の霊の目が開かれ、ある幻が見えました。

それは彼女の頭を鷲づかみにしているその手が、どす黒いサタンの手に変わりました。

そしてその手先から、爪が獣のように出てきて彼女の額や頭に食い込んで行くのが見えました。

そして更に、そのサタンの獣の腕全体から、ヘドロのようなコールタールのようなものがドクドクと、彼女の頭から全身に入り込んでいきました。

そしてそれが、何万と言うサタンの汚れたあくれいどもだと言う事が分かりました

その間、彼女は瞳孔が開いて死んだ人のようになっていました。

僕は「このままだと彼女は死んでしまう!」と察知しました。

ほんとは殴りかかってでも、止めたいと言う気持ちが強かったのですが、その衝動を抑えてただひたすら聖霊様の指示を待ち必死に祈り求めました。

すると直ぐに静かになり、その幻が消えると共にN先生はその場からいなくなりました。

僕は急いで、姉妹のお母さんのところへ行き、「もう、ここはいいから今すぐ、姉妹を連れて帰って下さい。事情は後で僕が説明します。彼女は今とても危険な状態なので僕が来るまでは絶対に目を離さないで下さい。」
そうお願いすると、お母さんは彼女を連れて急いで帰っていきました。

僕が急いで彼女のお母さんの家に行くと、姉妹は自分の家に戻ったと言う事でしたので急いでそこへ祈りつつ向かいました。

すると姉妹は無事でしたので一安心しました。

そして僕は姉妹をソファーに座らせ静かに優しく話しし始めました

手首を見てみるとカミソリで切ったすぐ後でした。

話し始めると姉妹は突然立ち上がり、ベランダへ行きたいと言い出しました。

僕があとをついて行くと姉妹は下へ飛び降りようとしました。

僕は慌てて姉妹を後ろからつかみ落ちないようにしました。

そしてソファーに連れて行きましたが、今度は玄関から出て下へ飛び降りようとしました。

あまりにも飛び降りようとするので、仕方無く玄関先から抱きかかえてソファーに連れて行きました。

あとから聞いた話なのですが、何度も耳元で「ベランダから飛び降りたらすぐ気持ちが楽になるから早く飛び降りた方がいい。こいつの話を聞くな!」と聞こえてきたそうです。

その声に勝手に体が反応して、飛び降りようとしたわけです。

僕が話し始めると彼女はとても攻撃的な態度を取って来ました。

もちろん内側にいる悪霊が僕を攻撃しているわけです。

つまり彼女は僕に対して、憎しみと怒りをぶつけて来ました。

それは先程自分がN先生に押し倒されても何も助けもせず、ただ僕が傍観しているだけだったので、「まるでレイプされているのをそばで楽しそうに眺めている男と一緒だった」と言う事でした。

「ただ見ているなら、誰にも見られないほうがまだ良かった」と言う事でとても傷ついていました。

手首を切ったのもそんな事が苦しかったり、M先生に暴力的に取り扱われたのが恐ろしくて何も考えたくないと思ったときに、又耳元で声がして「手首を切って死んだら苦しまなくても済むし、誰にも会わなくて済むし、気持ちが楽になる」と言われて手首を切ったら、今度は痛みと家族の事とかを思ったりして我に返ったそうです。

僕はその事を心から詫びて、そして再びゆっくりと話しを始めました。

そして内側にいる悪霊共や周りにいて姉妹を殺そうとしている悪の軍隊との戦いになりました。

なぜなら先程N牧師先生の内側にいた悪霊の軍隊が姉妹の内側にいて、すぐにでも殺そうとしていたからです!

