算命学余話 #G109

算命学余話 #G109600の有料書籍です。
書籍を購入することで全てのページを読めるようになります。
算命学余話 #G109を購入

算命学余話 #G109 (page 1)

 世間では野球界の綺羅星、大谷翔平選手の通訳による大規模窃盗事件が不思議な空気をまといながら報じられています。日本人全般の大谷選手への愛情が巨大なせいか、通訳に対する非難も遠慮気味であるように感じます。窃盗の被害額が膨大であるにもかかわらず、盗まれた大谷選手の懐事情はさして困っていないだろうし、物理的に誰かを傷つけたわけでもないし、どこかの元社長や元議員のように海外へ飛んで罪を逃れようと姑息なまねをしたわけでもない。そもそも通訳氏はあまり悪人に見えない風貌だし、ギャンブル依存のイメージからも遠い。その人柄の素朴さから彼個人のファンさえいたくらいです。彼については、どこかのタレントのような性的堕落や豪遊、横暴な態度等も報告されておりません。
 つまり日本人の多くは、今でも彼を何となく好きなようです。どうしても憎めず、事件が何かの間違いであったと思いたい。彼自身がブックメーカーにカモにされた被害者であった方が、まだしっくりくる。裏切られた大谷選手の心の傷だってその方が和らぐだろう。そんな思いや願望が、彼への非難をマイルドなものにしているのではないでしょうか。

 事件の真相については、米国のしかるべき機関が捜査解明してくれるのを待つしかありません。しかしそれに先んじて、彼の内面を宿命から推し量ることはできます。というわけで今回の余話は、事件の渦中にある通訳氏の命式を模擬鑑定してみます。勿論、メインは果たして本当にギャンブル依存症であるのか、我欲は強くなさそうに見えるが本当のところはどうなのか、に焦点を当てます。
 なおギャンブル依存を暗示する命式については『算命学余話 #U73「ギャンブル依存を考える」』で論じているので、そちらも参照下さい。
算命学余話 #G109600の有料書籍です。
書籍を購入することで全てのページを読めるようになります。
算命学余話 #G109を購入
土星の裏側
算命学余話 #G109
0
  • 600円
  • 購入

1 / 2

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • 購入
  • 設定

    文字サイズ

    フォント