武の歴史の誤りを糺す

テレビの歴史ドラマ

テレビの罪

 

現在のマスコミのお粗末さは目に余るものがある。

一体、どんな人間が記事を書き、番組を制作しているのだろう。

特にテレビは酷い。

まともな番組はほとんどないといってよい。

最近、民放でよく歴史ものを放映しているが、実にいい加減なものだ。
おまけにコメンテーターたるや、ろくなやつがいない。

歴史番組はただ面白ければ良いといったものではないはずだ。

ちゃんと専門の学者に監修を依頼して,荒唐無稽な話や俗説の類を入れるべきではないことは,言うまでもないことであろう。

まあ、このことは、今迄さんざん言ってきたことだからこれ以上は言うまい。あまりしつこいと我ながら厭になるからだ。

ただ、民放なら、視聴率を取るためにはある程度はやむを得ないところはある。

しかし、公共放送のNHKとなると話は違う。歴史番組を制作する場合はもっと厳密な時代考証を行う必要がある。特に大河ドラマは細心の注意を払わなければならない。

先年の龍馬伝。あれはひどかった。史実を完全に無視している。

岩崎弥太郎の扱いの悪さはどうだろう。三菱の人たちが怒るのも無理はない。わざとらしい土佐弁も耳に付き不愉快極まりない。主演のイケメンの歌手の臭い芝居にも辟易させられる。

龍馬や、武市瑞山の武術の真相は、この後詳しく説明する。

もっとも、この二人の事は、間違ったことが定説となり固定化されているので、私がここで「それは違う」と大声を張り上げてもどうにもなるものではないであろうが。

そして今年の「江~姫たちの戦国~」。

これなど、現代劇をそのまま戦国時代の衣装や鎧を着せて演じているようなものだ。

時代状況も内容もまるで違う。
こんなお粗末なものを高い制作費をかけて作るなよと言いたい。視聴者を馬鹿にしているのか。我々の視聴料をこんなことにつかうな。もう受信料は払わんぞ。そう言いたい。

公共放送であるNHKがこれではいけない。民間放送と視聴率を競うために敢えて俗悪番組を作っているのか。
国民から受信料を貰っているからには、当然、真に国民のためになる番組造りを心がけなければならない。

特に報道番組は真実のみを伝えなければならないし、歴史教養番組は制作時最新の学説を紹介すべきである。
その為には、御用学者の手垢にまみれて古くなった学説や、単なる戯作者でしかない小説家の、歴史雑学や俗説を採用すべきではない。

歴史には様々な分野がある。

その分野の専門の学者の学説を取り上げるべきで、それを一般の視聴者に分かりやすく説明するのが放送局の使命ではなかろうか。

NHKの大河ドラマ

NHKの大河ドラマ

 

一昨年の「龍馬伝」から始まって、昨年の「江~姫たちの戦国~」、そして今年の「平清盛」。一体何という番組を作っているのか。
こんなものを見せられる為に高い視聴料を払っているのではない。

実に愚劣極まる番組だ。
歴史の常識も知識も持ち合わせていないど素人が寄って造ったようなつまらない番組だ。物語の展開も表現も全く面白くもなんともない。そして何よりも内容が空っぽだ。

時代背景も時代考証も無茶苦茶だ。時代考証を担当したお偉い先生方はいったい何をしているのか。
名前だけ貸してお金だけを受け取っているのではあるまいな。
もっとも、NHKのご機嫌とりに終始して古臭い持論を展開するしか能の無い国立大学の先生など、はなから正確な時代考証など期待していなかったが。

「龍馬伝」はひどかった。
とても見るに堪えない。
いくら創作とはいえ、あの岩崎弥太郎の扱いはなんだ。三菱の関係者が怒るのも無理はない。
三菱の創始者の岩崎に乞食のような格好をさせて泥の中をのたうちまわらせている。
また、岩崎は長崎にゆくまでは龍馬とは面識が無かったはずだ。こういう事実に反することを勝手にねつ造するべきではない。
歴史に知識のない一般の視聴者は、このような大ウソをたやすく信じ込む。

