記憶の森 第三部

3・アンヌの祈り1

その夜アンヌ先生はマリアの髪を梳いてやっていた。
マリアは少し黄色がかったような茶色い美しい髪をしている。
まだ八歳の少女だが、大人になればべっぴんさんになるであろう。
「マリア、先生の髪も梳いてあげる!」
マリアは無邪気に叫ぶ。
アンヌは一日の終わりのこの時間がホッとして落ち着ける。
「はーい、また今度ね。」
「あーん、先生の髪とかすのーー。」
マリアはふくれっ面をするが、
「先生は後でいいのよ。さあ、もう寝る時間よ。マリア。」
孤児院では歳の近い子供達同士で個室に別れていた。
ベッドはエドとロイの、それからマリアの小さなベッドがあったが、
寂しがりやのマリアは温もりをもとめて、二人のベッドにそっと忍び込む。
お世辞にも綺麗とは言えない質素なその部屋を
マリアは愛していた。

いつも幼いマリアのベッドの脇で本を読んであげて
マリアが寝付くのを見守るのがアンヌの最近の日課だった。
いつもはマリアとアンヌは一緒にお風呂に入るのだが、
今日はマリアがエドとロイと一緒に入りたい!と言い出して、
アンヌはまだお風呂に入っていなかった。
老夫妻の奥様のジョディー先生がやってきた。
「さ、マリア、アンヌ先生はお風呂に入るから、
今晩は私がお話を読んであげるわね。
さあ、アンヌ先生後はゆっくりして頂戴。」
そう言ってジョディー先生はアンヌに目くばせをした。
マリアは「わ~~い。ジョディー先生!」と無邪気に喜んでいた。
アンヌは「よろしくお願いします。おやすみなさい。」
そう言ってエド達の小部屋を後にした。

アンヌは自分の小さな部屋に戻るとその豊かな髪を解いた。
いつもは邪魔にならぬようその髪をまとめてお団子にしていた。
アンヌはその瞬間アンヌ先生ではなく、
一人の女性に戻ったのを感じていた。
アンヌは美しく若さを保っていた。
二十代の頃には恋人もいた。
しかし、孤児院での毎日を考えて、
アンヌの方から恋人に別れを告げた。
ふっとアンヌは一人になるとそんなことを思い出す。
決して過去を後悔している訳では無かったが、
一抹の寂しさを感じたりするものだ。
キャンドルの灯りの中、ふと鏡越しに自分自身と目が合う。
(大丈夫・・・)アンヌは自分の心に自答していた。

それからアンヌは一人でお風呂に入った。
古びた浴槽ではあったが、子供達が数人は漬かれる浴槽は
大人一人で入るには十分すぎる広さだった。
アンヌは静かに身を清めた。
いつもはマリアとおしゃべりして入るお風呂が
今日はがらんと広く感じられた。
洗い終わると湯船にゆっくりと漬かった。
じんわりと雫が首筋を流れるのを感じながらアンヌは目を閉じていた。





4・アンヌの祈り2

アンヌは風呂から上がりその雫を拭き取ると
白いコットンのスリープドレスに袖を通した。
長い髪を丹念に乾かすように拭き取った。
バスタオルを頭に巻いて自分の部屋に戻ろうとすると
暗がりにジョディー先生の姿が見えた。
「マリアは寝付いたわ。」
ジョディー先生は皆を起こさぬよう小さな声で囁いた。
頷いたアンヌの手をジョディー先生はしっかりと握った。
そして耳元に囁いた。
「貴方はまだ若いのよ。自分を大切にね!
それから祈りを忘れぬよう・・・」
ジョディー先生はそれだけ大急ぎで言うと暗がりに消えた。

風呂上りのこの時間いつもアンヌは祈りを捧げる。
それは習慣となっていてアンヌはそれに疑問を感じたことは無かった。
このケルトの国では神を中心に
それを支える天使、妖精などの存在が昔から信じられていた。
アンヌは神に天使に妖精達に子供達の幸せを祈る。
ここの子供達はアンヌにとっては家族同然である。
そして、天使や妖精達と同様にこの国の歴史を作ってきた
先人に対しても敬意を払うのがこの国の習わしだった。
アンヌは跪き祈る。
「神とそれを支え救いたもう者達に幸あれ!」
それはアンヌにずっと根付いてきた思いだった。
誰に教えられた訳でも無かったが、
祈りを捧げる時アンヌはこの言葉を口ずさんでいた。

この国にも悲しい過去の歴史があった。
およそ二百年程前のこと・・・
ケルトと海を挟んだイベリア国との間で戦争があった。
砂漠が大半を占めるイベリアの当時の国王は
貿易の要とも言えるケルトの海岸地帯を占領しようと
兵を進めたのだった。
その当時水の都べナールという東の海岸地帯に
ケルトの聖地というべきクリスタルの社があった。
そこには神もしくは天使の声を聞く巫女とでもいうべき者達がいた。
それはこの国の神聖を現す存在だった。
巫女達はこぞって戦争に反対の意を示し続けていたのだが、
ケルトを守る!という国王国民の意思は固く、
自国を守る為にケルトの国は戦争を選んだ。
数百人は居たという巫女達は嘆き悲しんで、
異国に放浪し、散りじりになっていったという伝承が残っていた。

