0
読者数
191
しおり
0
ふせん
0
完結

コンピューターの罠

200円
  • 購入
  • 試し読み
  • あとで読む
 電動式パチンコ台は、最初から、盤面をどのようにも制御できるコンピューターロボットだった。
だが、このロボットは、ただ正確に動くという以上に、人にたやすく飽きられたり、安易に人に先行きを予測されてはならなかた。
そこで、このロボットは人の生体の電気活動とつがって人の有り様を知り、人に対抗できるロボットとして造られた。
パチンコ台の機体に人の素手が触れて初めてパチンコ玉を打ち始めるこの機械にとって、それは造作のないことでもあった。
電動式パチンコ台が、必要以上に面白く感じられたり、強い関心を引いて病み付きになったりすることがあるのも、人の生体と電気的に繋がってるコンピューターの所作の一つにすぎなかった。
人は、知らぬうちに、コンピューターの罠に嵌っていく。
 

目次 - 全56P

貼り付けコード