このように、我が国の財閥の創始者を貶めて何が嬉しいのか。
そこには、NHK独特の左翼思想、階級闘争史観が透けて見える。 
上士が下士をいたぶるシーンからは特に強くそれが感じられた。
それも実に汚らしい描写である。
これでもかという程に虐待され、奴隷のような扱いを受ける下士に対比して、高慢で血も涙も無い上士という対比は、過去、昭和の時代に使い古された左翼の階級闘争劇の再現といえよう。

また、中身のないのを主役で補うつもりか、へたくそで臭い演技しかできない、イケメン歌手を起用している。
この男の気取った演技とわざとらしい土佐弁には辟易させられたものだ。
最初は、家族が見ているのでつられて見ていたが、あまりに馬鹿馬鹿しいので見るのをやめてしまった。

次の年の「江~姫たちの戦国~」。これは、一体何なのだ。
視聴者を馬鹿にするにも程がある。これほど空っぽなドラマは見たことがない。
安土桃山時代の衣装を着た現代劇だ。

ヒロインが、太閤秀吉にむかって「さるさる」と連呼し、朝鮮征伐を止めろという。
こんなバカな話があるものか。大体、信長が秀吉を「さる」と呼んだ事実はない。
時代考証の先生よ、それで良かったのか。

内容のくだらなさ、まるで少女まんがのようだ。いや、それ以下だろう。
莫大な制作費を使って、こんなものを作るな。

今年は「平清盛」だという。
前の二作がお粗末極まるものだったので、今度は少しはましかなと思っていたらなお悪い。

時代考証の東大の先生。すこしおかしいのではないか。自分の個人的な学説を、この国民全部が見るドラマに入れるなよ。
その影響を考えろ。学者馬鹿もここに極まれりだ。

なにを指しているのかというと、劇中で役者に天皇家のことを、「王家」といわせていることだ。
平安の当時、そんな言葉はなかった筈だ。この人物は、自分の国の皇室を王家と呼ばせて自分の学説を宣伝しているつもりらしいが、これは我が皇室に対する最大の侮辱である。

天皇を王と言い張るのは、韓国人である。ということは、この学者先生、韓国か朝鮮の帰化人か、そうでなければ反日左翼であろう。

東大には、先に書いた、「騎馬民族征服王朝説」を唱えた江上波夫がいた。
彼は、この学説により我が皇室の権威を大きく損ない、後の政治家にまで誤った歴史認識を植えつけ、後の世にまで大きな負の影響を与えた、いわば国賊学者である。
東大には、まだ、この反日左翼的思想に基づいた学派がまだ幅をきかせているということなのか。
学問にイデオロギーを持ちこむことは、絶対にやってはいけないことは前にも書いたとおりである。
東大の先生だから正しいとは絶対に言えない。
時代考証をやるなら、自分の学説ばかり吹聴せず、ちゃんとした考証をやるべきだ。

まず、あの服装はなんだ。武家の棟梁たる平氏が、あんな乞喰のような汚い服装をするわけがなかろう。
汚い格好をすればリアリズムだと思い込んでいるこのデレクターもよほどの馬鹿ものである。
法皇の前に出るのにあのような汚い格好で許されるわけがない。
物語の設定そのものがありえない大ウソなのである。

また、武士を上級貴族の飼い犬のように役者に言わせているが、こんなバカな話があるものか。

平氏は源氏ととも反乱の鎮圧や盗賊の征伐にあたる軍事貴族である。

当然、御所の警備も担当したが、上級貴族の飼い犬でもなければ、ドラマのような不当な扱いを受けていたわけではない。
元をたどれば、源氏も平氏も、天皇家から出た皇族の末裔である。
臣に下ったといえ、ドラマのような飼い犬のような扱いをうける筈がなかろう。

