イエスの真実 5

イエスの真実 51,080の有料書籍です。
書籍を購入することで全てのページを読めるようになります。
イエスの真実 5を購入

はじめに( 1 / 3 )

 

 

      は じ め に

 

 

    『 新約 』 にも拠(よ)れば、イエスの立ち行くところ信者に溢(あふ)れ、その信望ゆえに救いを求める者の後を絶たず、その都度立ち所にも奇跡を為しては、その評判の専らの噂ともなって、およそ行く先々で知らない者の無いかにさえ、いかにも仰々(ぎょうぎょう)しく語られてもならないのですが ・・・ はたして、その実際はどうだったのでしょう?

 

    と云うのも、それこその、どうにも大言壮語のさながらに、疑われてならないからに他なりません。

 

    なぜなら、そうした記述に、なぜか実際の史実こそが、いっこう状況証拠として、伴われずにいるその不自然さの、どうにも奇妙この上なく、思われてもならないからに他なりません。

 

    まず、そのそもそもの何かといえば、かつてない神の子として生まれた、その余りのセンセ-ショナルぶりにもかかわらず、その実、早くして亡くなった父親の、あとを継いでの大工を生業(なりわい)に、母と弟たちを養わずにも措かれなかった、その不遇とも想われる生い立ちの、どうにも相応(ふさわ)しからぬ、大いなる現実とのギャップこそが、何より指摘されずに措かれません!

 

    そして、本来自らの教えたるを、施洗者ヨハネに先導されての、その不可解にも加えて、何故(なにゆえ)そもそも受洗が必要とされたのか、その理由すらの解せないばかりか、その後をして初めてにも、改めて神の子イエスに立ち還(かえ)りでもしたかの、その行状の不思議さといい、まさに現実離れのそのものにも思われてなりません。

はじめに( 2 / 3 )

 

 

 

    さらには、その後に続くあまりの豹変振り!

 

    なるほど、神の子ならではの、本領発揮かと想われつつも、聖書の記述ほどには、なぜか現実感の伴われない、言葉ばかりが舞い上がっては躍(おど)っている、そんな空々(そらぞら)しささえの、否(いな)めない有り様にも違いないのです。

 

     さて、その信憑性は、はたしてどの程度のものなのでしょうか?

 

     イエスが、間違いなく 『 旧約 』 に予言された最後の預言者なら、なぜ態々(わざわざ) 『 新約 』 などに、改められなければならなかったのでしょうか!?

 

     敢えて 『 旧約 』 などと蔑(さげす)むことなく、『 聖書 』 のままにも引き継がれ、新たな章として付け加えられもすれば、それで済んだことでもありましょうに!

 

     ところが、どういう訳かそうは為されなかったのです。

 

     いや、そうは出来なかったとされるべきでしょう。

 

     なぜなら、『 旧約 』 の教えに基づくユダヤ教は、『 旧約 』 とされるそれ自体を認めないばかりか、イエスの聖性すらを否定して已(や)まないないのですから!

 

      さては、生前のイエス自身、『 聖書 』 に学び、その教えを篤(あつ)く信仰もした、生粋(きっすい)のユダヤ人にしてユダヤ教徒でありながら、『 新約 』 に語られる、いかにも神の子さながらの行ないさえ、その地その時代の同胞に、実のところは一向認知されていなかった、それこその嘘偽(うそいつわ)りも紛(まぎ)れも無い、現実だったのではないでしょうか?

 

     

 

イエスの真実 51,080の有料書籍です。
書籍を購入することで全てのページを読めるようになります。
イエスの真実 5を購入
shinrikyusai
作家:主代 宗元
イエスの真実 5
0
  • 1,080円
  • 購入

1 / 21