小説の未来(20)

 宗教娯楽は不可欠な娯楽なのですが、科学が進歩していくと、次から次に宗教以上の娯楽が作り出されていきました。言語は、ついに、最強の娯楽アイテムといえる”お金”を作り出しました。

 

 お金は、記号に過ぎなかったのですが、高知能者たちは、奴隷にわかりやすくするために、貨幣を作ってあげました。奴隷たちは、偶像崇拝するがごとく貨幣を神以上に崇拝するようになっていきました。

 

 貨幣は、一部の奴隷たちの生活を豊かにしていきましたが、一方、多くの奴隷たちを苦しめる悪魔になっていきました。というのは、マネーゲーム娯楽は高知能者に有利なゲームだったからです。高知能者は勝者となり、低知能者は敗者となっていきました。

 

 

 

 人間は、生まれながらに持っているDNAによって、脳機能に差が生じます。生後の環境によって脳機能は変動しますが、脳機能を決定づけるのは、DNA情報です。わかりやすく言えば、同じように1時間勉強しても東大に合格する人もいれば、高校を落第する人もいるということです。

 

 人間のDNA配列については、いまだ解明されてないことが多々あります。現実に、天才といわれるチョ~頭がいい人たちもいますし、精神的、知的障がい者といわれる人たちもいます。

 

 チョ~頭がいい人たちは、歴史的にゲーム娯楽文化を創造してきました。確かに、彼らは、尊敬されるに値する実績を残してきたのですが、彼らが作り出したゲーム娯楽は、多くの悲劇も作り出しました。

 

 

 彼らは、多大な快楽を与えるいろんなゲーム娯楽を作ってくれました。政治、宗教、ビジネス、スポーツ、音楽、競馬、インターネット、など具体的に数え上げればきりがないほどたくさんのゲーム娯楽を作り出してくれました。

 

 ゲーム娯楽を作るのに不可欠なものは、言語・記号です。人間は、言語・記号を発明して以来、急速にゲーム娯楽を増産してきました。人間をしのぐAIもゲーム娯楽の一つです。

 

 特に、不滅と思われるマネーゲーム娯楽は、あらゆる分野のゲーム娯楽の根幹をなすといっても過言ではないと思いますが、人間を凌駕するAIが登場すると、AIが人間をコントロールするまでになっています。ここで忘れてはいけないことは、娯楽は、人間に快楽を与えると同時に、苦痛も与えるということです。

 

           感情言語の娯楽

 

 

 そこで、小説という言語ゲーム娯楽ですが、最近、あまり人気がありません。今一つ、快楽をもたらさないからでしょうか?ほかのゲーム娯楽に押されているせいでしょうか?

 

 バクチ、スポーツ、音楽、ネットゲームなどと比較すれば、快楽度は劣るのでしょう。いずれ、小説は、不要になり、消え去るのでしょうか?歴史的には、小説は庶民が手軽に楽しめる数少ない娯楽の一つとして多くの人に愛されてきました。

 

 確かに、小説は、社会科学のような実用性のある娯楽ではありません。だから、大学の学部において、法学部、経済学部に比べて、文学部は人気がないのでしょう。

 

 

サーファーヒカル
作家:春日信彦
小説の未来(20)
0
  • 0円
  • ダウンロード

4 / 11

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • ダウンロード
  • 設定

    文字サイズ

    フォント