また、白河院の描写が酷い。まるで鬼ではないか。国の頂点にたつお方が、あのような言動をなさるはずがない。

こうして見てくると、この大河ドラマのテーマが見えてくる。

それは、徹底して我が皇室を侮辱し貶めるものであり、龍馬伝にも共通した、支配者と被支配者との階級闘争史観に貫かれている反日左翼自虐史劇であるということなのである。
国民に我が皇室に嫌悪感を抱かせ、我が国の歴史を貶めることを目的に作られたことが透けて見えてくる。

国民のお金で製作され、放映されているNHKの大河ドラマが、この様に皇室や、我が国の中世史を汚く汚すものであっては絶対にならない。

早急に全スタッフを入れ替え、脚本も書きなおし、もう少しまともなドラマに作り直すべきである。

 

 

NHKの無責任さ

前にも書いた月性記念館でのことである。

月性が刀を片手に剣舞を舞っている絵があった。それを見た友が言うには、最近「古武術」についてNHKでやっていたが、あのK氏とは何者だと聞く。

確か以前にちびと痩せの糞生意気な漫才コンビの番組で、かのK氏がいろいろと変わった技(一般の人から見て)を披露していた。
この人物は、著名な学者やスポーツ選手、芸能人などと交流を持ち、それにより世間を信用させ、ついに数年前には、NHK教育テレビでシリーズとして紹介された。

その後も度々NHKにも登場し、本も数冊出している。

NHK教育の信頼性は絶大である。ほとんどの視聴者がこれですっかり信用してしまった。

その為、古武術と言えば、このK氏のパフォーマンスのことと勘違いしている人が多いのは驚くばかりである。我が友人もそう信じ込んでいる様子であった。

そもそも古武術とは、普通、古武道とも呼ばれるが、この二つは同じものである。
K氏があえて区別する為に古武術と称しているが、かえって混乱を招いている。

もともと、この名前は柔道、剣道などの現代武道と区別するために使われているが、通常、私達は古流と呼び、~流剣術、~流柔術などという。

それらの各種様々な古流の武術の流派を総称して古武道あるいは古武術というのである。

厳密な意味での定義はないが、古武道或いは古武術は、戦国から幕末までに創始された長い歴史と伝統を持つものを言う。

そして、これらの各種古流流派は、日本古武道振興会或いは日本古武道協会に所属している。

ちゃんとした正当な流派であるならば、当然、このうち一つ或いは両方に所属している筈である。

逆にいえば、この二つの団体に所属していなければ、古武道、或いは古武術として認知されていることにはならないのである

では、このK氏はどうであろう。

実は、この人物、この世界では全く相手にされていないのである。

経歴を見てみると、最初は合気道をやり、次に手裏剣、そして鹿島神流に入門して三年後に自分の道場をもっている。

このうち、古流と呼べるのは根岸流の手裏剣と鹿島神流だが、多く見積もっても三年ぐらいの修業期間では、初心者に毛の生えた程度でろくな修行も修めていないであろう。

実際、見てみると、派手なパフォーマンスばかり目立っていて、とても古武術と呼べる代物ではない。

長い伝統も歴史もなく、鹿島神流からぱくった技をもとに彼自身が工夫したけれん技でしかない。

世間知らずの学者や野球選手、芸能人相手に派手なパフォーマンスではったりを噛ませているだけである。

しかしながら細かい事を言えばきりがない。説明しても多くの人達には理解できないだろうし、いちいちK氏をこきおろすつもりもない。

彼が実際にはどれほどの実力であるかとか、強いか弱いかということには全く関心がない。

大体、彼のいうなんば歩きや、間合いもくそもない各種の技法。体の使い方。これらは古流には一切存在しないものなのである。

ただ、彼が数年修行した鹿島神流からぱくって自分流に焼きなおしたようにみえるものはあるが、これとて鹿島神流と言えるほどのものではない。ただのパフォーマンスになり下がっている。

