ぎんじろ 0フォロワー

  • 雁字搦め投機術

    無慈悲でも無秩序でもない。 相場とは不自由な渚の中の自己運動である。 相場は予測不能と捉えて売買技法に力を殺ぎ、 併せて外部知識で着飾るるの諸杖、巷に繁し。 されど本書はその予測観測の浅薄たるを暴き、 相場罫線に対する了見をニ直角分枉げ折るべし。 (楽天Koboでの販売審査も通過)
    2018-04-29 20:39:03
    読んだ
  • 相場の戯言 仰天の縛理論

    『雁字搦め投機術』が三大聖道は、相場道が五臓六腑の如きもので、大体のことはそれに集約される。私の中のベースとなる考え方の大略であり、何事を論ずるにもそれを避けて通ることは、なかなかできぬものがある。ゆえにこの本も、そのようなものとして下流に位置する。一人の者が何かを書く場合、当然、そのどこかに連続・重複する部分が出てくるのは、自然のことである。気分、文体は百様であっても、同じ御魂が書いているから…
    2018-04-29 20:37:55
    読んだ

ぎんじろの出版一覧