イエスの真実 6

イエスの真実 61,080の有料書籍です。
書籍を購入することで全てのページを読めるようになります。
イエスの真実 6を購入

はじめに( 1 / 2 )

  

 

       は じ め に

 

 

    すでに前巻からもお解りのように、イエスは 『 旧約 』 にこそ基づく、神の救いの顕彰と、師ヨハネの霊にも導かれて、敢えてもエルサレム上京を果たしました。

 

     しかし、それに随(したが)う弟子たちにとっては、ヨハネ譲りの 『 神の国 』 の教えさえ、専ら師イエスを通してのみ、信仰するばかりでもあったに他ならなかったのです。

 

     さては、自らの贖罪(しょくざい)の途をも求めて已まない、イエスの切実さと、概(おおむ)ね、イエスに説かれるまま、その教えの救いに頼るばかりであった弟子たちとの、その信仰心の差異こそが、ついぞ解消し難い隔たりとして、自ずと不審の芽すらを育てかねない、いわば温床ともなり得ていたと想われてなりません。

 

     それゆえ、イエスの言動の一つ一つにさえ、その都度ごとに自ずからにも、感服と疑念の疼(うず)きを、交互にも覚えずに措かれなかったに違いないのです。

 

    ところが、そうした実際の現実こそを、聖書は一切拭(ぬぐ)い去って、代わりに揺るぎ無いかの信仰心のみに、ものの見事に飾り立ててもしまえばこそ、却(かえ)って矛盾の際立てられて、いわば無理圧伏(あっぷく)のさながらに、『 定め 』 の一語をして説き伏せるより手立てが無い、それこその実情にも他ならないという訳なのです。

 

     さて、その苦心且(か)つ窮余(きゅうよ)の一策は、はたして功を奏したといえるのでしょうか?

はじめに( 2 / 2 )

 

 

 

    なるほど、今にも在るキリスト教の盛況を見れば、確かに大いにも功を奏して余りあるかに認められてなりません。

 

     しかし、その趨勢(すうせい)のどうかといえば、それこそ絶大なる権勢を誇りさえした、あの中世がもはや夢のように、特にも科学の黎明(れいめい)になる、16世紀に始まるその権威の失墜は、18世紀以降さらにも加速されて、もはや凋落(ちょうらく)の一途を辿るばかりかにさえ、思い遣られてもなりません。

 

    はたして、それこその何故でもありましょうか!?

 

    時代を顧みさえすれば顕(あきら)かに、外(ほか)ならぬ無知蒙昧(もうまい)の闇にこそ、さも絢爛(けんらん)と咲き誇りもした虚飾の徒花(あだばな)の、時代の進歩をしてこの世の明るまされればこそ、漸(ようよ)うその実体の知れもして、もはやかつての魅力も夢幻のさながらに、惑わされる人の減りもした、そうした当然の成り行きがためにも違いないのではないでしょうか?

 

     さては、闇夜の時代にこそ、世を照らしては迷える人々を導いた、まさにせめてもの救いの光ですらあった、いわゆる神話に端を発する伝統宗教の、今や改めても白日の下に、その真偽こその糺されるべく、顧(かえり)みられなければならない時代(とき)なのではないでしょうか!?

 

     実に2千年の伝統を誇る、他ならぬ 『 新約聖書 』 をして、けしてその例外ではなく ・・・。

 

 

 

 

 

 

                         著 者    主 代 宗 元

イエスの真実 61,080の有料書籍です。
書籍を購入することで全てのページを読めるようになります。
イエスの真実 6を購入
shinrikyusai
作家:主代 宗元
イエスの真実 6
0
  • 1,080円
  • 購入

1 / 20