僕は聖書のみことばを用いて平安を与えながら、イエスの勝利を宣言し、イエスの御名によってイエスの権威によって悪霊共と戦い、追い出していきました。

しばらくすると突然、姉妹が「頭が割れるように痛い」と言い出だしました。

そして痛みは段々激しくなっていき、大きな声で叫びながら頭を抱え、床に倒れてしまいました。

倒れた姉妹を見てみると瞳孔が開いていました。

僕はビックリして息をしているかどうか確認しました。

そして心臓が動いているかどうか確認しました。

そしたら全て止まっていました。

僕はどうしようと思い、「聖霊様どうしたら良いですか?」と聞きました。

すると聖霊様は言いました。

「彼女の霊はもう出て行きました。」

この言葉を聞いて、とてもショックを受けてしまいましたが、僕は聖霊様に

「聖霊様、どうかお願いします。僕が代わりに死んでもいいですから、どうか彼女の命だけは戻してあげて下さい。お願いします!」

と涙ながらに訴え心から願いました。

すると、聖霊様は言いました。

「それでは、彼女の霊に戻ってくるように命じなさい!」

僕はその言葉を聞いて聖霊様に「ハレルヤ感謝します。」と言いました。

そしてグッタリしている抜け殻の彼女を抱き起こして両脇に僕の腕を回して立たせました。

それから、信仰と権威を持って言いました。

「姉妹の霊よ。ナザレのイエスの、みなによって命じる!今すぐ自分の体に戻りなさい!」

そしてもう一度権威を持って命じました。

「姉妹の霊よ。ナザレのイエスの御名によって命じる!今すぐ立ち上がり歩きなさい!」

すると突然、姉妹の体が2~3メートル後ろに吹っ飛んでしまいました。

そして後ろのソファーにそのまま座りました。

僕が近寄って姉妹を見つめているとゆっくり目を開いてくれました

僕は思わず感動して涙がこみ上げてきました。

そして、心の中で「聖霊様感謝します。ハレルヤ!ハレルヤ!」と、何度も叫んでいました。


それから僕は「もう大丈夫だからこれを飲んで」と言って、お水を飲ませてあげました。

お水を飲んだあと姉妹が語り始めましたが、内容はこうです。

僕が悪霊を追い出していると突然家の周りから大勢の悪霊共が押し寄せてきて、「僕の話を聞かないように」と脅してきたそうです。

そして突然頭痛がひどくなって来て話も聞こえなくなってきたと思ったら悪霊共が周りから迫ってきたので、頭の痛みと恐怖で怖くなり大声で叫んでいて、気がついたら自分自身の体が目の前に横たわっていたそうです。

そして自分の体を見ながら「どうして自分は息をしていないのだろう?息をすればいいのに。」と思ったそうです。

姉妹の横たわっていた体のそばには僕がいて、その時に霊の彼女は、僕の背中のほうから、それを眺めていたと言う事でした。

そして僕が姉妹を抱きかかえ、イエス様の名前によって命じられて、気が付いたら突然ソファーに座っていたと言う事でした。

思わず僕は「今言った事全部当っている。いま、それを自分も説明しようとしていた所だよ」と言いました。

そして2人で、イエス様に感謝を捧げ、礼拝をして聖霊様の油が姉妹に満たされるようにとお祈りしました


さてここで話を戻しますが、僕が教会を出た極めつけの問題は、このN牧師先生が犯した事件によるものでした。

でもこの事件が起こる数ヶ月前から聖霊様は、僕がこの教会を出ると言う事を示していました。

そして、海外から来た、ほかの教会の預言者の方も、全く同じ事を僕に対して語りました。

それから毎週行なわれる奇跡の集会で、素晴らしいみわざが起きているにも関わらず、聖霊様はこの働きに対して「これは私の求めるものではない」と言う事で、僕は教会にいるのが苦しくて、苦しくて仕方が無い状態でした。

そしてダメ押しのとどめが、N牧師先生が犯した暴力と間接的殺人行為によるものでした。

悪霊の悪い影響を受けてしまったこのN牧師先生ですが、この方は長い事癒しの働きをしていて多くの方々を癒し多くの悪霊も追い出して来ました。

ところが肉の弱さからサタンの誘惑にあって、その結果全ての関わっていた悪霊共が戻ってきてしまったと言うわけです。

そして教会のある姉妹に怒りをぶちまけ、悪霊追い出しをすると言って暴力的に体と心と霊を傷つけ、人格そのものを深く傷つけてしまいました。

その結果その悪霊の大群が一気にその姉妹に入り込んでしまい、悪霊に惑わされて手首を切り、二回のベランダから飛び降りようとさせ、最後には息の根を止めて命を奪ってしまいました。

これって殺人事件にならないでしょうか?

あるいは何らかの犯罪にならないでしょうか?

でも殺人事件にだけはなりようがありません。

なぜならイエス・キリストの復活の力がその死んだ 姉妹の内側に働いて、聖霊のみわざによって姉妹を生き返らせたからです。

僕はその事を目の前で目撃しました。しかも僕はその為に命の取引きを神様と取り交わしました。

ですから僕は姉妹の命を戻してくれた代わりにいつでも主の為に死ななければなりません。

それはそれで心から感謝な事です。

ほんとに身代わりになりたかったからです。

なぜなら僕も一度は死んで生き返ったことがあるからです。

それでこの命を引き換えにこの素晴らしい姉妹が助かるならこんな感謝な事は無いと思いました。

今その姉妹が生きている事をこの上も無い僕の幸せと感じています

そして僕が息絶えるときにはこの事を思い出して感謝に満ち溢れる事でしょう。

全ての栄光が復活の主イエス・キリストにありますように!

