さよなら命ーくつのひもが結べないー

目次

さよなら命ーくつのひもが結べないー「新訂版」

            
   1,序章 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   2
   2,ファイヤーストーム・・・・・・・・・・    6
   3,赤ちゃん戦争 ・・・・・・・・・・・・・  12
   4,燃える秋 ・・・・・・・・・・・・・・・・   19
   5,腎炎と成績と  ・・・・・・・・・・・・    24
   6,ブーツと大阪城  ・・・・・・・・・・     32
   7,オンディーヌ その1 ・・・・・・・     44
   8,オンディーヌ その2 ・・・・・・・     50
   9,オンディーヌ その3 ・・・・・・・     60
  10,初恋の思い出 その1・・・・・・     68
  11,初恋の思い出 その2 ・・・・・・    75
  12,高校3年生・・・・・・・・・・・・・・・    84
  13,数学の授業・・・・・・・・・・・・・・     92
  14,体育祭 ・・・・・・・・・・・・・・・・・      99
  15,政経の授業 ・・・・・・・・・・・・・    103
  16,卒業 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・     110
  17,受験 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・     115
  18,くつのひもが結べない  その1 ・・・ 121
  19,くつのひもが結ばない その2 ・・・ 126
  20,さよなら命 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 129

2

                さよなら命ー くつのひもが結べないー 「新訂版」

                                             作:    富士 健(ふじたけし)

       作品紹介:これは作者の高校時代を中心とした自伝的青春小説です。
         受験に悩み、いろいろな恋をし、
         そして最後は・・・?
                   作者が大学時代に書いた作品です。
                 

 1,序章

 突然、自分の寝ているベッドの床が抜け、下へ下へとものすごい速さで落ちていく
恐怖を感じ、健一ははっとして目が覚めた。
体中からじわっと汗が吹き出している。
何だ夢かと思った時に、今度はベッドの横にある目覚まし時計が「リーン」と
けたたましい音をたてたので、健一はあわてて目覚ましのベルを止めた。
「もう7時か起きなければ」と思うのだが、あと5分だけと、もう一度布団をかぶった。吹き出していた汗が乾くのか体の熱が急激に奪われ、健一は身震いをした。

 下ではカタコトと母親の久子が台所で何かしている様子だ。
毎朝、久子は6時に起きて台所で昨日の夕飯の洗い物をするのだが、
決して朝食を作りはしない。

 健一が4歳になるという時、父親の浩二郎は久子と健一と、まだ生まれて間もない
英文を残して、35歳という若さで肺ガンのためにこの世を去った。

3

久子はそれから十数年もの間、近所の町工場で働いて、女の手ひとつで
子供二人をこれまで育ててきたのである。

 久子は毎朝8時に家を出て、夕方6時に家に帰る毎日を過ごしてきた。
久子は一度も子供たちにつらいなどと愚痴をこぼした事はなかったが、
四十を過ぎるころから神経痛を患うようになり、工場を休むことが多くなった。
そしていつの日からか朝食を作らなくなり、健一たちはトーストだけを食べて
学校へ行くようになっていた。


「バタバタ、バタバタ」と激しい雨が屋根を打つ音が聞こえる。
「今日は雨か」と思うと、いっそう健一は起きるのが嫌になるのだった。

「健一、英文」という久子の呼ぶ声がする。
健一はその声がするや否やベッドから飛び出し、詰め襟に着替え下へ降りると、
まだパジャマ姿の英文が寝ぼけ眼でトーストを食べていた。
「コーヒー」と健一が言うと、久子はもう湯をつぐだけになっているコーヒーカップに
ポットの湯を注ぎ、健一に渡す。

「健一もパン食べ。」
「いらん、欲しないんや。」
「最近、全然食べへんなあ。また、体悪いんと違うか?」
「そんなことあらへん、ただ欲しないんや。」
「だからどこか悪いんと違うかって言っているんや。」
「大丈夫やって!」

 健一はそう言いながら、また腎臓が悪くなったのではないかという不安を
感じていた。

 健一は大阪の有名公立高校北天門高校の3年である。

4

4日後に控えている2学期の学期末テストの勉強で、毎日夜中の3時過ぎまで
勉強している。
試験の前に限らず寝るのが夜中の2時、3時になるのは、この2,3年日常茶飯事の
ことであった。

 3年前、高校進学時を向かえた健一は、どうしても北天門高校に入ろうと、
中学3年の十月ごろから、それは驚くほど勉強した。
それまで塾に行かなかった健一が、自ら塾を見つけてきて、毎日のように夜の
十時ごろまでそこで勉強し、家に帰ってから、夜中の2時、3時まで、時には
一睡もしないで勉強をした。
成績もみるみる上がり、中学卒業時には1番を取っていた。
そして当然のごとく北天門高校に入ったが、まもなく健一は慢性腎炎だと
診断された。

「また腎臓が悪くなったんと違うか?
 あの時も全然食べへんかったもんな。」 


 健一が体の不調を感じたのは、高校に入学してまもなく、
朝1時間目の体育の授業で、最初の準備体操を始めた直後、はいた事が
きっかけだった。
そして、運動クラグ新入部員の健康診断で尿検査をした結果、多量のタンパクが
おりていて、病院へ行くと腎炎だということで、精密検査した結果慢性腎炎だと
診断されたのである。
医師から刺激物を食べること、特に塩辛いものを避けるように言われ、母の久子は
薬局から無塩しょう油を買ってきて味けのないものばかりを作っていた。

その年の夏
「腎炎にはスイカがいいんだって。」と久子は毎日のようにスイカを買ってきては
健一に食べさせた。

富士 健
作家:富士 健
さよなら命ーくつのひもが結べないー
10
  • 300円
  • 購入

1 / 133

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • 購入
  • 設定

    文字サイズ

    フォント