危険なビキニ

 腕組みをしたリノの顔は夜叉となっていた。「全く、どういうつもりなの。あんなんじゃ、次のデートでやられるな。まったく、能天気なんだから。ヤマト撫子も、地に落ちたもんだわ。バシッと、お仕置きをせねば」別にお仕置きってこともないと思い、なだめるように声をかけた。「いやま~~、そう、いきり立つこともないだろう。ゆう子は、軽い女子じゃないし。セックスは、バシッと断るんじゃないか?」何言ってんのという顔付きで安田をにらみつけた。「バカね~~。女子はイケメンに弱いんだから。甘い言葉を信じて、きっとやられる。イケメンの秀才よ。とにかく、何らかの策を練らないと。もうそろそろ、やって来ると思うんだけど」リノは、窓から南側の広い駐車場を見つめた。

 

 安田は、これ以上何を言っていいかわからなくなった。こんなに怒り狂ったリノを見たことがなかった。5分ほど沈黙が続くとリノが声を上げた。「あ、やっと来た。ほら、見て、スウィッシュ」安田は、駐車場に目をやると玄関正面にある駐車場から歩いてくるジーパン姿のゆう子が見えた。「ゆう子じゃないか。噂をすればなんとやら」リノがすぐに返事した。「何言ってんの。お仕置きするために、呼びつけたのよ。ガッツリ、お灸をすえてやるから、覚悟しなよ」リノは立ち上がり、玄関にかけていった。お仕置きが待っていることを知らないゆう子は、無邪気な笑顔で手を振っていた。ゆう子を迎えたリノは、笑顔でティールームに案内した。嵐の前の静けさを思わせていた。

 

 ゆう子がテーブルに着くと安田は、なるべく場を和らげようと明るい声で話しかけた。「スウィッシュ、どう調子?乗りやすいか?」リノの右横に腰掛けたゆう子は、笑顔で返事した。「とっても、乗りやすい。お母さんも買い物には最適って言ってた。女子でも取り回しできる重量で、バランスもナイス。思い切って買ってよかった。安田に、感謝」スズキ・スウィッシュはスズキ特約店の安田自動車が勧めたスクーターだった。「そうか。そうほめてもらうとうれしいよ。とにかく、安全運転で頼むな。事故でも起こされたら、俺の責任になるからな。まあ、ゆう子だったら、大丈夫だろ~」怒りを抑えたリノの気持ちを和らげようとワハハ~~と安田は大きな笑い声をあげた。だが、リノの表情には笑顔は起きなかった。

 

 


 リノは右側のゆう子をじろっと見つめた。目を吊り上げたリノの顔を見たゆう子は一瞬身を引いたが、怪訝な顔で質問した。「そういえば、話ってなに?リノ」怒りを抑えたリノは、ゆっくりと諭すように話し始めた。「この前のデートのことよ。いったいどういうつもりなのか、聞きたいと思って」ゆう子には質問の意味が全く分からなかった。首をかしげたゆう子は返事した。「8月のダブルデートのこと?それがどうしたっていうの?ダブルデートは安田が考えたことじゃない。私は、別にどうでもよかったのよ。どうしてもって、安田が言うから、しぶしぶ承諾したんだから。文句言うなら、安田に言ってよ」

 

 一瞬安田の顔が引きつったが、リノが間髪入れずに話し始めた。「ダブルデートのことを言ってんじゃないの。ゆう子のビキニのことよ。あのビキニはどういうことなのかって、言ってんの」ゆう子は、ビキニが似合わなかったといわれていると思い即座に反論した。「私が選んだから、それでいいじゃん。今はやりの三角ビキニなんだから。店員さんに、すっごく似合いますよ~~って言われたから、買ったんじゃない。かわいいと思うんだけどな~~。何か文句あんの?」

 

 リノは、口をとがらせて反撃した。「どこがかわいいの。あのね~~、あんなひも付きの三角ビキニっていうのは、熟女が着るものよ。処女の女子が着るようなビキニじゃないわよ。処女なら処女らしいヴァージンビキニを着ればいいのよ。私だって、ゆう子のことを考えて、ちょっとダサ目のビキニを着たんだから」ゆう子は予想しなかったビキニの話に困惑した。処女にふさわしいビキニがあるなど考えてもいなかった。「それって偏見じゃない。処女がひも付きを着ちゃいけないっていう常識でもあるの?初めて聞いた。リノ、変なひがみはよしてよ」

 

 