主は真に素晴らしいお方です。

なぜならこんな僕の為にも十字架で身代わりとなって死んでくださったのですから・・・。

この方以外には天下に救いはありません!

この方がお生まれになった記念の日がクリスマスと言う事です。

ですから、みなさん!救い主の生誕を心から祝いましょう!

ところで、信じることが出来るかどうかは個人の自由意志にお任せしますが、聖書の世界には全て
このような事が事実として記述されています。

もし皆さんが現実的な問題に直面した時には聖霊様を単純に信じて
行に移してみて下さい。

リアルにこう言う霊的に隠された世界があるのだと言う事が分かると思います。

実は見える事よりも見えないものに力が働いていたり、この世界は見えないものによって支
配されている事が殆んどなんだと言う事が分かるはずです。

まるで映画マトリックスの世界のようですが、事実はもっと映画以上にリアルでダイナミック
なものです。

真理は一つですので、ぜひ行動を起こしてみてください。

キーポイントはイエスの御名を単純に信じる信仰です。

これが世界を変えることが出来る鍵です!

信仰を持ってあなたが戦いに挑んで行く時には、いかにあなたが盲目で、両耳の聞こえな
い人であったかが、身をもって体験出来るはずです。

皆さんの霊の目が開かれ、サタンの策略を見破り、その要塞を破壊する者になりますように
と切に祈ります。

聖霊の力によって皆さんの霊の耳が開かれ聖霊の囁きが聞こえるようになりますように!

そして神様のみこころに従って歩む者へと変えられます様に!

主イエスの御名によって祝福してお祈り致します。

アーメン!

追伸

この話に出てくる先生方の問題は聖霊様が劇的に解決してくれました。 「No.25 1匹の羊のために命を捨てなさい」 でそれを証しています。神さまの計画は素晴らしいです。
神さまは、このことを通して沖縄にリバイバルを起こそうとしています。
イエス様にすべての栄光をお返しします。
アーメン

keystoneより
 
 
聖書
(※聖書が分かりやすくなります。)

ゴッドストーリー(創造から永遠へ)


証し

(※イエスの証人として選ばれた人に神は現れます。)


癒し・奇跡

(※あなたが神の子の特権を行使すると全く同じことが起こります。)

天国と地獄

(※死後の世界が確実にある事を知って下さい。)


キリストの再臨

(※大艱難時代が目前なので、今すぐそれを目指して下さい。)

■賛美

 

■オンライン聖書

【送料無料】天使と悪魔の秘密 [ 久保有政 ]

【送料無料】天使と悪魔の秘密 [ 久保有政 ]
価格:1,026円(税込、送料込)

 

No.11 信仰の賜物による生き返り( 1 / 1 )

ある日、ある姉妹と話をしている時に突然、聖霊様からの素晴らしい啓示がありました。

そして、僕はその事をその姉妹に告げました。

「実は、今聖霊様から素晴らしい啓示があって、これから君に信仰の賜物を与えたいと言う事なのだけど、この賜物を君は受けとりたいの?

ちなみに、この信仰の賜物と言うものは、賜物の中で最も爆発的な奇跡が起こる賜物で、例えばアブラハムがイサクを神様に捧げようとしていた時の信仰だよ。結果的にあの時イサクは殺されなかったけど、例えイサクが死んでも神様は絶対に生き返らせる事が出来るとアブラハムは信じていたし、実際に神様はイエスキリストをイサクの代わりに生き返らせたでしょ?
つまり、死人を生き返らせる事が出来る程の物凄い賜物なんだよ!

姉妹はこの言葉を聞いて、「そんなに素晴らしい賜物ならばぜひ私にも欲しい」と言ってくれました。

そこで、僕は彼女にその賜物が神様から与えられるようにと祈りました。

さて、それから2日後のことです。

僕が職場で仕事をしていると、その姉妹からメールが来ました。

その内容は、娘が自分の目の前でドンッと物凄い音と共にタクシーにはねられて、人形のように5、6メートルも飛んでいった。と言う事でした。今救急車の中からメールをしているので、詳しい事は病院で話すから今すぐ来て欲しいと言う事でした。

