ラスボスの思想(15)

 ほとんどの食材に有害な化学物質が含まれていたとしても、加工食品に頼っている私たちは、それらを摂取せざるを得ません。では、いかなる策を講じればいいのでしょうか? 考えられる方策の一つとして、加工食品の摂取量を減らすことです。具体的には、一日の食事の量を減らすのです。つまり、それは、化学物質の摂取量を減らすということになるのです。

 

 一日に、一食が無理ならば、二食にしましょう。日ごろから、絶食を心がていれば、免疫機能が高まり、病気にかかりにくくなります。まずは、絶食を心がけることです。また、健康を維持するには、ミネラルとビタミンが不可欠です。特に、天然塩とオーツ麦の摂取をお勧めします。また、化学物質を含んでいるものと言えば、医薬品です。病院に行けば、薬が処方されます。だから、風邪のような軽微な病気に罹った場合は、安易に病院にはいかず、薬も服用せず、自分の免疫で治療することです。

 

 絶食の次に大切なことは、適度な運動です。特に、「骨盤」を動かすことです。日常生活では、骨盤を動かすことがありません。そのために、腰と背中の血流が悪くなり、腰が痛くなり腰も曲がっていきます。骨盤を動かすことは、簡単なようですが、意外とできない人が多いのです。一度、競歩の動画を見られて、骨盤の動かし方を学ばれることをお勧めいたします。

  一休閃颯

 

 *アホウドリ 医者を信じて 天獄へ

 

 *変異株 株価暴落 いつ来るの

 

 *未来より 今の生活 大事なり

 

 *未接種者 和苦鎮銃に 逃げ惑う

 

 *この頃は 和苦鎮銃の 夢を見る

 

 

 *信者たち 和苦鎮銃で 安楽死

 

 *若者は 夢もなければ 金もない 

 

 *教科書は 役には立つが 信じるな

 

 *今の人 徳なし美なし 認知症

 

 *凡人に 姿を見せぬ 知能犯

 

 

 *子供たち 毒を食らって 不妊症

 

 *ペイペイや 日本侵略 Jを消す

 

 *非国民 正義を叫び 逃げ惑う

 

 *超満員 和苦鎮列車 天獄へ

 

 *肩書に 従う信者 天獄へ

 

 

 *猛毒も 医者が使えば 治療薬

 

 *接種済み 親の跡追う 子供たち

 

 *日本犬 ウイグル犬と 同種かな

 

 *和苦破酢で 国会議員も 詰めろかな

 

 *知狂帝 単複使い 網を張る

 

 *日本語に コンピューターも お手上げか

 

 *意に添わぬ 国会議員は 天獄か

 

 *ご用心 地位とお金は 麻薬なり

 

 *和苦鎮病 いつの間にやら 変異株

 

 *日本犬 政府と地位に シッポ振る

 

 

 *知狂帝 愚人の知識を 利用する

 

 *リンリンリン 夜空に浮かぶ 赤い鼻

 

 *スヌーピー 笑顔届ける 天使かな

 

 *ご用心 白が正義と 限らない

 

 *子供たち 和苦鎮銃で 不妊症

 

春日信彦
作家:春日信彦
ラスボスの思想(15)
0
  • ダウンロード

3 / 8

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • ダウンロード
  • 設定

    文字サイズ

    フォント