タラコ唇

 ふと、草薙剣の疑問が沸き起こった。やはり、決め手は、草薙剣だ。本物の草薙剣は、愛知県の熱田神宮(あつたじんぐう)に奉納されていることになっている。でも、だれも見たことがなく、本物という確証はない。単なるレプリカかもしれない。もし、熱田神宮の草薙剣がレプリカと仮定すると、本物はだれが持っているのか?仮に、安徳天皇が生存していたとすれば、誰かが草薙剣を預かったことになる。そして、その草薙剣は、今、だれの手にあるのか?第73世建内宿禰(たけのうちのすくね)と自称するタラコ先生が所持しているのか?おそらく、本物の草薙剣が実在していたとしても、公になることはないだろう。もし、誰かがこれが本物の草薙剣だとマスコミに訴えても、公開されないだろう。それどころか、訴えた本人が、暗殺されないとも限らない。

 

 現在の明治以降の天皇、南朝天皇、北朝天皇、安徳天皇を祖とする天皇、建内宿禰(たけのうちのすくね)を祖とする天皇。いったい、日本の天皇は何人いるのだろうか?日本は、天皇の国だから、今の天皇に反する天皇を主張するものは、狂人扱いされるか、暗殺されるに違いない。思うに、日本の天皇は、謎に包まれている。今の政治は、国民が選出した議員によってなされているから、天皇の存在意義はないと思われるが、一概にそうとも言えない。憲法上、天皇は国民の象徴であっても、国民への影響は総理大臣よりもある。また、国際的には、日本は天皇の国と見られている。日本文化の崩壊を予知していた三島由紀夫(みしまゆきお)が、天皇思想を持ち出し、文化防衛論なるものを叫んだが、理論に行き詰った挙句に、割腹自殺したのも無理もない。

 

 

          父子DNA鑑定

 

 妄想は、楽しい時もあるが、憂鬱(ゆううつ)になるときもある。天皇に関する妄想は、どちらかというと後者に当たる。それに、タケルに関する妄想ばかりでは、タケルを守ることはできない。肝心なことを忘れていた。タケルとタラコ先生の父子関係の確認だ。DNA鑑定を一刻も早くやらねば。二人の頭髪は、ゲットできた。あとは、だれにDNA 鑑定を依頼するかだ。父親の知り合いに、T大の医学博士がいるが、ヤバい依頼をどえらい博士に依頼できるほど度胸はない。頼みの綱は、医者の卵の鳥羽君だ。彼であれば、医科大の懇意にしている教授に依頼すれば、何とかなるのではないか??本来であれば、糸島まで出向き、丁重に依頼すべきだが、空港でのコロナ感染を考えると気が乗らない。失礼とは思うが、電話でお願いしてみることにしよう。

 

 真人は、その日の午後8時過ぎにコールした。鳥羽は、真人がコロナに感染し、入院しているのではないかと心配していた矢先の電話だったことから、真人の元気な声を聞き、少しほっとした。真人は、ちょっと、DNA鑑定の依頼を躊躇したが、思い切って相談してみた。「今、話しできる?ちょっと話が長くなるんだけど、いいかな~~」長話は嫌いであったが、きっとタケルの引っ越しの件だと思い、気を落ち着けて承諾の返事をした。「まあ、いいけど。タケルの件だろう? 」さすが、鳥羽は直観力があると感心し、真人は、話し始めた。「話というのは、タケルと僕が知っている先生のDNA鑑定のことなんだ。二人のDNAを鑑定したくとも、僕にはお願いする人がいないんだ。もう、察しはつくと思うけど、医者の卵の鳥羽君に相談すれば、何とかなるんじゃないかと思って。お願いできないだろうか?」

 

 鳥羽は、引っ越したタケルの捜索を依頼されると思っていたが、DNA鑑定のお願いと知って、ちょっと困惑した。DNA鑑定となれば、安部教授にお願いしなければならない。できないこともないと思えたが、その場合、何を目的としたDNA鑑定依頼なのかの詳細な説明をしなくてはならない。全く赤の他人のDNA鑑定だ。こんな興味本位の鑑定依頼を教授は引き受けてくれるとは到底考えられない。少し考え込んでしまったが、話を続けた。「DNA鑑定か、まあ、引き受けられないこともないが、必ずできるという保証はないな。教授は、意外と気難しいんだ。でも、マヒトのお願いだし、とにかく教授に頼んでみるよ。ところで、DNA鑑定に使うものは、準備できてるのかい?」笑顔になった真人は、即座に返事した。「それは、抜かりないさ。タケルとタラコ先生の頭髪をこっそり頂戴してきたから。二人の頭髪を明日にでも郵送するよ」

 

