ホリスティックス

「破」( 1 / 5 )

「破」


 昭は字を書くことを厭わなかった。美しく気持の良い字を気持よく書いた。字の上手下手の原因は多々あろうが、脳からの影響もなお不明ながらあるはずである。

 ゆっくりと線を楽しみながら書く、大学の講義を素早く書き写すのには適していなかったが、あわてずあせらず、頭の中に響きとして残る声を書き出していって、結局書き残しは余り生じなかった。昭が講義に出席したら、の話であるが。



○月○日 月 最高気温32 イ地区 

 一枚、トマト畑の夫婦に「読んでみて下さあい、宗教じゃありません」とニコニコして渡す。眼を細めて読む努力、とみえた。

 一枚、縁側にこしかける媼にゆっくり歩み寄りつつ、「おはようございます。暑くなりそ7うですね。指圧の宣伝なんですが、一枚よろしいですか」 自動的に受け取りながら小首を傾げている。

 ほんのときたま、風が吹くと汗が気化して助かる。気楽に気楽に、遊び半分でやろう。



○月○日 火 最高気温33 ロ地区

  二枚、古くからある住宅地。老夫婦だけが残っている典型。シンとしている。

 角で立ち話の中年婦人二人、明るく挨拶して、出張指圧のお知らせ差し上げていいですか?と、母親が教えたように付け加える。


 肩こり、あるわねえ。 そうねえ、更年期だもの、フフ、と笑い合っている。仲良しらしい。

 あなたがやるの? 若いわねえ。 ええ、親父がやってるんですが,ボクも本腰いれようかなと。

 二人が読み始めているので、金曜日にまた通りかかりますよ。少し逃げ腰になっていたかな。

 その後誰にも会わない。




○月○日 水 最高気温33 ハ地区

 ゼロ ジリ貧という予感。


 この地区はスーパーあがり屋の回りに駐車場、空き地、また駐車場とやたらに広々している。しかし裏手の路地はかなり雑多で、老夫婦の何でも屋、理髪屋美容院、珍しいことに魚屋なんてものも。何でも屋には地場産の採れたて野菜も並んでいる。安いのだろうな、この値段では。


 ボクはこれまで縁が無かったので、何となく気弱になって通り過ぎて行く。


 三枚。元来た道を帰る。幸運にも何でも屋の前に人影があるので、おはようございまあす、暑くなりそうですね、と話しかける。

 がんこそうな目つきの翁、らっしゃい。

 何か買わなきゃ、という雰囲気になり、トマトを二個、時間をかけて選ぶ。


 そうだ修正リボンと思い出したのが嬉しくそれも手に取る。そこで、おもむろに「ご主人、出前で指圧をしているんですが」とチラシを差し出す。


 翁はお金を期待していたのだろう、出した手を引っ込めるわけにいかず、ボクのチラシを受け取った。

「ああ、あの馬場治療院の人かい」

「破」( 2 / 5 )

「あ、ご存知でしたか。息子なんですよ。修行のために無料でここで指圧させて頂きますが」


 するとお客のひとりが、媼だが、「じゃ、ちょっとあたしの首を押してくれる?」ときた。ボクは飛び上がるようにして、「勿論ですとも」と若い声で言い、若い笑い声をあげた。


 深い呼吸をして心を落ち着け、静かにそのよじれた脊を見た。

 なんでも只がいい性格、という感じのタンバク質を余り摂取していない脊である。優しく肩を撫で、親指の腹で首筋の筋肉、というほども残っていないが、そこを優しく押した。


 媼はへぇというよな音をたてた。息を吐いたのだ。ボクが押すごとにへぇと言い、みるみる血行がよくなったらしい。

「どうですか」「頭がすっきりしてきたわよ、へぇ へぇ」


「じゃ、俺にもやってみてくれるかい」と店の主人が興味を持った。

「いいですとも。ちょっと待って下さいな」ボクは急いでウェットティッシュを出して、両手を拭いた。


 そして両手を振って乾かしながら、店主の顔を真正面から見詰める。かなり偏っているなと思って、首筋を立て直し、頭皮をセオリー通りに順番にほぐしていった。

「うぁ、気持いいなあ」

「そうでしょう、ここから凝っているんですよ」


 こんな出会いが嬉しくてたまらなくなった。自分のすることがこの人をリラックスさせて行くのだ。頭蓋に添って顔の周囲のツボを押して行く。耳の後ろの頭蓋も押す。歯の蝶番を押す。顎の骨を押して行く。それで十分近くかかった。

 店主ははっと我に返り、「おう、ありがとう。しゃっきりしたぜ」とボクの手を止めた。少し照れくさそうだ。

 さっきの背の曲がった媼がにやにやしている。


「トマトはサービスだ、物々交換ってわけだ」

「いえいえ、そんなことしたら親父に叱られますって。そもそも無料なんですから」

 さらに支払いはごたごたしたが、ここは先途とボクはきっちり支払った。彼の生活がかかっているのだから。


 結局、もうひとりの男性客にもチラシの手渡し成功。こちらは逞しい体格で、肩こりとは縁遠いようだったが、何故が興味を持ったようにみえた。十一時。


「破」( 3 / 5 )

○月○日 木 最高気温29 イ農村

 やや涼しいのだが,雨模様。畑には誰もいない。農家の名残のある家々に、洗濯物を干す人もいない。全然達成感なし。十時半。



○月○日 金 最高気温33 ロ住宅

 ゴミ収集日ということで、角々に人の姿がまだある。

 中年の奥さんが雑草の入ったゴミ袋を置きに来たので、ためらわず近づいた。


 おはようございます、暑くなりそうですね、と通りすがりの人のように軽く話しかけた。奥さんの反射的な反応からすると、人なつこいなと思って、チラシをさっと手渡した。無料ツボ押しをさせてもらってるんです、とボクはニコニコした。