僕は、この電話を切ったあとすぐに聖霊様から幻を見せられました。

それは、タクシーが姉妹の娘をはね飛ばす前に、大きな天使の手が抱き抱え、タクシーが天使の手の甲に当たったあと、少し前でその娘はゆっくりと地面に降ろされていました。

僕は、仕事場の関係者に事故の事を告げて病院に向かうことにしましたが、同時にみんなには「大丈夫絶対に無傷だから心配しないで!」と伝えました。

さて、それから僕は救急病院へ行き、娘さんがいるベッドへ案内されました。

そして僕はまず、娘の5歳になるミイナちゃんに直接話を聞きました。

ミイナちゃん。どこも痛くない?大丈夫?と聞くとミイナちゃんはどこも痛くないと言いました。

しかし、膝小僧に絆創膏が張ってあったので、膝を本人に屈伸させてみました。

それでもミイナちゃんは全く痛くないと言う事でした。


医者も何回もあらゆるテストをしましたが、地面に落ちたときに膝を擦りむいただけで、あとは全く問題ないと言う事でした。

あれだけのスビードで撥ね飛ばされたのに全くの無傷だったので、医者はこれは奇跡ですねぇと、何度も首を捻っていたそうです。

僕は、更にミイナちゃんに事故の時のことを詳しく聞いてみました。

すると、ミイナちゃんがママの所に向かって走っていったら、タクシーが突然目の前に走ってきていて、ストップも出来ずにそのまま車にぶつかってしまったけど、ミイナは大きくジャンプして一回転して両足で地面についたけど、その時に失敗してひざを地面にぶつけてしまったということでした

つまり、事故の衝撃で怪我をしたのではなくて、着地のときにひざを軽く地面についたので軽い擦り傷を負っていました。

そして、しばらくするとママがミイナちゃんを呼ぶ声がしていて、ママはミイナが死んでいると思って心配していたので、ミイナが生きていることを早くママに教えてあげないとかわいそうだと思って、目を開けたらママがいたので「ママ、ミイナは大丈夫だよ。死んでいないよ。生きているよ。」と、語ったそうです。


そして、今度は詳しいことを母親から聞きました。
自宅前で知人とおしゃべりをしていたら、突然目の前でドーンと言う物凄い音とともにタクシーにはねられたミイナちゃんが人形のように5,6メートルも飛ばされてしまったそうです。

このとき姉妹が思ったのは、ミイナちゃんは絶対に即死しているか、例え生きていても一生植物人間になるということでした。

彼女は急いでミイナちゃんを抱きかかえましたが、自分の腕の中で自分の娘が息絶えていくのを感じていました。

一瞬にしてミイナちゃんの唇は紫色になり、体温が見る見るうちに下がっていったそうです。

そして、衝撃の物音があまりにも凄かったので多くの方々が集まってきました。

又、運転手もタクシーから降りてきましたが、「その子が走ってきて飛び出たから悪いんだ!こっちは何も悪くない!」と怒鳴ってきたそうです。

それを聞いた姉妹は、運転手人に、娘は死にそうなのにあなたはそんなことを言っている場合ではないでしょう!そんなことをいう暇があったら救急車でも早く呼びなさい!そうじゃなければだまりなさい!と言い返しました。

そして、息絶えていく自分の娘を見ながら静かにイエス様に祈り始めました
イエス様、ミイナちゃんは今私の腕の中で息絶えて死にそうです。
もう、すでに死んでいるのかもしれません。
でもイエス様、あなたは死んでも生き返った方です。
ですから、例えミイナちゃんが今死んでもあなたはすぐにでも生き返らせる事が出来る神様だと言うことを私は知っています。

どうぞ、あなたの栄光を今現せてミイナちゃんを生き返らせてください。

イエス様のみなによってお祈りいたします。アーメン!

