ボルジアの紋章

ボルジアの紋章140の有料書籍です。
書籍を購入することで全てのページを読めるようになります。
ボルジアの紋章を購入

Epigraph( 1 / 1 )

DECENNALI

DECENNALI

E per pigliare i suoi nemici al vischio
Fischiò soavemente, e per ridurli
Nella sua tana, questo basalischio.
DECENNALI, I.【註1】 MACCHIAVELLI


そして彼の敵ども【註2】を一掃する為に

彼は優しげな口笛を吹き、おびき寄せた

彼のねぐら、このバジリスクの巣に

ニッコロ・マキャヴェッリ『十年史、第一部』より



【註1】:マキャヴェッリ作の叙事詩『DECENNALI(十年史)』は、1497年から1504年までのイタリア史を三行詩の形式でまとめたもの。1504年に執筆され、フィレンツェ共和国の大政治家アラマンノ・サルヴィアーティに献上された。

【註2】:この節には1502年12月にシニガッリアで発生した、チェーザレ・ボルジア配下の傭兵隊長達による叛乱事件について書かれている。

Ⅰ  ウルビーノの錬金術師( 1 / 5 )

ウルビーノの錬金術師Ⅰ

 ウルビーノの錬金術師

 彼が公使に登用され、鋭い知性を発揮した時代――それは私がこれからお話しする諸々もろもろが行われた時期の事でもあるが――ニッコロ・マキャヴェッリは、人間の知性には三つの種類がある事に気付いた。第一の知性は自身の才によって自主的に事を理解するもの。第二のそれは、少なくとも他者が理解した事を認識する知力を持つもの。第三は、自力でも理解できず、他者が論証したものに対する理解もないもの。最初のものは、彼等が独創的で生産性がある故に希少で優秀な階層である。第二のものは、真の生産性はなくとも、少なくとも再生産を行う能力を持つ故に価値がある。第三のものは、ただ生存の為に――そしてしばしば己を利する為に――他の二つを蝕むだけのヤドリギに類する、全く価値のない存在であると。

 だがここにまだ、かの学識高く明敏なフィレンツェ人が見落とした第四の階層が、前に述べた三つの階層の特質を合わせた階層がある。私はこの階層に名高きコルビヌス・トリスメギストス、創造性と愚かさ、欺瞞と単純性、策略と妄信、狡猾と無邪気、巧緻と率直の奇妙な混合物を置き、読者諸賢の判断にまかせたいと思う。

 当初、コルビヌス・トリスメギストス知の三部門を知る者は――その名が示すように――彼の修めた自然学と薬学、そして魔術の秘儀への精通によって、その名声を水上に波紋が広がるがごとくにイタリア中に広めていった。

 例えば彼は、太陽が天蝎宮にある時――最もその本質が高まる状態――には蠍の油が日光を取り込む為、それがペストに対する絶対確実な治療法になる事などを知っていた。彼は脾臓の腫大しゅだいを治療するには特定の方法で山羊の脾臓を使用するべきであり、その方法とは患部に二十四時間それを当て、その後太陽に患部をさらす事であると知っていた。この処置をとる事により、山羊の脾臓が乾燥し萎むにつれて患者の脾臓は減少し、健康が回復するであろうと。彼は狼の皮膚の灰が禿の特効薬である事や、鼻血を止める為にはオリーブの樹皮の煎じ液を、若い患者には若木から採られた樹皮、老いた患者には老木から採られたものを使用するのが比類なき効果がある事を知っていた。彼は大蛇を葡萄酒ワインで煮込んで食せば健康を増進し、蛇が脱皮によって皮膚を新たにする力を取り入れる事により、らい病全般に効果を発揮する事も知っていた。

 同様に彼は毒物と魔術にも精通しており、霊を呼び出して、必要とあらば死者を蘇らせる事すら可能にする己の力についても――彼は極めて率直かつ腹蔵のない性質だったので――隠し立てしなかった。彼は不老不死の霊薬エリクシル・ヴィタエを発見し、当人の主張する処によれば二千年という驚異的な年齢を重ねた現在においても尚、若く壮健なままであった。そしてもう一つの霊薬、天上の水アクア・セレステ――まことに複雑かつ微妙なる蒸留物――は、老人の失われた若さを取り戻し、五十年を若返らせるものであった。

 これら全てにとどまらず、更に膨大な知識を「三重に偉大なる錬金術師」ことコルビヌスは持っていたが、しかし死者の復活を否定するサドカイ派の思想を継ぐ者達の一部は、コルビヌスの知識は当節の人々の無知につけこみカモにしているのだという疑惑を広めんと努めた。同様に彼等の主張によれば――コルビヌスの信奉者達は、それを偉人が常に被る悪意と妬みによるものと片付けたが――彼の本名は只のピエトロ・コルヴォ、フォルリの酒場女であった母親に付けられた名前であり、母親自身ですら彼の父が誰であるのか見当もつけられぬのだと言う。そしてこれら嘲笑者達は、彼の二千年生きたという主張は根も葉もない法螺であると付け加えた。何故ならば、故郷の地の貧民街で暮らす身なりの悪く汚らしい浮浪児であった頃の彼を覚えている者も、未だ多くが存命であったのだから。

 しかしながら、そのような諸々もろもろにもかかわらず、彼がウルビーノ――イタリアのアテネと言うべき芸術と学問の発祥地に住まいながら、名声を博し相応の評判を獲得して次第に富を積み上げていった事実を否定する事はできない。そして富とは結局の処、多数の庶民にとっては内面の品格の表出であり、疑う余地なき価値の証明として尊敬の対象となった。少なくとも彼等にとっては、依然としてコルビヌスは名士であり続けた。

