• ピンク

    亜紀ちゃんシリーズ⑩オリーブ園で拾われた子猫は、ピンクと名付けられ亜紀ちゃんのおうちで元気に育っていた。風来坊は、ピンクは捨て猫、といっていたが、実は違っていた。
  • 対馬の闇Ⅱ

    沢富刑事シリーズ⑬出口君の殺害は内部犯行かもと聞かされたひろ子は、単独調査をすることにした。対馬の親友とともに聞き込み調査をしたが、これといった手掛かりはつかめなかった。だが、帰福後、ドギャン・シタトネ神父から決め手となる情報を手に入れた。そして、敵をとる決意を固めた。
  • 対馬の闇Ⅰ

    沢富刑事シリーズ⑫沢富は対馬に住んでいるひろ子の両親に会い、結婚の承諾を得てホッとして帰福したが、数日後、対馬北署警察官の水死体が佐須奈湾で発見されたというニュースが流れた。奇遇にも、彼は、ひろ子の幼馴染であった。誰かに殺されたと思ったひろ子は、敵をとってくれるよう沢富に依頼した。
  • 小説の未来(18)

    引きこもりを常識と対峙する生活と考えるならば、小説家も引きこもりになるのではないか?という観点から、小説を書くことによる効用について述べてみたいと思います。
  • 赤い糸

    沢富刑事シリーズ⑪両親に結婚を迫られた沢富は、過去を清算して、無事にひろ子と結婚できるのか?
  • 危険なビキニ

    くノ一シリーズ④ゆう子は三角ビキニでイサクに接近しようとしたが、危険を察知した鳥羽はボディーガードを引き受けた。また、安田と三島は、モサドへの勧誘に乗ってしまったが、ヤコブの話は本当なのか?彼らは、いったい何者なのか?
  • 狂人たち

    くノ一シリーズ③”虎穴に入らずんば虎子を得ず”の心意気で、イサクとのデートを承諾したゆう子。安田と鳥羽はゆう子を守れるのか?
  • モーセの再来

    くノ一シリーズ②神の声を聞いた安田は、ヤマト国家の建立のために革命を計画した。
  • 小説の未来(17)

    進化し続けるゲームが娯楽の主流となっている現代において、小説がやれることについて考えてみました。
  • 女子会

    くノ一シリーズ①校長は、さしはら温泉旅館でマフィアに対抗すべく極秘の女子会を開いた。
  • ピース

    亜紀ちゃんシリーズ⑨ピースの余命は三日と知らされたヒフミンは、ピースにお礼を言うために、大阪から糸島に駆け付けた。一瞬、ヒフミンの顔を見たピースは、しっぽを振って、名人になってね、と伝えた。そして・・
  • 小説の未来(16)

    小説と科学の関係について述べたいと思います。
  • エロゴルフ(2)

    沢富刑事シリーズ⑩タイゴルフツアーに参加したN大臣がホテルの寝室で遺体となって発見された。警察は自殺として処理したが、沢富は自殺にしては不自然と感じた。N大臣とプレーした松山も自殺はありえないと思った。N大臣の死の背後に何があったのか?米国債?カジノ?
  • 小説の未来(15)

    小説からアプローチする「国家の証明」についての概略を述べます。
  • デート修行(1)

    コロンダ君シリーズ⑨お菊さんは、コロンダ君をライオンのようなたくましい男にしようとAV嬢とのデートを画策した。素性を知らされずにデートを始めたコロンダ君に、神はどんな試練を与えるのか?
  • 小説の未来(14)

    感情言語とゲーム依存生活について、作家の立場から述べたいと思います。
  • オーディション

    亜紀ちゃんシリーズ⑧アイドル発掘オーディションに3歳の拓実を応募したところ、スタッフの間違いでエントリーされてしまった。必ず出ると言い張る拓実に困りはてた亜紀は、会場まで歩かせることにした。ヒフミンの助けでどうにか会場まで到着したが、歌うことができたのか?
  • エロゴルフ(1)

    沢富刑事シリーズ⑨松山と植木は、皇帝KGBジャパンツーリストのセールスレディ大原に勧誘され、大臣たちとのタイゴルフツアーに参加することになった。だが、松山は、大原の勧誘に疑惑を感じた。二人を待ち受けているのは?
  • 小説の未来(13)

    小説における「問題設定とドラマチック解答」、及び小説創作の効用について述べます。
  • 小説の未来(12)

    自作に共通する基礎概念と特徴について述べたいともいます。