全か無か思考を越えて部分的救済を考える~キリスト教の救済について第2版

【7.祈り】

 【7.祈り】


 天の父なる神様、

この解釈は一般には受け入れられていません、

しかし聖書の引用から構築された解釈なのですから、これもあなたの選択肢の一つだと思います。聖書の言葉はあなたが私たちに与えた約束なのですから、これに信頼します。


私は洗礼を受けました。

 だからあなたを父を呼び、イエスキリストの御名によって祈ることが許されています


私はすべての人のために祈ります。


イエスキリストはすべての人の身代金として自身を献げました。そしてあなたはすべての人が救われることを望んでいます。(テモテへの手紙第一の手紙2:3-6

すべての人はすでに贖われました。だからすべての人を救ってください。

キリスト教徒でなくても、御霊の実のような良い性質をもった人がいます。

愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制 (ガラテヤ人への手紙5:22-23

  すべての良いものはあなたの光から来ます。(ヤコブの手紙117

あなたがそれを与えたのではないですか?

  天地創造の前に彼らを神の民として選んだのではないでしょうか?(エペソ人への手紙1:3-5

  彼らの心にあなたが神の律法を書き込んだなら、彼らはあなたの民ではないですか?

                                   (ヘブル人への手紙810-11

 あなたは真の割礼は霊によるもので文字によるものではないと言いました。

                                    (ローマ人への手紙2:28-29

聖霊によって内面になされる洗礼が真の洗礼ではないでしょうか?それとも外側の肉になされるものが洗礼でしょうか?


御霊の実をもつすべての人を救済してください。

  たとえ彼らがあなたによる選びを覚えていなかったとしてもです。

  御霊の実が聖霊が降っている証拠です。


あなたは「行って、すべての民に洗礼を施せ」を命じました。(マタイによる福音書2819

   世界中に福音が伝わったら世界の終わりがくるでしょう。(マタイによる福音書2414

もう残り時間は少ないかもしれません。

 すべての人が洗礼を受けられたら良いですが、時間は限られています。

  アブラハムは神の御使いと交渉しました。(創世記18章)

  「この町に義人が50人いても、町全体を滅ばされるのですか?」

  私もまた交渉しようと思います。

「この人に義の部分が50%あってもこの人全体を滅ばされるのですか?」

  「もしかすると50%に5%足りないかもしれません・・・」と。


  あなたはかつて言いました。

  「からし種一粒の信仰があれば山も動く」(マタイによる福音書17:20

  もし、からし種ほどの信仰でも見出せるなら、その人を救ってください。

  たとえその人が信仰の自覚がなくても。


  あなたの約束を思い出してください。

  神よ、イエスキリストの御名によって、すべての人の救済を求めて祈ります。




以降に図1~図4あり

仲里 淳
作家:仲里 淳
全か無か思考を越えて部分的救済を考える~キリスト教の救済について第2版
5
  • 50円
  • 購入

10 / 14

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • 購入
  • 設定

    文字サイズ

    フォント