臨床心電図学講義

J波 早期再分極症候群

40歳代男性 突然の卒倒

ブルガダ-2.JPG
ただの IRBBB ?
夕方妻の前で突然卒倒  妻が心臓マッサージ 救急隊到着時VF 
DC計2回にてsinusに。

ただの不完全右脚ブロック IRBBB と見逃しては
いけません。

ブルガダ1.JPG


 日内変動,日差変動が存在するため,頻繁に心電図を記録することや,
満腹試験,ナトリウムチャネル遮断薬の負荷試験などによって
type 1波形を顕在化できることがある。
また右側胸部誘導を高位肋間で記録することも有用

Brugada症候群 CPA(cardio pulmonry arrest)症例


Brugada症候群
心電図で、右脚ブロック様波形(V1,2のrSR’パターン)
とV1~V3にかけてのcoved型、またはsaddleback型
のST上昇を来す。
ブルガダ4.JPG

 高位肋間心電図、トレッドミル運動負荷心電図は
coved型波形を顕在化するために有用である。

cf) subctaneous S-ICD    

Brugada症候群

ブルガダ.JPG



 

ブルガダ3.JPG

ブルガダ2.JPG

 Professor Pedro Brugada

齋藤友紀雄先生のご講演より引用

突然の胸痛 CPA →ROSC 症例

70歳代女性 孫と遊んでいて突然の胸痛でVF、
心肺停止をきたしDCを2回施行 
CPA(Cardiopulmonary arrest) → ROSC(return of spontaneous circulation)

2.JPG

V1-5 Ⅱ Ⅲ aVF 誘導のST上昇
broad AMI 症例

1.JPG

 緊急CAGでLAD#6 prox.  total認め、PCI施行。

胸部痛・背部痛

70歳代男性  胸背部痛

高いですよ2.JPG

カルシウムサイン
大動脈壁と石灰化像との間隔に注意

dissection が大動脈起始部に及ぶとostium (RCA>LCA)を圧排・閉塞
急性心筋梗塞として救急搬送される。救外心電図はAMIの所見となるが
痛みの訴え方の違い、脳神経症状の経過などから解離dissec.を念頭に
緊急PCI目的のためカテ室に運ぶのか、外科手術を前提にCTを撮るか
瞬時の判断が求められる事がある。


大動脈解離



10歳代男性  胸痛

高いですよ.JPG高いですよ2.JPG

Voltage 変化
左が今回、右が1年前の心電図
胸部誘導のClockwiserotation、左側胸部誘導でVoltage の低下
高い3.JPG


本来であれば背部の聴診が重要。
本症例では心電図から診断し得た気胸の症例

山下恭寛
臨床心電図学講義
0
  • 0円
  • ダウンロード

5 / 18

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • ダウンロード
  • 設定

    文字サイズ

    フォント