夜泣きは治せる

夜泣きは治せる900の有料書籍です。
書籍を購入することで全てのページを読めるようになります。
夜泣きは治せるを購入

17.赤ちゃんとのコミュニケーション --------------- 48

18.睡眠は深い眠りと浅い眠りの繰り返し --------- 50

19.入浴 ------------------------------------------------------ 50

20.昼寝は普通に明るい所で --------------------------- 51

    コラム  完全母乳の誤解 --------------------- 53

21.添い寝 --------------------------------------------------- 54

22.夜中にお腹がすくと泣く --------------------------- 54

   コラム 育児書に記載されている数値は目安 -- 55

23.成長に伴い母乳の量は不足する ------------------ 56

24.生後6か月以降の子が2時間毎に夜泣き ------ 56

    コラム  肥満が心配? ------------------------ 58

 

第3章 その他育児に関すること ------------------------ 59

1.子育ては養育 --------------------------------------------- 59

    コラム 乳母車 前向きと後ろ向き ----------- 61

    コラム 乳母車 日光に注意 -------------------- 62

2.オシャブリ ------------------------------------------------ 64

   コーヒーブレイク   ミルクを飲ませると歯並びが

悪く、虫歯にもなる? ----------------------- 64

   コーヒーブレイク  虫歯の主な原因 --------- 65

3.成長して夜泣きをしなくなったら ------------------ 66

   ティータイム  猛暑とベビーカー ------------ 67

4.人間本来の生活環境 ------------------------------------ 68

5.現代社会の問題 ------------------------------------------ 69

6.就寝、起床の時刻 --------------------------------------- 70

7.夜間保育の場合 ------------------------------------------ 71

   コラム  疳の虫 ------------------------------------ 72

8.対策の効果はいつあらわれる ------------------------ 73

  コラム 人混みのなかで迷子にさせないために ---  75

9.夜泣き無料相談 ------------------------------------------ 76

 おわりに ------------------------------------------------------ 78

 著者略歴 ------------------------------------------------------ 80

  本を効果的に活用するために

 

 数%の読者から夜泣き相談のメールがきました。相談内容の全ては、本に記載されていることでした。

  この本は、一気に読めますが、一度通読しただけでは見落としや誤解もあるでしょう。誤解は誰にでもあります。お読みになる時は、メモのご用意をし、本の内容とお母さんの生活習慣や育児の仕方などとに少しでも違いがあれば、すべて正確にメモをしてください。

例えば、「お子さんが朝7時頃自ら起きる」、「7時頃起こす」、「朝の授乳(離乳食)は9時頃」、「夕方の授乳(離乳食)17時頃」、「就寝は19時頃」等々は本の内容と違います。

夜の寝室内で豆電球を点灯しなく、遮光カーテンを使用しても真っ暗になるとは限りません。

朝6時頃に起こすのは大切ですが、朝6時頃起こすだけでよいとは記載していません。記載内容に対してわずかな誤解もないようお願いします。

 夜泣きの原因になることはいくつもありますが、お子さんによって多少の個人差があり、お母さんによっても生活習慣や育児の仕方が異なります。夜泣きの原因になる全ての場合について記載しました。個々の場合、全てについての対策は必要でないでしょう。しかし、対策の効果がない場合は、わずかな違いに対しても対策を試みてください。

 

 夜泣きの原因がいくつかある場合、それらの一部だけを対策しても効果はありません。原因が一つでもあれば夜泣きをします。

 例えば、多くの欠陥があり動かない、または動かせない自動車があったとして考えてみましょう。ガソリンが無い、ファンベルトの破損、エンジンに空気を送るフィルターの目詰まり、エンジンにガソリンを供給するパイプの詰まり、エンジン故障、アクセルギアの破損、バッテリーの不良、タイヤのパンクなどなど。これらすべての欠陥が1台の自動車にあった場合、欠陥の大半を完全に整備してもその分だけ動くようになるでしょうか。一つでも欠陥があれば自動車は全く動かないし、タイヤがパンクしていれば動かせません。

 夜泣き対策も同様です。「本の内容と7080%は同様にしたのに効果が全くない!」と言われましても効果がなくて当然です。

 夜泣き対策は決して難しくないので完璧な対策をしてください。夜泣きが治ると育児が楽しくなります。

      対策頑張って.gif

 

第1章      体内時計の基礎的なこと

 

 体内時計に関して夜泣きや睡眠障害と関連付けてやさしく記載しました。

 

1.体内時計

人間は地球上に誕生して以来、照明装置が発明、改良されるまでは日の出で明るくなると起きて活動し、日没で暗くなると休息(就寝)していました。このように、自然環境の日変化(1日の内での照度や気温、湿度の変化)は地球の自転に伴って24時間周期で繰り返しています。体内時計は、環境の日変化に合わせて生活していると無関係と思われますが、洞窟など太陽光の届かない場所に適応した生物以外、植物も含めて全ての生物に備わっています。体内時計の基本的なことは、細菌や下等な生物から人間を含めて全てで同じです。ある生物の体内時計について研究したことは人間にもそっくり当てはまります。体内時計は遺伝子として細胞の核に含まれています。体内時計の遺伝子は体を構成している全ての細胞に存在するから体のどの部位でも時計としての機能は潜在的にもっています。しかし、体内時計として最も重要な機能をはたしているのは、人間では脳の視床下部の視交叉上核にある振動体です。振動体といっても振動しているのではなく、活動電位を高い頻度で発して身体のリズムをつくっています。

体内時計は、生物の身体の機能のリズムをつくる重要な役割を果たしています。身体の機能のリズムにはいろいろありますが、判りやすい例は睡眠と覚醒のリズムです。私達の正常な生活リズムでは朝、目覚める少し前に身体の機能は活動に適した状態になります。そして、身体の機能は夕方に休息の状態になり、就寝中は生命維持に必要な最小の機能は維持するが、昼間と比べると大幅に低下します。

 このように私達の身体の機能は、活動に適した状態と休息の状態とが約24時間周期で繰り返しています。このリズムをつくっているのが体内時計です。

夜泣きは治せる900の有料書籍です。
書籍を購入することで全てのページを読めるようになります。
夜泣きは治せるを購入
中谷 勇
作家:中谷 勇  理学博士 元山形大学理学部生物学科教授
夜泣きは治せる
0
  • 900円
  • 購入

6 / 79

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • 購入
  • 設定

    文字サイズ

    フォント