 目を吊り上げたリノは、今にも噛みつきそうに大きく開けた口で叫び始めた。「何がひがみよ。ひも付きのビキニって、どう意味か分かってんの?イサクの目を見たら、わかんでしょ。どこ見てたと思うの。あのスケベなまなざし。あのビキニってのは、セックスOKって、言ってるのと同じってこと。わかる?全く、鈍感なんだから」セックスOKと軽い女のように言われたゆう子は、目を丸くして金魚のように口をパクパクさせていた。気を取り直したゆう子は、一呼吸おいて話し始めた。「セックスOKって、どういう意味よ。ビキニとセックスは関係ないじゃない。イサクも、かわいいって、言ってくれたんだから。変な言いがかりはよしてよ。もう、リノって、変態じゃないの。イサクはまじめな紳士よ。イスラエルで選抜されたエリート留学生よ。セックスのことなんか、考えないわよ」

 

 リノはあきれ返っていた。ゆう子が男子のことが全く分かっていないということは承知していたが、ここまでパ~プリンだとは思わなかった。少しバカにしたような口調でリノは話し始めた。「あのね~~、イサクは紳士なんかじゃないの。ゆう子にはわかんないかもしれないけど、あの目は、間違いなくプレイボーイ。マジスケベ。そんなんじゃ、次のデートで、きっとやられる。ゆう子が、あんなプレイボーイが好きだとはね。ヤマト撫子も地に落ちたもんだわ」イサクのことを紳士と思っていたゆう子は、真っ赤な顔で反論した。「何言ってんの。イサクは、秀才で紳士よ。英語も教えてくれるやさしい学生よ。プレイボーイじゃないわよ。言っとくけどね~~、あくまでもデートであって、セックスOKなんかじゃないわよ。まったく、失礼しちゃうわ」

 

 リノは、ここまでバカだと子供に諭すように話す以外ないと母親の気持ちで話すことにした。「あのね~~、ゆう子。男子ってものは、生まれながらにしてスケベなの。この世に紳士なんていないの。どんなにイケメンでやさしくて秀才でも、それは単なるカモフラージュに過ぎないの。心はセックスのことしか考えてないの。次のデートでは、きっとバリトンボイスの甘い言葉でホテルに誘われるから。ボ~~としてたら、ベッドの上。許してしまったら、あとは、適当に捨てられるだけ。捨てられた女は、男にしがみつく。運が悪いと、いいように利用されて、ヤクでも打たれて、悲劇の人生。わかった?」

 

 


 ゆう子は、イサクを極悪人のように言ったリノをにらみつけた。しばらく目を吊り上げていたが、なぜか、リノが言っていることも、もっとものように思えてきた。ゆう子は、今後も、イサクとのデートでモサドの情報を得ようと思っていた。だが、安易に近づくのは危険だと察し、リノのアドバイスに耳を傾けることにした。「そいじゃ、今後、いっさい、イサクとは、デートしないようにってこと?誘われたら、何と言って断ればいいのよ。初デートでセクシービキニまで見せたんだから。理由もなく、断ったら、イサク、きっと怒るわよ。女子からデートを断られたことなんてないと思う。ああ見えて、イサクって、かなりプライドが高いんだから。攻略するまで、絶対、後には引き下がらないわよ。どうすればいいのよ」

 

 腕組みをしたリノは、目を閉じてしばらく考え込んだ。一瞬笑顔を作りポンと両手を打ったリノは、甲高い声で話し始めた。「こうなったら、目には目を。イサクの攻撃をしのぐには、カウンターのストレートパンチ。彼氏を紹介するのよ。しかも、23年付き合ってるような」即座に、ゆう子は目を丸くして叫んだ。「え、彼氏?そんなこと言われても。彼氏いないし~」リノは、ニッコリ笑顔を作り、返事した。「いるじゃない。ほら、ゆう子の金魚の糞。わかるでしょ。あのブサイク!」ゆう子は、一瞬顔が引きつった。確かに鳥羽は、ファンだったが、彼氏にしたいという気持ちにはなれなかった。「え、鳥羽君。それは、ちょっと~、ムリ」ゆう子はガクンと頭を落とし、うつむいてしまった。

 

 リノは、ドヤ顔で返事した。「ゆう子、何、マジになってるの。あくまでもお芝居じゃない。ブサイクに、彼氏役をさせるのよ」ゆう子は、顔をゆがめた。いくら人がいいからといっても、彼氏役にさせるなどといえば、きっと怒ると思えた。「いくらなんでも、ちょっと、悪ふざけが過ぎるんじゃない」ハハハ~~とリノの笑い声が響いた。「大丈夫だって。きっとブサイクは喜ぶから。頭は天才でも、性格は忠犬ハチコ~みたいに、かわいいんだから。ね、安田。そう思うでしょ」突然振られた安田は目を丸くした。確かに、鳥羽はゆう子のファンで、ゆう子への愛を純愛といっているが、さすがに、彼氏の役をさせてやるなどといわれれば、バカにされたと思い、腹を立てるんじゃないかと思えた。でも、この場は、あいまいな返事でごまかすことにした。

 

 

 

 


サーファーヒカル
作家:春日信彦
危険なビキニ
0
  • 0円
  • ダウンロード

9 / 23

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • ダウンロード
  • 設定

    文字サイズ

    フォント