仲里 淳 4フォロワー

  • 練り清めた銀 聖書を批判的に読む

     自由主義神学を受容しつつ、信仰を維持するためにはどうしたらよいか? また考古学的知見を提示され、聖書は間違っていると攻撃を受けるとき、どのような解釈をもって信仰を守るのか? このような目的のために本書は書かれています。  そのため、信仰を維持できるぎりぎりのところまで、考古学的解釈や自由主義神学を受容しつつ論理を展開しています。緊急避難的な護教用の解釈なのだということは初めに断わっておき…
  • イエスの楽な軛(くびき) キリスト教徒の義務について 

    信仰が神と個人の契約であるなら、聖書の解釈にも多様性があっても良いのではないでしょうか?イエスが旧約聖書を成就した後は旧約の規定には縛られないはずです。献金や奉仕、伝道、教会に集うことは聖書の記載から義務として規定されうるのでしょうか?私はイエスが私たちを細かい規則から自由にしたのだと考えます。
  • 全か無か思考を越えて部分的救済を考える~キリスト教の救済について第2版

    日本のキリスト教徒人口は1%です。 聖書を読むこと自体が心の力を強めるのにもったいないなと感じますが、 洗礼を受けることに抵抗が強いのではないかと思います。 救済の本質と裁きの日に何が起こるかについて一緒に考えてみませんか?