臨床心電図学講義

右軸変位

70歳代 息切れ 呼吸苦

右室負荷 肺高血圧.JPG



右軸偏位、右側胸部誘導優位の陰性T ⅡⅢaVF 陰性T
心軸のⅡより右室Ⅲの方が深い
Ⅱ誘導P波の先鋭化(肺性Pは厳密には0.25mV以上)
典型的な右心負荷
V1のhigh R 

肺性心 肺高血圧症

右室容量負荷.jpg

造影CTで右室の著明な張り出し
左室は圧排され典型的なD-shape
肺高血圧症や急性肺血栓塞栓症の心電図所見は、
別に肺の病態を表しているわけではなく右室負荷の
病態を表しています。
ですからPHにおける右室肥大V1のhigh Rなども
治療経過とともにseptal(initial) r へと減少します。


PTE(pulmonary thromboembolism) における
古典的SⅠQⅢTⅢ V1-3 の陰性T波なども
急性の右室負荷所見

V1 の negative P 右軸変位

30歳代男性  労作時呼吸困難

マルファン 木村.JPG

V1でNegative P  (漏斗胸) 前胸壁が陥没

→心臓全体が左方に偏位しており、
V1誘導電極のほぼ直下に位置する右房も左方に位置偏位するため。

前胸部誘導でのR波増大、右軸偏位を認める。
UCG上、AAE severe AR  LV dilatation 

 

Marfan類縁疾患の心不全症例

 

 

concordant

concordant V1~V6誘導のwide QRS が同じ極性
⇒心室性

60歳代女性。
三段脈.png
positive concordance  心室性三段脈

心室性期外収縮  発生部位の推定 

第Ⅱ誘導
で流出路付近か心尖部付近かを判別 上向きなので流出路付近
V1誘導で左室起源か右室起源かを判別 上向きなので左室起源

PVC起源.png


70歳代女性 肺梗塞下大静脈フィルター留置後 
nidann.jpg

心室性期外収縮 二段脈  V1からみて下向き(遠ざかる)右室起源 第Ⅱ誘導は上向きで流出路付近


80歳代男性。 Pacemaker 症例
pacemaker.png
完全房室ブロックにてPacemaker 植え込み術後
自己のA-V pacing  PVC
 心室リードは右室ですからV1誘導で下向き、
第Ⅱ誘導では心尖部の刺激では下向きだがこの症例では上向きで
移行帯から見てリードは心尖部ではなく中隔

Coffee Break

EMPA-REG  OUTCOME

new e j.JPG

EMPA-REG.JPG

標準治療にエンパグリフロジンを追加することで、心血管イベントを有意に14%減少

山下恭寛
臨床心電図学講義
0
  • 0円
  • ダウンロード

9 / 18

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • ダウンロード
  • 設定

    文字サイズ

    フォント