 奥さんは目を落として、あら馬場さんとこね、と良い反応だ。


「で、腕はどうなの」

「修行中ですが、経験は十分ですよ」

「結局、お宅に診察に行け、って目的でしょ」

「まあそれもありですが、それはご自由ですから」


 そんなことを言いながら、歩き出した奥さんにくっついていく。お宅はすぐそこだ。門のところでボクは立ち止まり、奥さんの顔を見た。

 手の平をひらっと振ってついて来るように合図された。ラッキー。

ボクは楽しい気分になった。

 無料、というのがやはり好まれるのだ。ボクもその方が気楽だし。


 少し芝生があり全体的に手入れの行き届いた感じの良いお庭である。縁側のガラス戸を開けて、奥さんはボクに脊を向けて正座した。何かしろ、ということらしい。


「四十肩っていうのかしらん、痛くてね」

 内心、これは困った、と思った。すぐには直せない。ちょっと、と言いながらウェットティッシュを取り出し、ゆっくりと両手を拭う。奥さんは横目で見ている。


 肩甲骨をまず触る、失礼します,と言う。大分いびつである。

 背筋が大分歪んでいる、年齢相応ともいえる。座っている骨盤が、どうも傾いでいる、よくあることだ。


 肝心の四十肩は関節を動かすにしかず、というほどの施療しかなかったのだが、最近テレビでボクは見たのだ。

 西洋医学の医者が仕組みを説明し、解消法を実演していた。勿論実証済みである。ボクも環境のせいか、こんなことはすぐに頭に入れることができる。


 肩甲骨の背後に小さな筋肉があり、それが肩関節と接続して動かしている。そこが老化で弱まると、関節の動きが異常になり神経を挟んでしまう。

 運が悪いととんでもなく痛い。しかもその筋肉を鍛えるのが難しい。ゴムバンドなど使う方法もあるが,最も簡単で毎日できるので効果的な運動がある。


 まず、指2本で左右の肩口を、つまり袖の上の付根を、軽くつまむ。これが重要であって、あとは鋭角に曲がっている肘を大きく、肩甲骨ごとぐるぐる回す。予防にもなる。

 ボクは秘かに頷いて、まずは奥さんの頭皮をあちこち動かした。

 マッサージではない。親父がボクの頭に日々施してくれた。実に気持がよくリラックスできる。

 首筋を、例によりほぐす。みんなここが凝っている。重たい頭を無理に働かせているからだ。

 背骨に添って押しながら、固い部分をほぐす、これは腰から来ているな,と思う。


「破」( 4 / 5 )

 腰に無理がかかるのは骨盤が傾いているからだ。それが問題なのだよな。

 これは寝てもらわないとなあ。


「背骨が歪んでいてですね、骨盤もちょっとね。今少し凝りをほぐしてから、肩にいきますから」

 凝りをほぐすとは血行を良くすることだが,これだけではまだ足りない、リンパ液も活発にしなくてはならないのだが、今日はそのことを告げるに留めておこう。 奥さんはなるほど、とすぐに納得する。


 そこで四十肩の小さな筋肉を鍛える動きを教える。なんのこともない。もっとも肩口をそうしてつまむことも痛みが妨げる。奥さんはそれに耐えて頑張って数回ずつ肩を回した。


「暇を見て、回してみるときっと痛みがとれてくるはずです。でも余り一生懸命しないで下さいよ。過ぎたるはなんとかってね」


 立ち上がって、肘を回していた奥さんは、少し声をひそめて言った。

「あのね、また寄ってくださる?」

「火曜日に寄りましょうか」

「お願いします。あ、ちょっと待って」

 奥さんは冷たいプラムをひとつ呉れた。ボクは深々と一礼して立ち去った。12時。




○月○日 土最高気温33 ハ小売店

 少し遅めに家を出た。お袋が弁当を作るのを止めた。この暑さでは止めた方がいいかも、と言って。

 お袋はがんと頭を殴られたように動きを止めた。やっぱり、何も言わないけどおれって心配かけてんだよなあ。


 申し訳ない気がして、いや、実はこれまで申し訳ない、とかあまり考えが至らなかったのだ、「いつもごめんな、コンビニ弁当買うから」と、付け加えた。


 うちわをぱたぱたさせていた何でも屋のご主人が、自分から呼びかけて来た。自分から人に寄って行くのは勇気がいるが、呼ばれたら素直に相手ができる。


 たちどころに三人の凝りをほぐした。そこの奥さんと、魚屋さんのご夫婦と。

 それぞれの匂いのする老年の肩を最後にすっすっと撫でて終わる。


 いやあ、今日はよく働いた。それにしても只、という効果は凄い。それに自分もけっこう上手いからなあ、と自画自賛も少し。


 しかし、と歩きながら考えた。これで生活して行くのは簡単ではない。お袋は今でも清掃会社のスタッフだ。これでボクさえ自分の分を稼げばなあ、只じゃあなあ。

 ま、いい。今のところは引き蘢りを脱することに集中。

 ボクはだらしなかっただけだ。

 現実の生活のいろいろなことを体験して、脳に刺激を与える、ゲームの世界は刺激的だったけど、生身の人間や社会の情報がボクには完璧欠けてしまった。これからは自分の意思を働かせて、自分を制御して行くのだ。


 決意だけはある。十二時半、公園の木陰でコンビニ冷麺。

東天
ホリスティックス
0
  • 100円
  • 購入

3 / 11