獄中記

 いよいよ移管の日、荷物検査を行い護送車で東京拘置所へ向かう。

東京小菅にあるそれは、刑事被告人、懲役受刑者、死刑囚を合わせると3000人を超える。

護送車から数珠繋ぎの被告人たちがゾロゾロと降りた先は、通称ビックリ箱と呼ばれる木ででき

ロッカーのような場所に一人づつ入れられ名前を呼ばれるまでそこで数十分待つ事になる。

祐一の名前が連呼され急いで出て行った、そこは刑務官が立ち並び凄い形相で睨まれている。

まず人定質問、次は所持品検査、その次が終生忘れ得ない屈辱の瞬間である、素っ裸にされ医

刑務官が身体検査を行うのだが、陰茎から始まり肛門の穴にガラス棒を突っ込まれるのだ。

異物を隠していないか、確認しているらしいが最早人権など無い。

それが2時間ほどで終了し、雑居房と呼ばれる未決拘留者の舎房へ入れられることになる。

ここでも番号を与えられ名前など必要なくなる、舎房は10人部屋で一人一畳のスペースがある。

「大橋です・・宜しくお願いします」

他のメンバーに一応挨拶をした、すると早速リーダー風を吹かした奴が近寄ってきた。

「おう、若いの・・何仕出かした?」

お決まりの文句だが、言わなければ村八分となり厄介な事になる。

「女の貯金使っちゃって・・・」

「泥棒かい?起訴状見せてみな・・・ほう・・・窃盗、有印文書私文書偽造、同行使、詐欺・・・立派

もんだなあ・・・」

 舎房内は一人30センチ四方の物置台があるだけでそこに着替えを少々入れられる、それにト

レ、洗面と食器洗い用を兼ねた水道がある。

裁判までの間、曰く付きの輩と過ごさねばならない、リーダー風の奴はやはり暴力団でシャブ絡

みらしい、他には強姦、強盗と兵が集っている。

舎房の中央には個人用の座卓を並べて長テーブルのように配置されている、そこで昼間は食事

を取ったり、手紙を書いたり、読書をして時間を潰す、警察の代用監獄つまり留置場と唯一違う

のは二つある、一つは舎房内では就寝以外横になってはいけないのだ、もし寝そべっている所を

刑務官に見付かった場合は注意を受ける、聞かない場合は懲罰対象になる、二つ目は煙草を

吸うことができない、運動の時間はあるがウロウロと散歩するだけの時間である。

 食事は至極質素である、もっそう飯と呼ばれる麦入りの飯は慣れるまで大変だった。

驚いたのは、菓子類やパン、衣類書籍など様々な物品を購入できるのだ、個人の金で買った者 

を同じ舎房の者同士で分け合って食す、金が無く何も購入できない輩はここでは居場所が無い、

無論発言権も無く、食器洗いや便所掃除専門となってしまう。

祐一は多少の金を持ち合わせていたため、危うく難を逃れた。

  

 リーダー格のヤクザさんは饒舌で、場の雰囲気を盛り上げることに長けている。

特に女と隔離生活を送っている輩は下ネタで大いに話が弾む、ヤクザやさんは自分の陰茎に前

の懲役で歯ブラシの柄を加工した球を埋め込んだ事を平然と公開し、その埋め込んだ物で女

悦ばせた事を自慢気に話すヤクザやさんは、犯罪を犯したことなど微塵も感じさせない。

この場にいる奴等も同様である、これから裁判を受けるものにとって執行猶予か懲役の分岐は

生を大きく左右する問題である。

 

 祐一の裁判が明日となった、かれこれ2週間拘置所にいるとこの舎房の古株になってくる。

アカ落ち(懲役刑)となれば何れかの刑務所へ移送され、辛い獄中生活が待っている。

午前10時、東京地方裁判所小法廷、手錠を外され被告人席に座わる、右に国選弁護人がいて

、左に検察官が無表情で座っている、すると正面のドアが開き法曹衣を着込んだ裁判官が入廷

し来た、人定質問から始まり検察官の起訴状朗読、弁護人質問等が終わり次回10日後判決。

 拘置所の舎房に戻ると風呂の時間になっていた、ここの風呂はボイラーを使用して湯を沸かす

システムで、いっぺんに20人は入れる広さである、やはり10分しか時間が無いため急いで身体

と頭髪を洗い湯船に浸かる、面白いのは一言も喋ることはできないのである、そして湯船に浸か

るときは両手を湯船から出しておかなければならない、何故かというと湯船の中で身体を掻くと垢

が浮くためらしい、20人が無言でやるこの光景はまさに滑稽である、その光景を刑務官は無表

情で見つめている。

 本日の夕飯は質素である、もっそう飯と白菜を刻んだ薄い味噌汁、赤魚の煮付けだけ。

自費で購入したふりかけと鮭の缶詰でかき込む、お茶の葉は柳の葉っぱだともっぱらの噂だ。

就寝後、虫歯が酷く痛み始めた、祐一は報知器(刑務官に用を知らせるための器具)を下ろし刑

務官を呼んだ。

「スイマセン・・・歯が痛くて鎮痛剤を頂けませんか?」

「よし、チョッと待て」

そのとき非常ベルが響き渡った、特警隊と呼ばれる10数人の猛者が廊下を激走する、聞いたと

ころによると受刑者や未決舎房の連中が喧嘩をしたり、暴れたり、刑務官に暴行したりした場合

非常ベルが鳴らされる、その原因人物を特警隊が確保し取調室に連行する、やがて懲罰が決定

し懲罰房へ入れられる、その際拘束衣を着せられ自由を奪われたまま打ち込まれる。

刑務官に暴行しようものならとんでもない事になるらしい。

 