姉妹は、信仰を持って静かに祈りましたが、祈り終えた後にゆっくり目を開き娘のミイナちゃんを見ました。

するとどうでしょう。

あれだけ血の気が引いていた唇がピンク色に戻って更に息が戻ってきました。

そして、ミイナちゃんはぱっちりと目を開けて「ママ、ミイナは大丈夫だよ。死んでいないよ。生きているよ。」と言ったのでした。

この有様を見て先程まで、周りで騒いでいた人たちもびっくりしていたそうです。

なぜなら、あれだけの衝撃音だったので、間違いなく助からないとみんなが思っていたからです。

僕は、この話を姉妹から聞いて聖霊様に感謝しました。

そして、聖霊様が2日前に彼女に信仰の賜物を与えていたのは、実は彼女にこの奇跡を通して神様の栄光を現すためだったんだと知ることが出来ました。

神様はほんとに凄いですね。

神様を心から信じる人の為にはどんなに解決不可能な問題でも、神様のみこころにかなうのなら、その祈りに答えてくれます。

ところで、ミイナちゃんはお母さんが祈っている間、実は体から霊が離れている状態でした。

しかし、お母さんが涙を流しながら祈っているのを見て、お母さんにミイナは死んでいないから安心してねと言う事を知らせたかったそうです。

何と、この親子は二人とも一度は死んで、体から霊が離れ去ったあとに生き返っています。

ほんとに神様は素晴らしいですね。

多くの方々にこの事実を知って頂きたいです。

聖書に書かれている神様は本物です。

そして、イエスキリストは聖霊様となって、今も信じるものの中に生きて働いています。

しかし、残念なことにクリスチャンの方々でもこの現実を知っていないようです。

あるいは、知識でしか知ってはおらず、実生活ではまるで聖霊様の存在は無いかのようです。

信仰生活や、聖書の知識に関わらず、信じるものにはダイナミックに聖霊様は働きます。

あなたにもぜひ、この素晴らしい聖霊様の事を知って頂きたいです。

これは聖書の中だけの物語ではなく、実生活の中でも豊かに働く本物の神様の話です。

イエスキリストをあなたの救い主として信じ、口でそれを告白するなら、誰でもどんな罪でも許され、更に永遠の命も与えられます。

しかも、イエスキリストが聖霊様となってあなたの中に住んで下さいます。

この聖霊様はリアルにあなたに話しかけ、あなたの人生を導き、あなたをいつでも助けます。

ぜひ、あなたも心に聖霊様をお迎え下さいね。

keystoneより
 
 
聖書
(※聖書が分かりやすくなります。)

ゴッドストーリー(創造から永遠へ)


証し

(※イエスの証人として選ばれた人に神は現れます。)


癒し・奇跡

(※あなたが神の子の特権を行使すると全く同じことが起こります。)

天国と地獄

(※死後の世界が確実にある事を知って下さい。)


キリストの再臨

(※大艱難時代が目前なので、今すぐそれを目指して下さい。)

■賛美

 

■オンライン聖書

【送料無料】天使と悪魔の秘密 [ 久保有政 ]

【送料無料】天使と悪魔の秘密 [ 久保有政 ]
価格:1,026円(税込、送料込)

 

No.12 酔っぱらいの生き返り( 1 / 1 )

ある日、仕事の関係者数名と一緒にパーラーで食事をしていました。

すると突然、中年の男性の方がすみません。誰か助けてください!といいながら、1人お店に入ってきました。

僕は、どうしたんですか?と尋ねてみました。

そうすると、彼は僕を外に案内しました。

見てみると、パーラーの前にはタクシーが停まっていて、後部座席のドアは空きっぱなしでした。

それで、中を覗いてみると心配そうなタクシーの運転手と、体の大きな男性が1人後ろでうずくまっているのが目に映りました

事情を聞いてみると、二人ともかなりお酒を飲んでいて、この男性は10分以上も前に突然意識を失って、ずっと呼吸もしていないということでした。

僕が呼吸や心音などを確認してみると、確かに息もしていないし、心肺停止状態でもありました。

僕は、その知らせてくれた男性に僕に何をして欲しいのですか?と尋ねました。

彼は泣きながら、どうにか助けて欲しいです。自分の大切な友達なんです!と僕にしがみつきました。

そして、僕は携帯電話があるので、救急車を呼びましょうか?と聞き直しました。

お願いします。と言う事でしたので、早速救急車を呼びました。

しかし、心肺停止状態だと知らせたら、ぜひ蘇生術を施して欲しいと言うことでした。

僕は、蘇生術を知っていましたが、あまりにも長い時間心肺停止状態なのでもう彼は絶対に助からないだろう。と思いました。

更に、不謹慎な話しかも知れませんが、こんなおじさんとのマウストゥマウスは勘弁してくれ!と心の中で思っていました。

しかし、先程の男性はしきりに僕にお願いします。助けてください!と何度も何度もしがみついて頼みました。

仕方がないので、僕はそのうずくまっている男性を反転させ、胸に手を当てました。

そして、心の中で聖霊様に話しかけました。

聖霊様、今目の前にいるこの男性をどうか憐れんで下さい。隣に座って涙を流している彼のこともどうか憐れんで下さい。
あなたが、憐れんで下さればこの男性が生き返ることを僕は知っています。僕には何の力もありませんが、あなたは死人に命を戻すことが出来ます。
どうかこのしきりに願うお友だちの気持ちに答えてあげて下さい。

このように聖霊様に願っていると、自分の腕からその男性の胸に向かって突然電気ショックのようなものが流れていきました。
その瞬間にあっ彼は生き返ると 確信出来ました。