このように、K氏がいくら古武術と言い張っても、彼の広めているものは、断じて古武術ではない。

彼の編み出した唯のパフォーマンスである。

NHKが、このような人物を担ぎ出したために、古武術に対する一般の人達の認識が全く誤ったものとなってしまった。この誤解を解くために、あえてここに声を大にして言いたい。

K氏の古武術は、断じて古武術ではない。

言いたいことはこのことに尽きるのである。

NHKスペシャル「発見!幻の巨大軍船」について。

 

少し前になるが、NHKスペシャル「発見!幻の巨大軍船」という番組が放映された。

司会は、キャスターの松平定知、ゲストはタレントの優木まおみ、作家の半藤一利である。

長崎県鷹島沖合に沈んでいる元の軍船を調べた結果を、様々な角度から説明している。

個々のテーマについては、それぞれの専門家が説明しているが、問題は司会者とゲストの問答である。
タレントの優木まおみはともかく、問題は、半藤一利と司会の松平のいい加減な言動である。
折角、個々のテーマについては専門家の正確な検証があるにも関わらず、それを総括する司会者とゲストの話でそれが台無しになってしまい、視聴者に大ウソの誤った知識を植えつけることとなってしまった。

個々の各専門家の説明は、多くの一般の視聴者にとって、あまり記憶に残らない。
一般視聴者にとっては、専門家の説明はわかりにくいものであるからだ。

むしろ、専門家の説明をわかりやすく説明するのが司会者やゲストの役割であり、視聴者は、この司会者やゲストの説明を強い印象をもって記憶している。

ところが、この司会者とゲストが間違ったことを言っていれば、折角の専門家の説明もあまり意味のないものとなってしまう。

この松平という司会者は、2000年から2009年のおよそ9年に渡って「その時、歴史が動いた」という歴史番組を担当していた。

そのせいか、歴史について変な自信をもっているようだ。
大体、この「その時、歴史が動いた」という番組自体、実にいい加減なもので、真実の歴史とは程遠く、お世辞にも公共放送であるNHKが莫大な予算を投じて作るに見合った価値のあるものとはいえない。
この点は、優れた歴番組を多く製作しているイギリスのBBC放送とはまるで逆である。

このようないい加減な歴史番組を担当してきた自信の故か、まるで歴史の専門家にでもなったような思いあがった言動が鼻についてならなかった。
しかも、その全てが単なるそのときの思いつきである。
一見して温厚そうな外見には似合わず、そうとう自我意識の強い人間であろう。

又、ゲストの選定にも問題がある。
半藤一利という小説家は、主に近現代史に題材をとった小説を書いている。

しかし、この元寇のような中世の知識や船に関する知識はほとんど持ち合わせていない。

元の軍船をテーマとしたこの度のスペシャル番組には、これほど不適切な人物はいないであろう。
船や十三世紀当時の歴史について全くの素人であることは、この番組を見ているうちにわかってきた。
ろくに知識も無いくせに、得々と何の裏付けもないいい加減な説をしゃべり散らす。

折角のスペシャル番組を高い製作費を費やして作りながら、この内容はなんであろう。
我々の視聴料の無駄遣いではないのか。
少なくとも、番組の内容はわかっているのだからちゃんと調べて十分に理解したうえでコメントするべきであろう。

まず、冒頭でこの沈没船のタイトルである「発見!幻の巨大軍船」という文字に引っかかった。

果たして、この船が巨大軍船であろうか。

推定全長27m、100人以上運ぶことができるという。

同時代の外洋交易船は、新安船は34m、泉州船は25m。これが普通であった。決して巨大とは呼べない。

現代の船で言えば100トン未満である。むしろ外洋を航行するには船として最低これくらいの大きさは必要であろう。
つまり、外洋を航海する船としては決して大きくはない。

