青穂社 0フォロワー

  • 層雲第一・第二句集 自然の扉・生命の木

    荻原井泉水は、河東碧梧桐と袂を分かち明治44年層雲を立ち上げた。碧梧桐による俳句革新である新傾向俳句は、当時の俳壇を席捲したが、本質を捉えた革新とはならず、行き詰まりをみせた。芸術としての俳句の本質は奈辺にあるのか、芭蕉、蕪村、一茶の研究から井泉水は引き継ぐべきもの壊すべきものを精査した。この層雲第一句集(自然の扉)、第二句集(生命の木)は、井泉水の目指す俳句を体現したものである。「一つ鍵 」…
青穂は、2014年6月に創刊された井泉水師系の自由律俳句結社です。自由律俳句誌 青穂という全国誌を出しています。「仏を信ず 麦の穂の青き真実」という井泉水師の句より命名致しました。21世紀現在につながる文学としての俳句を目指して、模索と発表の場であり続けたいとの思いです。