江戸川日記

日常( 1 / 11 )

「七平!引いてるぞ!」
「ええ!?本当だ!」
「バカ!焦ってんじゃねえよ!!!落ち着け!!!」
「うおっっ~ウナギだぁ~!!!」
その日、七平さんが天然ウナギを釣り上げた。

日常( 3 / 11 )

「源さん、食べないんですか?」
「食べる前に、ウナギのお兄ちゃんにお供えしてるんだよ」
「ウナギのお兄ちゃん?」
「ああ・・・ウナギのお兄ちゃん・・・」

日常( 4 / 11 )

「俺がまだ5、6歳だった頃、近所によく遊んでくれるお兄ちゃんがいたんだよ。お兄ちゃんは、俺たちに、相撲や、剣道や、水泳を教えてくれてさ。それで俺たちが「お腹が空いた」というと川に入って、鮎や、ウナギを獲ってくれて、ナイフを使って器用に裁いてくれて、それを焼いて食べてね・・・お兄ちゃんは、いつも一口も食べないで、俺たちが「ウナギ嫌いなの?」って聞くと、「いや大好物だけど、俺は大人だから、これから大きくなるお前たちが食え」ってね・・・」

ニート新書
江戸川日記
5
  • 0円
  • ダウンロード