 もたれあうように建物がひしめく入り組んだ坂道を少し上ると突き当たる、それまで見えていた切れ切れの空を遮って建つゴシック様式のアーチのあるサン・ジョバンニ祈祷堂の、裏手の狭い道路に彼の家は位置していた。

 この町の四分の一は錬金術の研究者にとってうってつけの地であった。ヴァレンティーノ及びロマーニャ公爵チェーザレ・ボルジアが市の支配者となった時、ウルビーノの大道は武装した兵達の足音に揺れ、穏やかな学者肌のグイドバルド公は追放者となった。だが狭い小路を下った先のむさくるしい住居のひしめく界隈にまでは、静寂を妨げる悩みの種はやって来なかった。その為、コルビヌス・トリスメギストスは心置きなく彼の研究を追求し、粉をすり潰し、偉大なる霊薬を蒸留する事に専念していた。

 其処には彼の助けと忠告を求めてイタリアのあらゆる階層の人々が訪れた。ウルビーノがチェーザレ・ボルジアに占領されてからおよそ二週間後、うるわしき六月の夜に其処を訪れたのは、二人の従僕を伴った貴婦人、ビアンカ・デ・フィオラバンティであった。このビアンカという貴婦人は、難攻不落の地勢に拠る事で破竹の勢いのヴァレンティーノ公爵チェーザレに未だ抵抗を続けている、グイドバルド領内最後の要塞サン・レオのあるじ高名なるフィオラバンティの令嬢であった。

 天はいかに多くの祝福をマドンナ・ビアンカに与えたもうたか。富も若さも令名も彼女のものであり、その教養と美貌は詩歌の主題となる程であった。だがしかし、これら全ての天の賜物にもかかわらず、まだ彼女には欠けた何かがあった――他の全てを無価値とする何かが。その夜、いささか脅えながらも、ひとりの嘆願者として彼女をコルビヌス師の恐ろしげな家へと導く事となった何かが。人目を引かぬようにと、彼女は仮面を着け二人の従者のみを伴って注意深く歩いた。狭い路地に入ると彼女は従者の一人に掲げていた松明を消すよう命じた。それから彼等は闇の中をほとんど手探りで捜しまわり、偶々たまたま行き当たった玉砂利の凹凸を頼りに錬金術師の扉へと辿り着いた。

「ノックなさい、タッデオ」彼女は従者に命じた。

 そして彼女の言葉は、コルビヌス師の操る超自然の力についてマドンナ・ビアンカが抱いていた全ての疑いを払拭する最初の奇跡を起こした。

 従者が扉に向かい一歩踏み出すと、その扉は突然ひとりでに開き、そして廊下には白い礼服を纏い角灯ランタンを手にした堂々たるヌビア人が現われた。彼はその黄色い明かりがマドンナと従者達を照らすように角灯ランタンを持ち上げた。無論それは奇跡などではなかった。奇跡はもう一人の出現にあった。まるで玄関そのものが周囲の闇から突如出現したかのように、黒いマントを纏い頭頂から爪先まで黒尽くめの、顔全体も黒い仮面に隠された長身の人影が立っていた。この人影は一礼すると、家の中に入るようにとマドンナを手招いた。

 彼女は不安にあとずさった。驚くべき場所に来て、驚くべき現象を予期していた彼女の目には、それが自然に反する驚くべき現象と写り、彼女に僅かに先んじてコルビヌスを訪ねた者がもう一人いる事や、ノックされる前に扉が開かれたのは、単に彼が紳士の礼儀として見るからに高貴な婦人の便をはかっただけであるなどという考えは全く心に浮かばなかった。

 彼女は心の中で神に祈ったが、それによって黒尽くめの側近――彼女は彼をそう見なした――が消え失せる事もなく、彼は悪魔的な存在ではないらしいと考えて、勇気を奮い起こすと衝撃で膝を震わせながらも彼を追い越し中に入った。

 側近と思われた男は彼女の背後にぴたりと続き、従者達がその後を追ったが、彼女が勇猛さを見込んで選んだ男達であったにもかかわらず、彼等は共に何かに脅かされたかのようであった。暗がり、奇怪な黒衣の紳士、にこやかに笑うヌビア人、そのむかれた歯と眼球、それらが彼等に不安を与えていた。

 ヌビア人が扉を閉めて施錠すると、金属音を響かせて閂は落ちた。それから彼は正式に訪問の目的を尋ねる為に振り向いた。それに応じて仮面を脱ぎ、答えたのはかの貴婦人であった。

「私はビアンカ・デ・フィオラバンティ、学識高きコルビヌス・トリスメギストス様をお尋ねして参りました」

 ヌビア人は静かにお辞儀をし、彼女に後に続くように指示すると、長い石造りの廊下を下りていった。彼が歩く度に角灯ランタンが揺れ、煤けた壁の上に黄色い光の円盤が勢い良く踊った。そして一同は無人の待合室に続く、磨き上げられた大きな金属の鋲が打たれた頑丈な樫木の扉の前に至った。床の上には乾燥したイグサが敷かれ、木製の長椅子が壁際に置かれ、どっしりとした四脚の机の上ではオイルランプに赤い炎が揺らめき、黒煙を槍旗ペノンのようにはためかせながら弱々しい明かりと強い臭気を放っていた。

