ねこども

なきまくら( 1 / 6 )

necodomo08.jpg


ある日、庄屋さんが用事で出かけていった時のことです。

良太郎が、いつものように掃除をしながら帰りを待っていたら、


(ごそごそ… かり…かり…)


庄屋さんの寝室のおしいれの中から、なにかが動いているような、

ふすまをかぐるような、もの音が聞こえてきます。

なんの音だろう。ねずみだろうか。それとも、いたちだろうか。


(みゃーる…)


なにやら小さな動物の鳴き声がします。

ねずみなら、ちゅうちゅう鳴くし、いたちなら、くっくっと鳴く。

みゃーるなんて聞いたこともない。


良太郎は、どうにも気になってたまらなくなって、

ちょっとだけ、と部屋に入っておしいれを開けてしまいました。
由井青朗
ねこども
0