5
読者数
52
しおり
0
ふせん
0
完結

般若心経で語られる 「空」とは何か

西田夕夏
1,313円
  • 購入
  • 試し読み
  • あとで読む
我々は孤独な魂の集団。
根無し草の寄り集まり。

食物連鎖の頂点の座を保証してくれる存在の信憑性を問う。

この地上が砕けたら、無数の魂が浮遊する。




本書は般若心経は大乗仏教ではないと断言しています。

また、般若心経はこの無常の世を生きるための応援歌でもないことが明らかとなっている。

その理由が書いてあります。

そして本書は仏教を客観視して書いてあります。

そして無数に存在する仏教用語、特に大乗仏教用語をできるだけ省いて書いてありますので読みやすいと思います。

そして、大乗仏教はいろんなジャンルに区分けされますが、本書ではほぼ同じものとして見ています。ご了承下さい。


平安時代の美人の基準が現代では通用しないのはつまりこういうことです。

本書は「空即是色 色即是空」の真の意味が書いてある。

大乗仏教徒の間では「般若心経」は人生の応援歌であるかのごとく語られているが、それを本書は否定する。




(※煩悩を消すことに関しては「 般若心経とはただのハウツーにすぎない 」に記載してあります。)

http://forkn.jp/book/8401/
こちらを御覧ください。

仏教用語を出来るだけ省いて般
若心教について語る。
仏教用語をほとんど使わなくても意外と簡単に説明することができました。
是非お読み下さい。
 

目次 - 全4P

貼り付けコード