 彼等の先導者は茶色い手で長椅子を示した。

「従者の皆様はここでお待ちになられますように」彼は言った。

 彼女は頷くと従者達に手短に命令を伝えた。彼等は従ったが、いかにも不本意そうな様子であった。それからヌビア人は部屋の奥から二番目の扉を開けた。彼は金属環のぶつかりあうぎくりとするような音を立てながら重いカーテンを引き、初めは黒い間隙でしかないと思われたものを露わにした。

「畏れ多きコルビヌス・トリスメギストス様が、お入りになるようにと仰せです」そう彼が伝えた。

 怖気づいたビアンカ嬢はあとずさった。しかし間隙に目を凝らすうちに暗がりの一部は払拭され、彼女は徐々に室内の調度が薄っすらと見えるようになった事に気付いた。彼女は勇気を奮い起こして自分が錬金術師の技に求めた大きな恩恵をよくよく考えると、恐怖心を乗り越えてその神秘的な部屋に入った。

 彼女の背後にぴたりと付いて、終始無言のまま、仮面の紳士が入室した。彼が錬金術師と訪問者が面談する際に常に立ち会うのがこの家の決まりごとなのであろうと思い、彼女はそれに異議をとなえなかった。一方またヌビア人も、彼の仮面と外套の上等な仕立てから彼女の同伴者であろうと考えて入室を妨げようとはしなかった。

 このようにして両者は共に錬金術師の部屋の薄明かりの下に入った。カーテンは彼等の背後で再び耳障りな音を立て、扉は陰鬱な金属音を響かせた。

 マドンナは己のせわしない呼吸を、甚だしく鼓動する心臓を強く意識した。何処とも知れぬ光源から、天井に沿って一条の光が弱々しく彼女の周囲を照らし出した。見事な彫刻を施された大きな三、四脚の椅子、彼女の目前の壁に対して置かれた簡素な木製の机、夥しい数の奇妙な硝子ガラスや金属の容器はぼんやりとした光の筋を受けて微光を放っていた。窓は見当たらなかった。部屋には天井から床へと黒い襞のある布が吊るされていた。其処は墓のように冷たく静かであり、錬金術師の気配はなかった。

 その場所の不気味さは彼女の怖れを煽り分別を失わせ、そして想像力を解き放った。彼女は畏れ多きコルビヌスの到来を待つ為に座った。そして二番目の奇跡が起きた。彼女に付き添って来た筈の黒衣の側近の姿を求めて思い切って周囲を見回すと、驚いた事に彼は掻き消されたように見えなくなっていた。最初に彼女の目前で玄関に出現したのと同じ奇怪さで、彼は今再び掻き消えて周囲の闇の中に溶け入ってしまったのだろうか。

 彼女がその事ではっと息をのむと、次に僅かに残っていた彼女の理性を吹き飛ばす為に仕組まれたかのように部屋の中央で突如大きな火柱が上がり、一瞬彼女の目を眩ませ、恐怖の叫びを搾り出させた。炎は上がった時と同じく突然に、空中に硫黄の悪臭を残して消失した。そして次に声が、深く朗々とした、そして非常に落ち着いた声が、彼女の耳に響いた。

「恐れる事はない、ビアンカ・デ・フィオラバンティ。私はここにいる。そなたは私に何を求めるか?」

 哀れにも神経の高ぶった貴婦人は、声のする方に向くと三番目の奇跡を目撃した。

 徐々に彼女の眼前の見通しのきかぬ闇の中――彼女が壁以外ないと思い込んでいた処――に、彼女はひとりの男を見、その空間全体を見、それらが次第に形を成してゆくのを見守った。それらが緩やかに具現化してゆくかの如き印象を与えたのは、先程の光の明滅で眩んだ視力がようやく回復している為であるかも知れぬとは、彼女の心にはやはり浮かばなかった。間もなくそれは完全になった――彼女の目の焦点が完全に合い、まるでそれが完全に形を成したかのようになった。

 彼女は巨大な分厚い本が開かれたまま載せられている、小さな机か説教壇のようなものを目にした。本の頁は年月を経て黄ばみ、大きな銀の留め金は、仄かな芳香を放つ燃料が炎を上げている古代ギリシャ風の背の高い三叉の青銅ランプの灯りで幽かにきらめいていた。ランプの足元では人間の頭蓋骨が不気味に笑っていた。机の右には大量の木炭が明々と焚かれた火鉢を支える三脚があった。その机には、高い背もたれの椅子に座す、緋色のガウンを纏い裏返された深鍋ソースパンのような帽子をかぶった男がついていた。その男の顔はげっそりと痩せ、鼻と頬骨がはなはだしく目立っていた。額は高く狭く、赤い顎鬚あごひげは二股に分かれ、そしてその目は訪問者をひたと見つめ、狡猾さを映す眼光が神秘的な洞察力できらめいていた。

 彼の背後の棚にはるつぼクルーシブル蒸留器アレンビックが置かれ、その上の棚には薬瓶や櫃、蒸留フラスコレトルトが所狭しと並べられていた。しかしこのような全ては彼女がほんの一瞬の間の無意識下に受け取った印象であった。彼女が一心に見つめていたのは、その男自身であった。同時に彼女はそれまで目にしたものの不気味さによって過敏になり、夢の中にでもいるかのように酷く混乱していた。

