宮崎純嘉 0フォロワー

  • 天空の庭はいつも晴れている

    辻占いのルシャデールは、その霊能力を買われて神和師トリスタン・アビューの養女に迎えられる。しかし、生まれる前に父が失踪し母に虐待された生い立ちは、彼女を孤独で人嫌いな少女にしていた。  アビュー屋敷でルシャデールはアニスという少年と出会う。一番下っ端の召使として働く彼は、豪雨災害で家族を失い、恐怖の記憶と深い悲嘆にさいなまれていた。  ルシャデールは彼に言う。 「人は死なない」  寂しさ…
 小学校五年で好きな動物ファンタジーの二次創作を書いたのが小説(的なもの)を書き始めるきっかけ。
 好きなファンタジーはダマール王国物語(ロビン・マッキンリィ)とサソリの神シリーズ(キャサリン・フィッシャー)。