そして、そばに座って泣きわめいている男性に言いました。

もう、大丈夫ですよ。彼は必ず息を吹き返します。だから、もう安心して下さいね。

この言葉を言ったとたんに、彼は嬉しさのあまり僕に抱きついて顔中にキスをしまくりました。

結局、おじさんとキスをしてしまった。と思いましたが、心の中では聖霊様に感謝をしていました。

しばらくして救急車が到着したので、僕は救急隊員に駆け寄り、今蘇生術を施したら息を吹き返しましたのであとはよろしくお願いします。と言って、何事も無かったかのようにパーラーに戻りました。

パーラーに入る前に、現場を振り返ってみると、息を吹き返した男性が突然起き上がり何やら救急隊員に怒鳴っていました。

つまり、俺は死んでもいないし気も失っていない!誰が来てと頼んだのか?よけいなお世話だ!と言うことでした。

もし、あの友人がしきりに頼まなければそのまま彼は死んでいたはずなのに、そんなこと何も知らないなんてほんとに、幸せな人だなあと思いました。

おそらく、聖霊様は最初からこの友人男性の願いを知っていて、わざとパーラーの前にタクシーを停めさせたのだと思います。

この友人の方がクリスチャンかどうかは分かりませんが、どちらにしてもこの友人の願いを聖霊様はかなえてくれました。

ほんとに、憐れみ深い聖霊様ですよね。

もし、あなたがこういう状況になった場合にはとにかく神様に祈り求めてください。

そうすれば、僕のような癒しの賜物を与えられているクリスチャンの方があなたの前に現れるかもしれません。

しかし、本当はあなた自身がイエス様を信じて聖霊様に願って、自分で癒すことが出来たほうがいいですよね?

どちらにしても、聖霊様は心からの願いにいつも答えてくれます。
ところで、昼間から酒を浴びるほど飲んでいたこの男性の方々は、どう考えてもクリスチャンではないと思います。

しかし、聖霊様は自分の友のために命がけで祈る方には突然力を表す場合があります。

その方がクリスチャンではなくても、その愛に感動されるみたいです。

聖霊様はその名のとおり聖なる霊ですが、人格も持っています。
ですから、人間の愛や感情に激しく反応します。

ただ、残念なことにそのことを、ほとんどの方が知らないだけです。
ですから、リスナーの皆さんはぜひイエス様を信じ、受け入れて聖霊様を自分の内側に宿して下さいね。

そうすれば、あなたの人生は必ず素晴らしいものになるはずですよ!

keystoneより

 
聖書
(※聖書が分かりやすくなります。)

ゴッドストーリー(創造から永遠へ)


証し

(※イエスの証人として選ばれた人に神は現れます。)


癒し・奇跡

(※あなたが神の子の特権を行使すると全く同じことが起こります。)

天国と地獄

(※死後の世界が確実にある事を知って下さい。)


キリストの再臨

(※大艱難時代が目前なので、今すぐそれを目指して下さい。)

■賛美

 

■オンライン聖書

【送料無料】天使と悪魔の秘密 [ 久保有政 ]

【送料無料】天使と悪魔の秘密 [ 久保有政 ]
価格:1,026円(税込、送料込)

 

No.13 てんかんの霊( 1 / 1 )

ある日、自宅でホームパーティーを開いているときのことでした。
庭でおしゃべりをしていた数名の友人が、僕の名前を大きな声で呼んで、「早くこっちに来て!」と叫んでいました。

僕は、いった何なのだろうと思いながら庭に出てみましたが、実は茂みの中から人間のうなり声のようなものが聞こえてくるということでした。

それで、僕は茂みの反対側の道に出て行きました。
すると、そこには一人の女性が倒れていました。

しかも、白いブラウスが鮮血に染まっています。
僕はびっくりしてその女性に声をかけました。

よく見てみると、それは家の真向かいに住んでいるNさんでした。

彼女はしばらく気を失っていたようですが、僕が声をかけるとゆっくり起き上がりました。

そして、何事も無かった様に家に戻ろうとしました。

僕は、「Nさん!大丈夫ですか?頭を強く打っていて血がたくさん流れていますよ。」と言いましたが、彼女は「別になんとも無いですよ。」と、平気な顔をしています。

何度、説明しても本人から「自分は何ともない」と言われたので、僕は困ってしまいましたが、このままでは危険だと思い、パーティーをしていた元看護婦の方と一緒に近くの病院へ連れて行きました。