「話すがよい、マドンナ」錬金術師は穏やかに促した。「私はそなたの願いを叶える為に此処にいる」

 その励ましは、もしも彼女が彼の出現の奇怪さについて多少の説明を受けていたならば心強く思えたかも知れないのだが。気圧されたままに彼女はようやく話し出したが、その声は覚束なげであった。

「私は貴方のお助けを必要としています」彼女は言った。「私には本当にそれが必要なのです」

「お助けしよう。マドンナ、我が膨大なる科学知識の総てによって」

「あな――貴方は大いなる智慧をお持ちなのでしょうか?」彼女は半ば質問し、半ば確認した。

「無限の海も」と、謙虚にも彼は答えた。「我が知識程には広くも深くもないであろう。そなたの求めるものは何であろうか?」

 彼女は今や自制を取り戻していた。そして彼女がなおも怯み、躊躇しているとしたら、それは彼女の切望するものが生娘があけすけに話せる類の事ではなかったからだ。彼女は徐々に核心へと近づいていった。

「貴方は秘薬に通じておられるとの事ですが」と彼女は言った。「その霊薬は、肉体だけでなく精神にも作用するのでしょうか?」

「マドンナ」彼は冷ややかに答えた。「私は老化を阻止する事も、死者の魂を呼び戻して肉体を蘇生させる事もできる。そしてそのような技に比べれば、乗り越えねばならぬ自然の摂理は遥かに少ない、こう申せば充分であろう」

「けれども貴方は――」彼女は躊躇ためらった。しかし、彼女を駆り立てる困窮によって最後の恐れを忘れ、遂に彼女は本題に乗り出し、立ち上がると彼に近付いた。「貴方は愛を獲得する事ができるでしょうか?」彼女はそう尋ね、深く息を吸った。「貴方は冷たい心に情熱をかき立てて、無関心を思慕で満たす事ができるのでしょうか?それが――それがおできになりますか?」

 彼はしばしの間、彼女について思い巡らした。

「それがそなたの求めるものか?」そう問う彼の声には驚きがあった。「そなたが必要としておるのか、あるいは誰か別の者か?」

「私が必要としているのです」彼女は小声で答えた。「私自身の為に」

 彼は深く座ると更に彼女の青白い美貌について熟考した。狭い額、金のヘアネットでまとめられた黒く艶やかな髪の房、素晴らしい瞳、誘うような唇、気品高く卓越した造形を。「錬金術にはそなたの望みを叶える為の技はある」彼はゆっくりと言った。「だが、そなたの天与の資質を持ってすれば魔術になど頼る必要はあるまいに。その男は唇と瞳の魔力に抗う事ができるのだろうか――その、そなたに屈服させる為に私に助力を熱望する男は?」

「ああ!あの方はそのような事などお考えになりませんわ。あの方の御心は戦と武具に向けられています。あの方の唯一の恋人は野心なのです」

「その男の名は」賢者は尊大に尋ねた。「彼の名は何と申す――彼の名前と身分は?」

 彼女は視線を落とした。薄っすらとした朱が彼女の頬を染めた。彼女は突然の狼狽に躊躇した。しかしそれでも、彼女の拒絶に苛立ったコルビヌスが助力を思い直しはしまいかと、彼の要求する情報を与える事を拒みはしなかった。

「その方の名は」彼女は口ごもりながらもようやく打ち明けた。「ロレンツォ・カストロカーロ――ウルビーノの紳士で、ヴァレンティーノ公爵の御旗に仕える傭兵隊長コンドッティエーロです」

「美に盲目なる傭兵隊長コンドッティエーロ、そなたの艶やかな美貌も目に入らぬとはな、マドンナ?」コルビヌスは叫んだ。「何と異常な生き物であろうか、かような畸形ルスス・ナトゥラエには余程の劇薬が必要であろうよ」

「充分な機会がなかったのです」彼女はほとんど自己弁護のように説明した。「本当に、状況は私達にとって不利に働きました。私の父はサン・レオの城主で、グイドバルド公爵に忠誠を捧げております。敵の旗に仕える人に会う機会が僅かしかないのは当然でしょう。ですから私は、彼を私の元に導く為にできる限りの全ての手を尽くさなければ二人の道が交わる事はないのではと恐れているのです」

 コルビヌスはしばし問題を静かに熟考し、それから溜息をついた。「克服するには厄介な難事と見た」と、狡猾な錬金術師は言った。

「けれども貴方は私がそれに打ち勝つのをお手伝い下さるのでしょう?」

 彼のきらめく両眼が彼女をじっと見つめた。

「それは高くつくであろう」彼は言った。

「それが何だとおっしゃいますの?貴方は私がこのような問題で、対価を惜しむと思われますの?」

 錬金術師は身を退くと顔をしかめ、重々しい態度で自身を覆った。

「聞け」彼はいささか辛辣しんらつに言った。「ここは商家ではない。私の知識と術は人類総ての為にある。売り物ではない。私はそれを必要とする者達には惜しむ事なく対価を求めずにそれらを与える。けれどももし私が多くを、余りに多くを与えたならば、私は最早気前良く振舞う事ができなくなるだろう。私が辺境の地から集めた素材で作った薬はしばしば恐ろしく高価になる。そなたの望みを叶える為の薬である故に、その対価はそなたが負うのだ」