それを、司会者、ゲスト、こぞって巨大だと言う。半藤氏など、「あんなにでかい船・・・」などと言っている。
この席には船に詳しい人物はいない。半藤などという、船にも日本の中世史にもど素人を、何故引っ張り出してきたのか。

この時代より500年近く前に遣唐使が乗った船でさえ長さ30m、幅7~9m、排水量約300トン、載貨重量150トンで、この元寇の船より大きいのである。

古代ギリシャの三段櫂船(トライレム)は長さが36m、幅6mあったという。

少し時代は下るが、15世紀の大航海時代のキャラック船は、全長30m~60m、排水量200トン~1500トンであった。
つまり外洋の荒波を押し渡るには最低30mの船長は必要であったということである。

その意味では、この沈没船が特別大きいということにはならず、到底巨大軍船とよべるものではない。

なお、後世、江戸時代の1000石積みの弁才船は、全長29m、幅7.5m、積載重量150トン。内航船でさえこの程度の大きさはあった。
つまり、船の知識が少しでもあれば、この程度の船を巨大軍船などと言うことはなかった筈である。

このように、ずぶの素人の半藤氏を引っ張り出すくらいなら、この番組に登場する神戸商船大学名誉教授の松木哲氏を呼んできたならば、まだまだ興味深い話が聞けたのではないかと思われる。

NHKが蒙古の軍船が小さいと思いこんでいた原因は、蒙古襲来絵詞という絵巻物に、彼らの軍船が小さく描かれていたということのようだ。

しかし、これは、NHKの番組制作者や司会者が、如何にこの方面の知識が欠けているかの何よりの証拠である。

この蒙古襲来絵詞という絵巻物は、肥後国の御家人、竹崎季長が自らの戦功を記録したものである。
したがって主人公である竹崎季長や関係人物を大きく描き、それ以外のものを小さく描く。
これは常識であろう。
こんな事さえ知らないのかと思うと、ただただ呆れるばかりである。

番組中に提示された混一彊理歴代国都之図についても同様である。
この図は、李氏朝鮮時代1402年に作られたもので、中国で作られた二種の図をもとに、これに朝鮮と日本を加えて作成された。

この図は竜谷大学所蔵の図と、近年発見された島原市の本光寺所蔵のものがある。
オリジナルは竜谷大学の図で、本光寺の図は江戸時代の日本で複写されたものといわれている。

この二つの図、日本の位置と大きさが大きく違う。

原図の竜谷大学所蔵図では、日本は90度回転して東西ではなく南北に伸びているし、その位置は今の台湾より東にあり、しかもずいぶんと小さい。
反対に、朝鮮半島が実際の数倍大きく描かれていることは、作成したのが李氏朝鮮の官吏達であることを考えれば納得がいく。

ところが、もうひとつの本光寺所蔵図では、日本は正しい位置に直され、大きさも大きくなっていて、不自然さは全くない。
これは江戸時代に図を複写する際に、正しい位置と大きさに修正したと思われる。

このスペシャル番組で使用したのは、日本の位置と大きさが正しく記載されていることから本光寺所蔵のものであろう。
しかし、モンゴルをテーマにするなら、江戸時代に修正された本光寺の図を使うのは間違いではないか。当然ここは元の図である竜谷大学所蔵の図を使うべきである。

もし、竜谷大学所蔵の図を使ったならば、多くの視聴者は、日本の位置と大きさが違っていることに気が付くはずだ。
当然、司会者とゲストの間でこの間違いは指摘されるであろうし、この地図が正確だなどという訳はない。
そこで、日本の位置と大きさが正しく修正されている本光寺の図を引っ張り出してきたというわけであろう。
多くの視聴者は、日本の位置と大きささえ違っていなければ、他の国のことなどどう描かれていようがあまり注意を払わない。

