0
読者数
5
しおり
0
ふせん
0
完結

教育と称するもの

金井隆久
200円
  • 購入
  • 試し読み
  • あとで読む
現代社会の教育と経済、そして社会システムについて根源的に考察する。第一章において現代が効率を求めるあまり非効率を招来している実態を論じ、つづく第二章でその原因を近代教育制度の根幹の行き詰まりに求める。第三章において交通問題とそれを起こした私たちの心性をかんがえる。最後の第四章において今後の展望を問う。
 

目次 - 全12P

貼り付けコード