「貴方はそのような薬をお持ちなのですね!でしたら…」彼女は突然の期待の高まりに拳を握り締めて叫んだ。

 彼はうなずいて肯定した。

「惚れ薬の材料はありふれたもので十分な上、基本的な調合は容易だ。愚か者をカモにしている田舎の醜い老魔女にすら作る事はできよう」彼の侮蔑的な声の調子は彼女をひるませた。「だがそなたの場合には乗り越えるべき大きな障害があり、そなたの好意が報われるのは不可能に近いとも思われるが故に、尋常ならざる効き目の薬が必要だ。そのような薬を私は持っている――故に希少なものとはいえ入手は困難ではない。その主な成分はアフリカの珍鳥――アヴィス・ラリッシマ――の脳よりの抽出物だ」

 熱っぽい指で彼女は帯からずっしりとした財布を外し、音立てて机上に放った。それはにやにやと笑う骸骨にぶつかりながら落下し、そして人のいとなみの二つの主人あるじ――死と金――のごとくに隣り合い、その位置を定めた。

「50ドゥカート!」彼女は興奮に喘ぎながら言った。「それで足りましょうか?」

「恐らくは」と、彼は全く軽蔑的に言った。「それで足りなければ私が必要な分の埋め合わせをしておこう」そして、単なる金銭的利益に対する軽蔑を雄弁に示す指の仕草で、彼は財布を脇に押しやった。この取引における瑣末なものを。

 彼女は過分な援助に抗議しようとした。しかし彼は威厳をもって彼女の抗議を制した。彼が立ち上がると、緋色の外衣ローブの胴に締められた黄道十二宮の星座の意匠をあしらった幅広の黒い帯が現れた。彼は棚へと向かうと、様々な大きさの青銅の櫃の中のひとつを手にとった。彼は机に戻ると手にした櫃を置き、それを開いて小さな薬瓶――密閉された硝子ガラスの小さな細長い管――を取り出した。

 其処には一筋の深い琥珀色の液体以外のものは入っていなかった――贔屓目に見ても十二滴。それが明かりで金色に輝いて見えるように、彼は管をかかげた。

「これが」と、彼は言った。「我がエリクシリウム・アウレウム、黄金の霊薬、希少にしてまことに精妙なる霊液であり、そなたの必要とするものだ」コルビヌスは彼女にそれを無造作に差し出した。

 感謝と喜びの小さな叫びをあげて、彼女は小瓶を受けとろうと貪欲に腕を伸ばした。しかしビアンカの指が掴む寸前、彼はそれを後ろに引っ込めると、彼女を制する為に重々しく手を上げた。

「よく聞きなさい」彼は眼光鋭い目で彼女を凝視すると、言った。「この黄金の霊薬にそなたは自分の血をきっかり二滴加えるのだ。そしてそれをロレンツォ殿の葡萄酒ワインに混ぜて、彼が飲むように仕向けなさい。だが、全ては月が満ちている間に行わねばならぬ。月が満ちるにつれて彼の熱情も高まり、その熱情は彼の内に留まるであろう。そしてその月が再び欠け始める前に、例え全世界が彼とそなたの間に横たわろうとも、ロレンツォ・カストロカーロはそなたの元にやって来るであろう。そして彼はそなたの完全なる、絶対服従の奴隷となるであろう。今は丁度好都合な時機。行け、そして幸福を手にするがいい」

 コルビヌスが今度はそれを手放したので、彼女は小瓶を受けとると、一気に感謝の言葉をまくしたてた。

 しかし彼は尊大な態度で手を振り、険しい顔付きで彼女の礼の言葉を遮った。彼は傍の小さな銅鑼を叩いた。

 扉の開く音がした。カーテンがガチャガチャと音を立てて分かれると、彼女を再び案内する為に待機していた白い礼服のヌビア人が戸口で回教式に額手ぬかでの礼をしながら現われた。

 マドンナ・ビアンカは偉大なる錬金術師にお辞儀をすると、彼の威厳に圧倒されつつ部屋を辞した。彼女は心ここにあらぬ様であり、そしてヌビア人は更に戸口で待った――彼がビアンカ嬢と共に入室を許した男を。しかしコルビヌスは使用人が下がらずにいる理由を知らなかった為、彼に出て行くようにと厳しく命じた。再びカーテンは引かれ、そして扉は閉じられた。

 独りになると、錬金術師は威圧的でもったいぶった見せ掛けをかなぐり捨て、高尚で超然とした態度を卑近ながめつさに改めると、至極当然の人の常として、マドンナ・ビアンカが残していった財布の中身に人間的な興味を抱いた。巾着の口を広げると、彼は金色の中身を全て魔術書の大きな頁の上に空けた。彼はきらきらと輝く大量の金貨を広げると、愛おしげにそれを指で玩び、赤い顎鬚あごひげの陰でクスクス笑いをもらした。すると突然、彼のクスクス笑いに、短く、不意の、軽蔑的な、そして不吉な笑いが共鳴した。

 驚きに息をのんだコルビヌスは視線を上げると、金貨を庇う為に手をその上に広げ、目を思いがけぬ恐れ、彼の目にしたものによって膨れ上がった恐れで見開いた。彼の眼前、小室の中央は、突然現れた黒尽くめの背の高い人影に占められていた――黒い外套、黒い帽子、黒い仮面、其処から二つの微かに光る目が彼をじっと見つめていた。

 全身の毛を震わせ、頬を蒼白にし、口と目をだらしなく開け、今まで彼が何度も他者の内に引き起こしてきた恐れなどとは比べ物にならぬ恐怖の虜となって錬金術師は怪人を凝視し、そして――無理もない事であるが、打ち明けた話をすれば――遂に魔王が己の魂を取り立てにやって来たかと思い込んだ。