ほとんどの視聴者は、現代の中国や朝鮮半島の地理さえ正確には知らない。ましてや700年も前の地図を見せられて、理解出来るわけがない。

この図を見て半藤氏は、「正確ですね。よくこの時代にこんなものが描けたものだ」と誉めそやしている。
それはそうであろう。我々のよく知っている日本の大きさや形は、江戸時代に直されているのだから。
それに、中国からの2枚の地図を基に、李氏朝鮮時代に自国の地図を描き加えているので朝鮮や中国が詳しいのは当り前である。

しかし、この図の何所を見て正確などという言葉が出てくるのだろうか。
資料のあった中国朝鮮を除くと、他は殆どでたらめであり、また、余りにも朝鮮半島が大きすぎる。
大体、何故、唐突にこの地図が出てきたのか訳がわからない。
確かに元の時代の事が描かれている地図としては貴重ではあろう。
しかし、作られたのは15世紀の初頭、朝鮮で作られたものだ。しかも、余分なものが描き加えられている。
おまけに江戸時代の日本で大きく修正が加えられている。
そんなものを視聴者に見せて何を期待したのだろう。

ゲストに「正確だ、よくこんなものがこの当時描けたものだ」と言わせて何の意味がある。
確かに元朝当時の中国の様子や朝鮮の地理を研究する資料としては貴重なものであろう。それは否定しない。しかし、その他の点については実にいい加減なものである。

この図のどこが正確なのか。感嘆するようなものではあるまい。
本気で半藤氏がそう思ったのならよほど観察力の欠如した常識のない人物といわねばならない。

最後にもう一つ。

司会者が、この海底に沈んだ沈没船に積まれていた磚というレンガ状のものや石臼は、何の為に積んでいるのかとゲストの女性に聞く場面があった。
この女性が家を建てるためと答えると、その通りです。日本を占領したら家を建てる為ですと自信たっぷりに笑みを浮かべて言ったのである。

このあまりの無知で愚かな言葉にしばし呆然とした。
そんなことがあるものか。14万人の軍勢が家を建てるには、100トン足らずの船の底に少し積んできたぐらいで足るわけがなかろう。
これは素人が考えてもわかることだ。この松平という男、どんな裏付けがあってこんなでたらめをいうのか。

おそらく、磚や石臼の映像を見て、その時思いついたことを言ったのだろう。
なんという思い上がった言動であろうか。自分が思いついたことは全て正しいとでも思っているのだろうか。

じつは、この磚や石臼はバラストの為に積んでいるのである。このことは少し船に詳しい人間ならば誰しも気が付くことである。

この船のいい加減なCG画像を見ると、船底はV字型をしている。

これを海に浮かべればたちまち横転してしまう。これを海中に真っすぐに浮かべる為に船底に重りをのせる。これをバラストという。

ましてや、当時の船は帆船である。高い帆柱に大きな帆を張ると、相当重心が低くなければひっくり返ってしまう。
そのためにバラストとして、重量のある磚や石臼を船底に積んでいたのである。

さらに、東シナ海の外洋を高い波や強風のなかはるばる遠征するのであることを考えれば十二分にバラストを積んで来ることは当然であろう。

現在の船でも船底にバラストタンクがあり、そこに海水や清水を満たすことにより船の安定性を保っている。
これは船乗りや船舶関係者なら常識であり、この番組のゲストとして船に詳しい人物が誰ひとり居なかったことが、この様なまちがった説を司会者やゲストにしゃべらせることとなったのである。

私が前に言ったように、神戸商船大学の松木哲名誉教授がこの場に呼ばれていれば、けっしてこの様な無責任でいいかげんな言動を司会者や無知な小説家に言わせることはなかったはずである。

なぜ、このような間違った事ばかり司会者やゲストに言わせるのだろう。

この答えは「NHKだから」という以外に回答はない。

 

 

甲斐 喜三郎
作家:甲斐喜三郎
武の歴史の誤りを糺す
8
  • 0円
  • ダウンロード

10 / 77