ライブコンサート初体験ミニガイドブック

もくじ

もくじ

・著者プロフィール

・はじめに
ドキドキ、わくわく、初のライブコンサート体験の味は!?

・遅刻厳禁
開場、開演に遅れるな!
ライブ感はその日の朝から始まっている

・サウンドにのる
臨場感あふれるヴァイブ、自分を解放しよう!

・余韻に浸る
アンコールのステージ、まだ終わってない!
心地よい余韻を楽しもう!



著者プロフィール

著者プロフィール

木村孝
 明治学院大学文学部英文学科卒。
 元音楽情報サイトBARKS通訳者、翻訳者、ライター。
 現フリーランス通訳者/翻訳者/ライター。
 日英訳書『Deity of the Sun』英米で刊行
 『インターネットを駆使した無料の英語超独学法』
 『インターネットを使った型破り英検1級突破勉強法』
 『おもしろ私的和英辞典』
 小説『奇譚短編集』
 他web記事、メディア翻訳物多数

はじめに

3395879222_9442875bc1lfrnt

誰でも好きな音楽アーティストがいることでしょう。そして、いつかライブコンサートに行ってみたいと思っていませか?

特に初めて行くライブコンサートは生涯、心に残り、素敵な思い出となります。前日には緊張でドキドキします。

ここではそんなあなたに送る、初めてのライブコンサートの楽しみ方を紹介します

遅刻厳禁

遅刻厳禁

266675660_878bce132dl1ライブのエッセンスは会場に入る前からすでにスタートしている。チケットを忘れずに!遅刻しないようにしましょう。

ライブコンサートの醍醐味は、文字通り“生”(ライブ)で視聴できることです。あこがれの実物のアーティストが目の前にいるのです。が、このライブコンサートというのは、ステージ上の時間だけではなく、待ち時間からすでに始まっています。

会場では、電車から降りたとたん、ファンらしき群衆が歩いています。
そして、会場入り口付近にダフ屋がいます。都心部ですと、駅の出口から「アリーナあるよ!余ったチケット買うよ」とダミ声が響きます。

チケットは事前に予約し、定価で購入してください。ダフ屋は無視するのが無難です。

入場時にチケットを提出し、簡単な持ち物検査(中にはボディチェックも)を通過しなければなりません。海賊版を防ぐためです。また、興奮したファンが危険物をステージに投げ込む場合があるからです。

開演10~20分前には指定席につきましょう。ステージセットや雰囲気といった独特の高揚感が味わえます。席にはチラシが置いてあります。

オフィシャル販売されているパンフレットやTシャツといったグッズは購入して記念に保存しておきましょう。特にTシャツは、当日、購入したものをトイレなどで着替えて本番に臨むとよいでしょう。

木村孝
ライブコンサート初体験ミニガイドブック
0
  • 0円
  • ダウンロード

1 / 6

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • ダウンロード
  • 設定

    文字サイズ

    フォント