 沈黙が落ちた。コルビヌスは話をしようと試み、幻影に挑んだ。しかし勇気はくじけ、襲い掛かる恐怖が彼の口をふさいだ。

 その人物は静かな足取りで、威嚇するように進み出た。錬金術師の膝からは力が抜けた。彼は背もたれの高い椅子に沈み込むようにして座ると、死神が地獄へと連れ去るのを待った。少なくとも、かくのごとくに彼は自分が何に値するのかを自覚していたのだ。

 幻影は机の前、コルビヌスの手の届く距離で遂に立ち止まり、そして声が、なぶるような、しかし確実に人間のものである声が呪縛を解いた。

「お目に掛かれて光栄だ、三重に偉大なる錬金術師よ」それは言った。

 この訪問者はどうやら死すべき定めの人の子であるらしい、と理解するまでにコルビヌスは若干の時間を要し、彼が幾分かの冷静を取り繕うまでには更に多くの時間がかかった。

 悔しさの兆しと恐れの名残が入り混じったまま、彼はようやく話しだした。

「汝は誰ぞ?」彼は叫んだが、懸命に不敵を装ったその声は甲高かんだかく震えていた。

 外套の下から、金糸で唐草模様アラベスクが刺繍された漆黒の天鵞絨ビロードにぴったりと包まれた優美な姿が現れた。大粒の炎のようなルビーを散りばめた帯には、柄と鞘に豪奢な細工を施した長く重量感のあるダガーが下がっていた。黒い天鵞絨ビロードの手袋の甲からはダイヤモンドが下がり、いくつもの水滴のようにきらめいて男の衣装の昏い輝きの総仕上げをしていた。片手をあげて外した仮面の下にあらわれたのは、若々しく精悍で高貴な、ヴァレンティーノ及びロマーニャ公爵チェーザレ・ボルジアの顔であった。

 コルビヌスは瞬時に男が何者であるかを悟った。そしてそれを悟ると同時に、彼の当初の想像通りに訪問者の正体が悪魔であったとしても、事態の悪さは五十歩百歩であろうと考えた。「我が君!」彼はひどく驚き、ひどく不安げに叫んだ。そして驚きのあまり思わず口をついて出たのは、あらゆる秘儀を修めた者にしては余りに愚かな質問だった。「どのようにして中にお入りになられたのです?」

「私にも、魔術の心得があるのでな」黄褐色の髪の若き公爵は言ったが、その声音と錬金術師に向けた微笑には嘲りが含まれていた。

 チェーザレは、彼の使った魔法とは、単にマドンナ・ビアンカ・デ・フィオラバンティの同伴者のふりをして部屋に入り、そして次にコルビヌスが虚仮脅しの仕掛けに使った黒いアラス織のタペストリの後ろに静かに滑り入っただけであるなどと、わざわざ説明する要を感じなかった。

 しかし錬金術師は誤魔化されなかった。偶像を作った者が誰であるかは崇拝を左右しない。魔術のからくりの真相――掛け値なしの真相――にコルビヌスは気付いており、続いて彼は一瞬のうちに、公爵が入室の許可を得た手段は超自然の技などでは有りえぬと思い至った。即座にヌビア人を厳しく問い質し、次第によっては同じ程度の厳しさで鞭打たねばなるまい。それまでは公爵自身とは油断なく対さねばなるまいが、しかしコルビヌスは――己を悪党と自覚するだけあって――素直とは程遠い男だった。

 彼をひねくれ者と言って悪ければ、控えめに言っても無尽蔵の厚かましさを取り揃えた店のあるじであり、そしてそれこそが高価な霊薬の材料といえた。一時的な失態を取り繕う為に、彼は公爵に負けず劣らずの謎めいた微笑を浮かべた。彼はそそくさと金を巾着財布に突っ込んで、床にこぼれ落ちて転がる金貨の事は無視した。彼はその巾着を傍らに放ると公爵を立たせたまま自身の椅子に留まって、長い二股の顎鬚あごひげを撫で付けた。

「貴方の術と我が術の間には、閣下、些かの違いがあるようですな」彼は陰険な仄めかしを述べた。

「さもなくば私はここにおるまい」公爵は答え、そして唐突に訪問の目的を切り出した。「そなたは死者を蘇らせる霊薬を見いだしたと言われているようだな」

「その通りでございます、我が君」自信をもって錬金術師は答えた。彼は自制を取り戻していた。

「そなたはそれを実験して確かめたのか?」チェーザレは問うた。

「キプロスにて三年前に、私は死亡して二日が経過した男を蘇生させました。その男はまだ存命ゆえ、その時の事を証言いたしましょう」

「そなたの言葉だけで私には充分だ」公爵は言った。その皮肉の色は巧みに忍ばされていた為に、コルビヌスは果たしてそれは本当に皮肉であったのか判断に迷った。「必要とあらば、きっとそなたは己の命をもって証明して見せるのであろう?」

 コルビヌスは頭頂から爪先まで震え上がったが、尚も豪胆な返答をせざるを得なかった。

「必要とあらば、そういたしましょう」

 ヴァレンティーノ公爵は満足げに息をつき、コルビヌスは気を取り直した。

「その霊薬は手元にあるのか?」

「人間ひとり――それ以上でも以下でもなく――を蘇生させるに十分なものが。それは稀少にしてまことに貴重な液体で、そして御理解頂けましょうが、非常に高価なものでございます、閣下」