病院に行く途中、彼女は怪我のことはまったく気にせずに、ひたすら母親の悪口ばかりを言っていましたので、僕は何かがおかしいと感じていました。

病院の玄関口に到着したので、彼女を知人にお願いして僕は車を駐車場に停めに行きました。

しかし、その間に待合室で彼女は激しい痙攣を起こしたそうです。
偶然にも、この病院の副院長がNさんの担当医だったので、先生にお任せして僕らは帰る事にしました。

そして自宅に戻り、Nさんの両親に連絡を入れて病院に行ってもらいました。

しかしその夜、両親が僕の家を訪ねてきました。
もちろん、お礼を兼ねてのことですが、実はそれだけではありませんでした。

両親はNさんの病気について語り始めました。

「実は、娘は3歳のころに医療事故が原因で、それからてんかん発作が起きるようになりました。そのことについて病院を訴えましたが、全然相手にはされませんでした。それに、娘の症状は更にひどくなるばかりでした。
娘は現在43歳になりますが、40年間私たちは娘の治療のためにお金をたくさんかけてきました。いろんな病院へも行きましたし、霊能者やいろんな宗教も試しましたし、キリスト教の教会にも行きました。そのたびにたくさんのお金を使いましたが、どこに行っても病状はひどくなるばかりです。」

僕は、この話を聞いてとても 心が痛くなりました。
そして、自宅で翌日開催予定の健康セミナーにお誘いしました。

ちょうど、ヘルス・アドバイザーのTさんが話をすることになっていたからです。

Tさんはクリスチャンであり、更に伝道師でもありました。
ですから、健康の話だけではなく、ぜひTさんに神様のお話もして頂きたいと考えてのことでした。

そして翌日、Tさんが健康セミナーを開きましたが、その途中でNさんは、てんかんの発作を起こしてしまいました。
僕はみんながパニックになるといけないので、「ただの発作だから大丈夫ですよ。すぐに収まりますから・・・」と言いました。

そして、セミナーが終わるとみんなに事情を説明して帰って頂きました。

Tさんには、彼女はてんかんの発作で、40年間もとても苦しんでいるのでぜひ、イエス様の話もしてほしいからとお願いしました。

そして、イエス様の救いについて話をして、Nさんには、イエス様を受け入れてもらいましたが、その後すぐに発作が始まりました。

しかし、発作がおさまると同時にNさんの行動が挙動不審になりました。
突然、ソファーから立ち上がったり何度も自分の足をさすったり意味不明な事ばかりをしていました。

まるで、先ほどとは全く別人のようでした。
僕は、あることが閃いたので、それをTさんに告げて試してみました。

短期間で人格が入れ替わる場合には、大体悪霊の仕業によるものです。

僕はそれを知っていましたが、Tさんは悪霊の働きに関してはほとんど否定的でした。

そこで、これはいい機会だと思い、「Tさん。今から僕がやることを見ていて下さい。Nさんの人格が悪霊によって入れ替わると言うことがはっきり分かるはずです。」

そして、僕はNさんにいくつか質問をしました。

「Nさん。さっきイエス様の話を聞いて一緒に祈ったのを覚えていますか?」

すると、彼女は「そんな話は聞いていない」と言いました。

そして「、この方を知っていますよね。」と言って、Tさんの名前を言わせようとしましたが、全然分からないという事でした。

では、あなたの名前は何ですか?と聞いたら、何で?私はNでしょ?と答えました。

そして、最後に僕は決定的な質問をしました。
実はこの質問には大事な意味がありました。

「それなら、あなたはいつからそこにいるの?」

すると、期待通りの返事が返ってきました。

「何で?私は3歳のときからここにいるのよ!」

僕は、思わずTさんの顔を見て、ほらね!と言う表情をしました。

そして更に質問を続けました。

「・・・・、でそこは居心地がそんなにいいの?」

と聞いてみると、とても居心地がいいと言うことでした。

これで、僕もTさんも、確実に悪霊の影響でNさんは、40年間苦しんでいるのだと言うことがわかりました。

僕はその頃、自分で悪霊の追い出しをしたことが無かったので、牧師先生にNさんのことをお願いすることにしました。

しかし、牧師は特に悪霊の追い出しなどはしないで、イエス様の救いについてのみ語りました。

そして、そのときにもてんかんの発作は起きてしまいました。

今度は、元副牧師でその頃すでに牧師になられていたS先生をお呼びしました

そして、やはり発作が起きたのでその悪霊を追い出ししてもらったのですが、それでも癒されることはありませんでした。

僕は彼女のことでとても悩んでしまいました。
「なぜ、Nさんはイエス様を信じてその上、悪霊も出て行くように命じているのに、いつまでたっても発作が治らないのだろう?」