 

 

 

 

 

 祐一の判決の日が訪れた、裁判官は懲役10月とさらりと言いその瞬間アカ落ちが決まった。

舎房に戻るとアカ落ち部屋に移された、既に受刑者となった祐一は灰色の受刑服を着せられ、

類作業(全国何処の刑務所に移送するかを図る作業)が終わるまで独居房で刑務作業を行う

事になる、その作業は紙貼りと呼ばれ紙袋を作る工程の分業である、一日8時間その単調作業

が続く。

 一週間後移送先が決まった、24歳の祐一は川越少年刑務所で受刑生活を送る事になる、25

までは少年刑務所らしい。

護送車で川越少年刑務所の厳重な門を潜る、心臓の鼓動が激しく高鳴る。

祐一は教育課長の部屋に連れて行かれ、人定質問を受けた。

「これより君は新人教育を受けてもらう、生活基本動作を学び一週間後、作業場が決まりそこで

務作業に従事してもらう事になる

 留置管理課に移動しまたもや素っ裸にされ、身体中検査を受ける、そう尻の穴にガラス棒を突

込まれたのだ。

この川越少年刑務所は、若年層が殆どのため運動に力を入れている、その運動がキツイ。

腕立て伏せや腹筋など基礎体力作りと言いながら、毎日毎日筋肉痛で動けない、それに団体行

進の練習である、所内ではすべて歩き方が決まっている、逆らえば懲罰房行き。

 祐一は第一希望作業を図書にしたが、第二希望の炊場と決まった。

炊場とは、受刑者と刑務官の食事を作る工場であり朝が早い、特別待遇もあり他の工場は風呂

は週2回だが、ここでは毎日入る事ができる。

初めて工場に入った、ここでは先輩の指図は絶対服従である、下っ端が入るまでスイーパーと呼

ばれ風呂掃除に始まり洗い物、各セクションの手伝い、失敗すれば怒号が飛ぶ。

昼飯では先輩のお茶を汲み歩き、食事の時間が3分しかない、しかも殆どが年下である、もしこ

こで短気を起こし喧嘩をすれば、特警隊が飛んでくる。

 炊場担当刑務官は、二人いるがこいつ等のことは先生と呼ばなければならない。

ここでの生活は未決拘留日数を差し引いて8ヶ月である、他の連中より遥かに短い、親を殺した

奴、強姦、強盗、覚醒剤と様々な犯罪を犯した者が共同生活を送っている、中には懲役10年と

いう殺人者もいた。

 

 

 そうこうしているうちに序列が上がってきた、工場NO、2の菜方と呼ばれるもので、包丁で野菜

魚を刻んだり処理する係りである、お陰で現在でも包丁は達者である。

炊場は365日稼動するが、他の洗濯工場や清掃工場などは日曜日が免業日で作業は休みで

ある、だが炊場も一人ずつだが交代で免業になる、その日は昼飯まで布団の中で過ごす事がで

きるのだ、若く正常な男の身体は性欲を抑えられない、自費で購入したエロ雑誌を片手に、便所

の紙を隠し、刑務官の目を盗みながら、布団を被り自慰行為に励む、後で仲の良くなった

刑務官に聞くと全て解っていたらしい。

 ここに来て6ヶ月が過ぎた頃、仮釈放申請が出された、上手くいけば後一ヶ月で娑婆に出れ

る、その面接を受けるため理容工場で散髪をさせてもらった、懲役が決まってから坊主頭は通常

だったが仮釈放が近づくにつれ髪を伸ばす行為が許されるのだ。

 今思えば様々な事があった、炊場の工場長は祐一より年下だが、工場内では絶対的な権力を

っている、或る日その権力を悪用しとんでもない行為が明らかになり、懲罰房に入れられ洗濯

工場の下っ端に落ちイジメに遭っている、刑期はあと4年も残っている。

その行為とは、雑居房内で下っ端の者に自分の陰茎をシャブらせたり、猥褻な行為を虐げさせ

ていたのだ、祐一とは舎房が違うため知らなかったが当事者が担当刑務官に事実を伝えて発覚

したのだ、常軌を逸脱しているこの社会は経験した者でなければ到底理解できないだろう。

 

 仮釈放の日が決定した、一週間後には晴れて娑婆に出れる。

仮釈放が決まったものは鉄格子の無い部屋に移る、そして食事も麦飯から白米に変わり、作業

も無くなる、しかしここを出てから何をすればいいのか考えると眠れなくなる、炊場で働いていた

頃は仲間と娑婆に出たらまず煙草だな、いや女だろなどと下世話な話題であったが、いざ現実

が差し迫ると思案に耽ってしまう。

10ヵ月の間自由を奪われてきたが、あっという間の出来事であった。

 川越刑務所長の部屋にいる、仮釈放決定書の朗読が始まった、今日釈放されるのは祐一を含

め3名が出所する、他二名は家族の迎えがあったが祐一は家族に不義理をしているため迎えが

無い、帰る家も無いため更生保護施設(身寄りが無いものが一時的に衣食住を与えられる場所)

に入る事になる、そこで就職活動をし、一ヶ月間でそこを出ることになるらしい。

 

エンジェル
獄中記
0
  • 0円
  • ダウンロード

5 / 9

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • ダウンロード
  • 設定

    文字サイズ

    フォント