 鳥羽は、真人の度胸に感じ入った。「マヒト君、君もやるじゃないか。君は、そこいらの常識人だと思っていたが、いや、恐れ入ったよ。名探偵マヒトだな。早速、送ってくれ。君の心意気に応えなくっちゃな」名探偵といわれた真人は、嬉しさの興奮を抑えきれなかったが、一歩前進、一歩前進、と心でつぶやき、呼吸を整えて返事した。「ありがとう。もし、DNA鑑定で父子が証明されたなら、21世紀最大のスキャンダルだ。ワクワクするな~~」鳥羽は、真人の行動に不安を感じた。「マヒト君。DNA鑑定の協力は惜しまない。でも、前にも言ったように、父子関係は、プライバシーにかかわることだ。軽はずみな言動は、禁物だ。そのことを約束してほしい。まさか、マスコミに売るようなことはしないだろうな」

 

 マジになった顔つきの真人は、即座に返事した。「僕は、そんな、ゲスじゃないよ。心からタラコ先生を尊敬してるんだ。鑑定結果については、だれにもしゃべらない。僕の心にだけ、収めておく。二人が実の父子関係にあろうが、なかろうが、大した問題ではない。でも、わがままを言うようだけど、二人の関係を確かめたいんだ。よろしく、頼むよ」鳥羽は、おそらく、鑑定は無理だと思い、再度念を押した。「教授にお願いしてみるけど、おそらく、拒絶されると思う。期待に沿えなかったとしても、悪く思わないでくれ」真人は、快く返事した。「そう、気を使わないでくれ。無理を承知でお願いしているのは、僕なんだ。鳥羽君には、感謝するよ」

 

 鳥羽は、その返事を聞いて、少しほっとした。「とにかく、教授に頼んでみる。ところで、タラコ先生というのは、どんな方なんだい?面白いニックネームじゃないか」真人は、なんと返事していいか首をかしげた。「いや~~、何というか~、変人というか、後醍醐天皇の子孫というか、予備校のチョ~人気の日本史講師というか、人情味があるというか、とにかく、日本の歴史については、知らないことがない、というほどの日本史に精通した先生だ。学生からは、唇がタラコみたいだから、タラコ先生と呼ばれている」

 

 

 ワハハ~~、と笑い声を響かせ、鳥羽は、タラコ唇を思い浮かべた。「タラコとは、よく言ったものだ。そのタラコ先生とタケルの顔がよく似てるというんだな。そういえば、タケルも若干タラコのような唇をしているような?気掛かりなのは、タケルは、福岡市に引っ越したとしても、引っ越し先を波多江先生にも教えていないことだ。タケルは、波多江先生を慕っていたから、何らかの連絡ぐらいはするはずなんだ。なんとなく、不吉な予感がする」真人も同じことを考えていた。「そうだよな。波多江先生に引っ越し先を教えないなんて、ちょっと奇妙じゃないか。僕も、なんだか、胸騒ぎがするんだ。何らかの事件に巻き込まれていなければいいんだが」

 

 鳥羽の心に、ますます、不安が込み上げてきた。「確かに、タケルの引っ越しは、普通じゃない。僕も、できる限りの捜索をやってみる」鳥羽の心強い言葉を聞いて、少し肩の荷か下りた気分になった。「鳥羽君がそういってくれると、心強いよ。コロナ感染が収束すれば、タケルを探しに、糸島に行くよ。あ、いけない、1時間近く、話し込んじゃった。この辺できるよ。鳥羽君、ムリなお願いを聞いてくれて、本当に、ありがとう。また、会える日を楽しみにしてる。そいじゃ」電話を切った真人は、そっと胸をなでおろした。また、鳥羽と会話できたことで、少しストレス解消になった。明日、郵送する毛髪の準備をしようと袖の引き出しを引いたとき、太宰府天満宮の参道で偶然出会ったタラコ先生の分厚くひん曲がった唇が思い浮かんだ。

 

 昨年の10月、姫島に行った翌日、タケルの安全を祈願するために太宰府天満宮に参拝に行った。前回も入ったことのある茶店の前を通り過ぎようとした時、タラコ先生とばったり出くわした。タラコ先生は、当然のことだが、こちらに目を向けることなく通り過ぎようとした。その時、つい、「タケウチ先生」と声をかけてしまった。タラコ先生は、名前を呼ばれたことにハッとされ、私に顔を向けた。私は、特段親しくもないのに、笑顔で挨拶した。「こんにちは、先生。先生のおかげで、無事、志望学部に合格できました」タラコ先生は、一面識もない予備校生でも、合格できたと報告されるとこの上ない喜びを全身で表されていた。「お~~、そうか。よかった、よかった」そう返事されると、ポンと肩をたたかれ、即座に歩き始められた。

 

 

春日信彦
作家:春日信彦
タラコ唇
0
  • 0円
  • ダウンロード

3 / 28

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • ダウンロード
  • 設定

    文字サイズ

    フォント