かつては神聖な地域で、一般の者は立ち入れなかった
そのべナールの社も今では歴史の遺跡となって
多くの者達に開放されていた。
結局その長い戦争はお互いの国を疲弊させただけで終わり、
十年もの長い戦争には和解条約が結ばれ終わりを向かえた。
アンヌも何度かその社を訪れたことがあった。
それは何か神聖で霊的なものを感じさせる存在であった。
(明日、べナールの社を訪れてみよう)
アンヌは自分を導いてくれる存在を信じていた。

5・べナールへ

アンヌは次の朝早く起きた。
まだ夜明け前だった。
ケルトの港の端にべナールの社に向かう
ゴンドラの船着場がある。
アンヌは何度か社を訪れたことがあったが、
いつも子供達と一緒で、
朝日に照らされるべナールの社を見たことが無かった。
丁度日の出の方角に合わせて建てられたその社は、
朝日に照らされるとクリスタルの社全体が輝き、
それは美しいのだと人々の語り草になっていた。
そんなこともあり、夜明け前に朝一番のゴンドラは出航する。
アンヌはジョディー先生に置手紙をした。
朝のべナールを見に出かけます・・・そんな簡単な手紙。
ゴンドラの出る港の船着場までは、
歩いて三十分位は掛かるだろう。
アンヌは簡単に髪をまとめ、
お気に入りのドレスに身を包み、
その上にケープを羽織ると急いで孤児院を後にした。
まだ暗い川沿いの道を黙々と足早に歩いた。
二十分位は歩いただろうか、
少し勾配のついた港を見下ろせる場所まで来ると、
暗闇に灯台と船の灯りが見えた。
アンヌはその灯りを頼りに歩みを進めた。

べナールの社まではケルトの港から
ゴンドラで十五分位である。
もう、夜明けは近い・・・アンヌの心は急いていた。
(何かが、私を待っているような気がする・・・)
それは不思議な気持ちだった。
その何かに導かれるようにアンヌは踊る心を抑えて歩いた。
置手紙をして出掛けるなんて
普段のアンヌらしからぬ行動だった。
それ程にアンヌは子供達の世話、孤児院での仕事に
毎日縛られていた。
船着場まで来ると沢山の乗客が期待を胸に並んでいた。
前の方の人はもうゴンドラに乗り込み始めていた。
「今日は雲も少なく美しいべナールが拝めるだろう。」
そんな会話も耳にした。
アンヌの心は弾んだ。
隣の人と袖擦りあう程のゴンドラに乗り込んだ。


6・出会い

アンヌは船に乗り込んでいた。
まだ陽が明けぬ海上を進むのは不思議な気分だった。
大きめのゴンドラだが、
人が沢山乗っていて頼りないようにも思えた。
ゴンドラは波を受けながらゆっくりと進んだ。
「あと10分もすればべナールに着きますよ!。」
船の船頭さんはオールをこぐ手を休めてお客様達に言った。
べナールは港から東の飛び出た小さな岬の先端にある。
その灯りが船から見えた。
まだ暗い海からの訪問者達を迎える為に
べナールの岸辺では松明がたかれているようだった。
「まあ、私達を出迎えているわ。」
どこからかそんなご婦人の声もした。
アンヌはワクワクしていた。
この喜びを誰かに伝えたかったがアンヌはここでは独りだった。

(ああ、私、神様を信じているわ。天使達も・・・)
神聖なべナールの地をアンヌは特別に思っていた。
自分の運命を神に預けている・・・
自分でも何故だか分からないけれど、
アンヌは一人で祈る時よりも神様の存在を強く感じた。
それはアンヌに湧き上がった自分でも説明のつかない思いだった。

べナールの岸はあっという間に目の前に近づいた。
クリスタルの社は思ったより大きく
松明に照らされてその姿を現した。
ゴンドラに乗り込んでいたお客から歓声が沸きあがった。
「凄いな興奮してきた。」男性の声が聞こえた。
あとは声にならぬ感嘆のため息が聞こえ、
アンヌもその社の姿に感動していた。
子供達と訪れた時とはまた違うべナールの姿だった。

べナールの社が建てられているその岬は
すぐ後ろは断崖で崖が切り立っていた。
その為べナールに向かうには水路しかないのだ。

船はべナールの岸辺に滑り込んだ。
べナールの社の中まで水路があり、
船はその水路を進んだ。
灯りの点けられた社の天井が高く聳え立ち、
至る所に天使達の彫像が見えた。
その全てがクリスタルなのだ。
アンヌと観客者達は見とれた。
船は奥の船着場に着くとその船首を頑丈なロープで
船着場の船止めに結わかれた。

「さあ、では皆さん!前の方からゆっくり立ち上がって下さい。
 後ろの方はちょっと待っていて下さい。
 バランスを崩しますから・・・。」
船頭さんの説明に前の人達がゆっくり立ち上がった。
一人づつ船を下りていく。
アンヌの順番が来た。恐るおそる立ち上がると、
後ろの方の人が待ちきれなかったのか立ち上がった。
船が大きく揺れた。
アンヌは倒れそうになり、手が何かを掴もうとして空を舞った。
その時、アンヌの肩をがっちりと掴んでくれる手があった。
「お嬢さん、気をつけて。」
アンヌが振り返ると落ち着いたツイードの服を着た紳士が
微笑んでいた。
「あ、ありがとう御座います。助かりました。」
アンヌは紳士に促され、前に進み無事に船を降りたのだった。

haru
作家:haru
記憶の森 第三部
0
  • 300円
  • 購入

3 / 15

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • 購入
  • 設定

    文字サイズ

    フォント