5
読者数
2
しおり
0
ふせん
0
完結

般若心経とはただのハウツーにすぎない

西田夕夏
1,313円
  • 購入
  • あとで読む
本書は仏教を客観視して書いてあります。

そして無数に存在する仏教用語、特に大乗仏教用語をできるだけ省いて書いてありますので読みやすいと思います。

そして、大乗仏教はいろんなジャンルに区分けされますが、本書ではほぼ同じものとして見ています。ご了承下さい。

般若心経を読んでさあ「がんばって生きよう」と思う人が多いみたいですが、本書を読んだらそう思えなくなるでしょう。

そしてコレを読んだら「般若心経」にはある方法の指南が書いてあるだけだということが解ると思います。

また、涅槃したら神か如来になれると思ってる人は多いと思いますが、それを原初仏教は否定している。

なぜなら、瞑想、苦行等での修行はなんらかの存在になるための修行ではないからだ。

本書は原初仏教で考える煩悩( ぼんのう )とは何かについても触れている。

そしてそれを知れば原初仏教では煩悩を消すということは何なのかが解るでしょう。


ここの文章はすべて西田夕夏に著作権があります。
 

目次 - 全25P

貼り付けコード