「思うにそれは、アフリカの珍鳥の脳から採ったのであろうな?」公爵は彼をからかった。

 コルビヌスはまぶたの痙攣以上の衝撃は見せなかった。

「いいえ、閣下」彼は冷静に返答した。「その原材料は――」

「かまわぬ!」公爵は言った。「それを持て!」

 錬金術師は立ち上がると棚の方に向き、其処でしばし目当てのものを探した。そして彼は血のように赤い液体の入った小瓶を携えて戻って来た。

「こちらにございます」そう言って彼が細長い管を光にかざすと、それはルビーのように輝いた。

「死者の口をこじ開けて咽の奥まで霊薬を注ぎます。そしてすぐに火の前で体が暖められたならば、一時間以内にその者は生き返りましょう」

 ヴァレンティーノ公爵は手袋をした指でゆっくりと小瓶をとった。ひどく物思わしげな表情で、彼はそれについて熟考していた。

「これは確実に効果があるのか?」彼は尋ねた。

「失敗はありませぬ。閣下」錬金術師が答えた。

「死因にかかわらず?」

「肝要な器官が破壊されておりませぬ限り、どのように死を迎えようとも」

「毒による死からもか?」

「それは毒を溶かして散らしましょう、いかなる性質の毒であろうとも、酢が真珠を融かすがごとくに」

「素晴らしい!」公爵はそう言うと、冷たく計り知れぬ微笑を浮かべた。「もうひとつ問題がある、三重に偉大なる錬金術師よ」彼は思いにふけりつつ黄褐色の顎鬚あごひげを指で撫でた。「イタリアで広まりつつある噂がある。疑いなく、そなた自身がそなたの営む偽医者商売の箔付けの為に広めたものであろうが、その噂とは、ジェム・スルタンは教皇によって毒殺され、その毒――それが彼の命を奪うまでに、一ヶ月もの間、かのトルコ人の体内で効き目を現す事なく留まっていたという、まことに精妙かつ奇跡的な毒――は、そなたが聖下に献じたものであると」

 返答を待つように公爵はひと呼吸置き、コルビヌスは不安で再び震えた。その声の調子は余りにも冷たく不吉であった。

「それは真実まことではございませぬ、閣下。私は聖下と御取引いただいた事も、毒薬を献上した事もございません。私はジェム皇子がどのようにして亡くなられたのかも存じませんし、私がそれに関わっているなどと申した事もございません」

「ならば一体、如何なる次第でこのような話が巷に流布され、其処にそなたの名が挙げられているのだ?」

 コルビヌスは慌てて釈明した。釈明は彼が最も豊富な在庫を用意している商品であった。

「それはこのような次第でございましょう。私はこの種の毒に関する秘事を知っており、そして幾人かの者が過去に私からそれを求めました。それ故に、恐らくは私がそれを持っている事を知り、そしてそれが使われたと考えた浅薄な者達が、理不尽にも彼等に相応しい浅薄な結論に飛びついたのでしょう」

 チェーザレは微笑した。

「まことに明敏であるな、トリスメギストス」そして彼は厳かにうなずいた。「そしてそなたはこの種の毒を持っていると申したな?教えてはくれまいか、それはどのような性質のものなのだ?」

「それは、閣下、秘密にございます」それが答えであった。

「かまわぬ。私は知る事を望む、そして私はそなたに尋ねた」

 その答には熱がなかった。極めて冷たかった――死のような冷たさだった。しかしそれはどのような怒りよりも大きな強制力を持っていた。コルビヌスは既に抵抗を諦めた。彼は慌てて返答した。

「主原料はトウダイグサの汁と粉末卵黄ですが、その準備は容易ではありませぬ」

「それを手元に持っているのか?」

「ここに、閣下」錬金術師は答えた。

 そして彼が惚れ薬――黄金の霊薬――を取り出したのと同じ青銅の櫃から今度は小さな杉の箱を出すと、それを開いて公爵の前に置いた。其処にはきめ細かな黄色い粉が入っていた。

「1ドラクマを摂取すれば三十日後に、2ドラクマならば半時間後に死に至ります」

 チェーザレはその匂いを嗅ぎ、そして冷笑まじりに錬金術師を見つめた。

「実験をしたい」と、彼は言った。「どれだけの量があるのだ?」

「2ドラクマでございます、閣下」

 公爵はコルビヌスに箱を差し出した。

「これを飲め」彼は穏やかに言った。

 錬金術師は先程述べた事柄についての彼自身の確信を証明するように、恐慌をきたして後ずさった。「我が君!」彼は仰天し叫んだ。

「これを飲め」チェーザレは抑揚を変えず繰り返した。

 コルビヌスは驚きに目を見張り、息をのんだ。

「私に死ねと仰せなのですか、我が君?」

「死ぬ?そなたは、では、己が限りある命の人間であると白状するのか。三重に偉大なる錬金術師――偉大なるコルビヌス・トリスメギストスよ、その知識は無限の大海のごとく広範にして深く、病や肉体の衰えも殆どないまま二千年のよわいを重ねてきたそなたが?この粉には不死者すら殺す力があるのか?」

