汐吹祭

 マリが、ハン老人を亡くなった子供を見るようにぼんやりと眺めていると目を輝かせたハン老人が声をかけた。「マリ、お願いだ、結婚してくれ。マリなしでは、生きていけない。お願い、マリ。結婚してくれ。欲しいものは何でもあげる。100億でも、200億でもあげる。お願いだ。マリ」マリは、いつものお願いに返事した。「結婚は、ダメ。ハンさんは、子供、作れないじゃない。マリは、子供が欲しいの」ハン老人は、悲しそうな顔で返事した。「そうか、子供か。子供が欲しいんだな。俺のは、この通り、使い物にならない。そうだ、人工授精しよう。まだ、種はあるに違いない。すぐに、検査してもいい。どうだ、やってみないか?人工授精」

 

 マリは、人工授精という手がることにハッとした。そうか、結婚しなくても、種さえあれば、子供は作れる。ソープ・エージェントを続けるには、結婚はできない。でも、子供は欲しい。老人の種を使ってもいいような気がしてきた。「そうね~、一度、検査してもらったら。もしかしらた、種は元気かも」ハン老人の顔がパッと明るくなった。「そうか、考えてくれるか。それじゃ、早速、検査してくる。もし、種が元気だったら、結婚してくれるんだな」マリは、ジロッと老人を見つめ返事した。「だから、結婚は、ダメ。子供を作りたいだけ。結婚は、絶対にしない」老人は、困り果てた顔をしたが、即座に返事した。「わかった。俺の子供を産んでくれるだけでもいい。子供が生まれたら、その子に、100億やる」

 

 マリは、別に財産は欲しくなかったが、老人の子供を産めば、マフィアの情報がとりやすくなると思えた。でも、ソープ・エージェントをやめる気はなかった。、その点を確認することにした。「え、ほんと~~。でも、結婚はしないし、しかも、ソープ嬢は続けるのよ。それでも、いいの?」老人は、自分の子供をマリが生んでくれるなら、マリの望み通りにさせることにした。「いいとも。マリがやりたいようにやっていい。続けたいだけ、ソープ嬢をやっていい。でも、やめたら、俺と一緒に暮らしてくれ」マリは、一瞬考えた。老人と一緒に暮らしたいとは思わなかったが、老人は、すでにかなりの年だから、同棲し始めて、間もなく亡くなるような気がした。「そうね。そういうことだったら、いいかも」老人は、笑顔を作るとマリの右手を頬にあてた。

 

 目じりを下げたハン老人は、起き上がりベッドのふちに腰掛けた。マリも起き上がり、いつものように彼を皇帝の椅子に案内した。ゆっくりと腰掛けたハン老人は疲れた表現を見せていたが、温かく柔らかいシャワーのを浴びせられると、ホッとした表情になり、目を閉じた。マリは、シャンプーを作ると肩、胸、脚へと順次シャンプーを丁寧にゆっくりと塗りこめていった。マリは、ハン老人の全身を洗い終え、萎れたペニスを左手に乗せ、右手でマッサージするように洗っていると居眠りしていたかに思えたハン老人は、パット目を見開き話し始めた。「マリ、お願いがある。聞いてほしい」マリは、突然の大きな声にびっくりしてしまった。

 

 マリは、ハン老人を見つめ返事した。「突然、大きな声出しちゃって、びっくりするじゃない。なんですか、お願いって?」ハン老人は、ちょっとマジな顔つきになり話し始めた。「近日中に、対馬の別荘に孫が遊びにやってくる。孫の誕生日なんだ。プレゼントを何にしようかと考えた。いつもは、お小遣いをやるんだが、今回は、趣向を凝らして、デートをプレゼントすることにした。そこでだ、チョ~~美人ぞろいのプラチナから3日間ソープ嬢を派遣してもらえないか?晩熟(おくて)孫にセックスの手ほどきをやってほしい。料金は、いくらでも払う。できるか?マリ」マリは、顔が固まってしまった。しばらく考えて返事した。「それは、ちょっと無理だと思います。プラチナには、派遣システムはありません。残念ですが。そう、お孫さんを、ここに連れてこられたら、いいじゃありませんか?」

 

 ハン老人は、歯に物が挟まった言い方をした。「いや、それができない。別荘は対馬だし、孫は、日本語が全く話せない。マリ、どうにかならないか?マリの力で。お願いだ、マリ。マリは、僕の女神だ。マリの力で、なんとか」マリは、困り果てた顔で首をかしげた。プラチナのシステムを勝手に変えるわけにはいかなかった。いったい、どう返事すれば、ハン老人の機嫌を損ねずに断れるかと思案した。ここはひとまず、オーナーに相談するということにした。「困った相談ね。マリは、単なる従業員なのよね~。システムを勝手に破るわけにはいかないし。それじゃ~~、一度、オーナーに相談してみるわ。ちょっと、待ってくれる」笑顔になったハン老人は、うなずいた。「そうか、ありがとう。いい返事を待っている。お金には、糸目はつけない。マリは女神だ」マリは、ハン老人の右手をとるとジェットバスに案内した。

 

サーファーヒカル
作家:春日信彦
汐吹祭
0
  • 0円
  • ダウンロード

22 / 23

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • ダウンロード
  • 設定

    文字サイズ

    フォント