小説の未来(14)

 今後、幼少のころから視聴覚ゲームに多くの時間を費やし、さらに、小学生になったころから受験勉強という言語ゲームに多くの時間を費やしていくならば、多くの若者の言語中枢において、感情言語の占める割合はますます小さくなっていくと思われます。

 

 キモイ、シネ、キレる、ヤバイ、マジ、などの短絡的な言葉が若者の間では頻繁に使われていますが、ますますこのような短絡的な言葉は増加し、使われるようになると予測されます。簡略された言葉がコミュニケーションをあいまいにするとは思いませんが、感情まで短絡的になるのではないかと危惧されます。

 

 感情言語の貧困化は、感情の貧困化をもたらすと考えています。そう考えると、親子関係や男女関係をより豊かなものにしていくには、人々の感情言語をより豊富にしていく担い手が求められると思います。そして、その担い手の一つとして小説家があげられると思っています。

               愛情表現

 

             

 陰湿な行動として今問題になっているストーカーという迷惑行為があります。確かに悪質な行為と思われますが、実は、この行為は愛情表現の一つなのです。ストーカーに走る人たちは、好きだという感情を言語で表すことができず、そのために一方的な追跡行為や軟禁という事件を引き起こしているのです。

 

 端的に言えば、愛情表現がうまくできないということが、不運な事件を引き起こしているのです。愛情表現としてのストーカーが、迷惑行為になってしまえば、愛情が理解されず、真逆の悪意に見られてしまうのです。

 

 痛ましい事件を聞くたびに、感情言語が人間関係において、いかに重要であるかが痛感させられます。殺人にまで発展したストーカー事件は、感情言語の貧困化が生み出した悲劇といえるのではないでしょうか。感情による行動を自制することは難しいものです。だからこそ、感情言語を豊かにする必要があるのではないでしょうか。

 人間だけでなく動物にも恋愛感情はあります。動物は、人間の使うような言葉を発しませんが、動物なりの鳴き声や動作などを使って恋愛します。動物たちは、彼らなりの方法でオスとメスの調和を作り出しているのです。

  

 恋愛は、ほとんどの人が経験するといえます。この恋愛を痛ましいものとしないためにも、いろんな感情言語に触れることができる読書をお勧めします。さらに、小説を書くということは、いろんな感情言語を生み出すことになり、自分の心を客観的に見つめることにも役立ちます。

  

 端末機を使った視聴覚ゲームは、老若男女問わず手軽に楽しめます。一方、小説を読むということは、知らない言葉を調べたり、じっと静かに文字を追うという努力と忍耐力を必要とします。でも、ドラマの登場人物になりきった自分を通して、日常生活で触れることのできない多くの感情言語に触れることができるのです。それは、現実の恋愛にも役立ってくれると思います。

 

              ゲーム依存生活

 

 現在、AIが進歩し、ますます、日常生活がゲーム化しています。確かに、人間が数値化され、人間関係が画一化されることは、マネーゲームにおいてはプラスになるように思われます。でも、心が、貧困化するように思われて仕方がありません。

 

 ほとんどの若者は、受験勉強という言語ゲームに多大な時間を費やしています。このことによって資格や学歴を手に入れることができれば、受験勉強は決して無駄な行為ではないでしょう。でも、感情言語をアイテムとする子育てや恋愛においては、マイナスになるのではないかと思います。

 

 言語は、脳機能に大きな影響を与えます。言い換えれば、言葉は、知性だけでなく、気質や性格をも作りだすのです。例えば、女子が人からブスといわれたならば、どんなに傷つくことでしょう。そのショックは、心の傷となって性格を暗くする要因となるのではないでしょうか。

サーファーヒカル
作家:春日信彦
小説の未来(14)
0
  • 0円
  • ダウンロード

4 / 10

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • ダウンロード
  • 設定

    文字サイズ

    フォント