僕は聖書に何かヒントはないかと思い、聖書を読んでみると、弟子たちがてんかんの霊を追い出し出来ていない場所を見つけました。

もちろん、イエス様は一発で悪霊を追い出していましたが、ただし我々が追い出す場合には断食と祈りとがどうしても必要になると言うことでした。

僕は、なるほどと思い、それから1週間断食をすることにしました。
そして、Nさんが癒されてあくれいからも解放されるようにと毎日、神様に祈り続けていました。

そして、自宅で一人で賛美を歌ったり、祈ったりしているときに突然、映画のスクリーンのように目の前に幻が現れて、更に神様が僕の口を通して物凄いことを語りました。

まず、突然Nさんの後姿が見えました。
そして、イエス様のVサインの右手が見えました。

それから、何と僕の口を通して「今、私の勝利の右の手でこの二つの穴を塞ぎました。」と語り、その二つの指がNさんの首筋に触れました。

僕は、突然の幻と同時に、自分の口からイエス様の声が出てきたので、とてもびっくりしたと同時に、凄く興奮しました。

そして僕は、何時間もイエス様に感謝して、賛美を捧げました。

更に、この事が起こる前に教会の礼拝で証をして、主の癒しを信仰によって宣言しました。

しかし、不思議なことに教会の皆さんは、僕の発言にドン引きでした。

拍手喝さいどころか、重たい空気が流れているほどでした。

さて、その日の礼拝から自宅へ戻り外で洗濯物を干していたときのことです。

そこへ、Nさんの母親がやってきました。

そして、びっくりすることを報告してくれました。

「実は昨日、初めて娘のMRIを撮影したのですが、その時に首のうしろのところに穴が二つ開いた後がみつかりました。しかし、その穴はただの傷跡で、今は完全に治っていると言うことでした。」

僕は、この言葉を聞いて感動のあまり鳥肌が立ちました。

そして、昨日見た幻の話をしました。
つまり、昨日僕がちょうど幻を見ていた瞬間に、Nさんは癒されたと言うことになります。

ほんとに神様は素晴らしいと思いました。

そして、それから1週間ほどたった時の事です。
僕は体調不良で横になっていましたが、誰かがインターホンを鳴らしました。

ドアを開けてみると、何とそこにはNさんがいました。

そして彼女から更に衝撃的なことを聞いてしまいました。
何と、MRIを撮影した日から一切発作が起こらなくなったそうです。
40年間、毎日何回もてんかん発作が起こっていたのがまるで嘘のようだと彼女は話をしていました。

僕は、彼女にもう一度イエス様の愛や奇跡について説明しました。
結局、教会には来ることはありませんでしたが、それから5年後にたまたまNさんの母親と再開する機会がありましたが、お母さんは僕の目の前でNさんに電話をしてくれました。

そして彼女は全くそれからは発作も無くて元気だと言うことでした

皆さん!これは本当にあった出来事ですよ!
聖書に書かれている神様は本物です。
しかも、今も信じる私たちの内側に生きて毎日働いています。

この素晴らしい神様を信じて受け入れてみませんか?

それは、とても簡単なことです。
イエス様が自分の身代わりになって十字架で死んでくれた事を信じることです。そして、イエス様が自分の救い主であると言うことを神様に対して口で告白して下さい。
そうすれば、あなたも聖霊様と毎日生きることが出来ますよ。

聖霊様は、あなたを決して見捨てないし、見放したりはしません。
ぜひこの素晴らしい永遠の神であり、本物の友達を自分のものとして下さいね。

keystoneより
 
 
追伸
 
悪霊達はほんとに存在しています。
みんな見えないだけです。
以下の動画を見て下さい。
大体、激しい憎しみや怒りや悲しみに支配されている場合、影で悪意をもたらしているのは悪霊達の影響があるからです。
罪を持っていると、残飯にハエがたかるように悪霊達が集まります。
罪はイエス様に告白して許してもらいましょう!
イエス様はあなたの罪のために身代わりになって十字架で死んでくれました。
そして復活しました。
死よりも悪魔よりも強いイエス様をぜひ、受け入れて下さいね。
 
 

 
聖書
(※聖書が分かりやすくなります。)

ゴッドストーリー(創造から永遠へ)


証し

(※イエスの証人として選ばれた人に神は現れます。)


癒し・奇跡

(※あなたが神の子の特権を行使すると全く同じことが起こります。)

天国と地獄

(※死後の世界が確実にある事を知って下さい。)


キリストの再臨

(※大艱難時代が目前なので、今すぐそれを目指して下さい。)

■賛美

 

■オンライン聖書

【送料無料】天使と悪魔の秘密 [ 久保有政 ]

【送料無料】天使と悪魔の秘密 [ 久保有政 ]
価格:1,026円(税込、送料込)

 
Keystone
keystoneのアンビリバボー体験談集
0
  • 0円
  • ダウンロード

10 / 64