 そして今、ようやくコルビヌスはチェーザレの訪問の真意がいずこにあるのかを悟った。ジェム・スルタンの死は毒殺である、という噂を流したのが彼であるというのは事実であり、あのように時間と距離を置いてトルコ皇帝の弟を殺害した秘薬をボルジア家の者に提供したのは自分であると吹聴したのも彼であった。その結果として、彼がそれと同種の毒と触れ込んだもの――霊妙なる究極の毒薬ヴェネーノ・ア・テルミニ、彼はそう呼んでいた――を、妻に飽きた夫やもっと甲斐性のある夫への鞍替えを望む妻達にうってつけの商品として売りつける事で大きな利益を得ていた。

 このような中傷的な噂から利益を得ている錬金術師の情報を得たチェーザレが罰を与える為に彼を探し当てた事を、彼はようやく理解した。そしてコルビヌス自身が、彼の豊富な知識にもかかわらずこのような遅効性の毒薬の威力を確信していたのは事実であった。彼は古い写本の中に多くの同種の処方に混じっていたその調合法を発見したのだが、コルビヌスはこのような事柄に関する1500年代チンクエチェントの盲信性によってそれを鵜呑みにし、また実際に、彼の錬金術の助けを求める客達もそれを信じ込んだのである。

 公爵の邪悪な嘲笑、未だかつて経験した事のない、他者に服従を強いる力の異様な感覚、その命令に逆らう無益さによってコルビヌスは救い難い恐怖で満たされた。

「閣下…嗚呼!…私は閣下のおっしゃる通りの事が起こるのを恐れているのです!」彼は叫んだ。

「だとしても、そなたは一体何を恐れるのだ?まったく、下らぬ事を!そなたはこの霊薬が死者を蘇生させると申したであろう?私はそなたが死んだ後、そなたにこの薬を飲ませると誓おう。さあ、私の為にこの粉を飲み、きっかり二週間死んでみせろ。自ら死ねぬと申すならば、私が手伝ってやろう。ペテン師としてそなたを絞殺刑に処す。その後に蘇生薬の恩恵を与える事は抜きでな」

「我が君――我が君!」不運な男はうめくような声で言った。

「さあ、良く聞くがよい」公爵は言った。「もしもそなたの申した通りにこの粉が作用し、指定された時間にそなたが死んだならば、そなた自身の調合した霊薬をそなたの蘇生の為に与えよう。しかし、もしもそれがより速やかにそなたを殺したならば、そなたは死んだままに置かれるやも知れぬ。そしてもし、それによってそなたが死ななければ――私はそなたの首を絞め、ジェムの死因について偽りを聞かされた可能性のある、そなたの取引相手全員に事の真相を告げるであろう!それを拒むならば――」

 公爵の身振りは雄弁であった。

 コルビヌスは若者の美しく非情な目を見つめ、彼が意志を曲げる事に期待するのは全くの無益であると悟った。そして同時に、毒薬の危険を冒す方が絞殺による確実な死よりは幾分ましな地獄であるかもしれぬ事も。その上、彼の身につけた化学の術と迅速な吐剤の服用によって命拾いする可能性もある――そして逃げ出すのだ。それは彼の蘇生薬に対する彼自身の信頼の程度を如実に物語っていた。

 震える手で彼は粉をとった。

「こぼすでないぞ」チェーザレが注意した。「そのような事をしたとて、従者がそなたを絞め殺すだけだぞ、三重に偉大なる錬金術師よ!」

「我が君、我が君!」惨めな錬金術師は震え、彼の目は飛び出した。「お慈悲を!私は…」

「毒か、絞殺か」公爵は言った。

 絶望の最中さなか、それでも尚、吐剤の事を考えて己を鼓舞すると、コルビヌスは灰色の唇に箱の縁を当て、そしてチェーザレが彼を凝視する間、弱々しく口中にカビ臭い内容物を空けた。それをやり遂げると、顔色がんしょくを失った錬金術師は弱々しく椅子に沈み込んだ。

 公爵は静かに笑って仮面を着け直すと、長い外套を羽織り、扉を覆ったカーテンに向かって大股で歩いた。

「安らかに眠れ、三重に偉大なる錬金術師」彼は大いなる嘲りを込めて言った。「私はそなたが必ずやそちらを選ぶと思っていたぞ」

 彼が立ち去る際の余りの大胆、余りの不敵と無関心を見て、激怒に襲われたコルビヌスは明かりを消して闇の中でチェーザレに挑みかかる猛烈な誘惑に駆られ、ヌビア人を助太刀に呼びつけた。彼が銅鑼を打ったのはその考えが念頭にあった為であった。しかしその残響が空中に響く間に彼はその強烈な思いを断念した。それは毒を飲んだ彼が命を拾う為には何の益にもならない。チェーザレの邪魔をせずにそのまま行かせ、より速やかに立ち去らせれば、そしてチェーザレの立ち去るのが早ければ早い程、コルビヌスが今の彼にとって唯一の希望である吐剤を使う猶予を得る事になるのだ。

 カーテンがさっと開き、ヌビア人が現われた。チェーザレは戸口で一瞬立ち止まると、尚も嘲りつつ肩越しに錬金術師に別れの言葉を投げつけた。

「さらばだ、三重に偉大なる錬金術師!」彼はそう言うと、笑いと共に姿を消した。

 コルビヌスは吐剤を探す為に半狂乱で棚まで急ぎ、ヴァレンティーノ公爵と全てのボルジア一族を猛烈に呪詛した。

ボルジアの紋章140の有料書籍です。
書籍を購入することで全てのページを読めるようになります。
ボルジアの紋章を購入
イソノ武威
作家:ラファエル・サバチニ
ボルジアの紋章
0
  • 140円
  • 購入

1 / 23