付録:誕生から死後までの意識

第三章 死後の意識

死後はどうなるのか?は大変興味深いものですが、これは死ななければわからないが、死ねば誰でもわかるので、生前、各自が、それぞれ心の安定のために生前に想像することですから、死後の世界の想像は各自各様であって構わないと思います。

死後の世界の強要は「ありがた迷惑だ 」と思います。


私は、「 誕生から死後までの意識 」を発表しておもうことの中に書きましたが、僧侶やスピリチュアルと言われる人が「 地獄 」や「 極楽 」や 天国 」とか「 霊界 」とかいう所には行きたくないのです。

死ぬ時、最も信頼するものに縋って死のうと思うでしょうから、各自は、自分が信じる所に行くでしょう。

「 地獄 」や「 極楽 」や 天国 」がある世界を望むなら、そこに行くでしょうし、「 霊界がある 」という人には霊界があり、死ねば霊界に行くでしょう。

死を迎えた心の安定の問題ですから、各自が好きな所に行くと想像するのがよいでしょう。

死んだ人のみ分かり、誰でも死ねば分かるのですから。

 

 

私の考えは、「 誕生から死後までの意識 」の追記に書きました。


「 輪廻転生 」するとしても良いのですが、私は、仏教で使われる意味を把握していないため、「 循環する 」としました。

私は、気(ki)が循環すると思っていまして、その過程を、戦国武将の上杉謙信が残した逆説と思われる「 死中生あり、生中生なし 」という言葉に当てはめてみました。(同書、追記、5

そして最後に「 カエサルのものはカエサルに 神のものは神に 」と書きましたが、キリスト教徒ではありませんのでこの意味は知りませんが、私が書いた意味は、「 誕生により与えられたものは地球上に返し、私を導いて来たものは、私を導くために来たところに帰る 」ということです。

また、ユリウス・カエサルは「 人は喜んで自己の望むものを信じるものだ 」と言いますから、私は、「 誕生により与えられたものは地球上に返し、私を導いて来たものは、私を導くために来たところに帰る 」と望み、信じ、それを頼りに死にたいと思っています。

 

ゴーギャンは「 我々はどこからきたのか、我々は何者か、我々はどこに行くのか 」の問いに絵画を残しました。

私は、本の中に(同書、第二章、8)残しました。

かって、日本にも西暦774年に生まれた「 空海 」という僧侶が、似たようなことを言いました。

 

 

生まれ、生まれ、生まれ、生まれて、生の始めに暗く、

 死に、死に、死に、死んで、死の終わりに冥し。 (空海『秘蔵宝鑰』)

 

 

Yahoo 知恵袋によりますと、「 人は何度生き死にを繰り返してもなぜ生まれるのか、なぜ死ぬのかを知らない。輪廻の流転を繰り返す凡夫の姿を、空海自身も己の姿の中にも見出そうとした」という意味だそうです。


親友や先輩の死にあたって、「 好き勝ってな老人の話 」というブログの中で、私の「 自分探し 」が始まりましたが、私のブログでの到達点は、次のようになりました。

 

 万物は流転し、エネルギーは形を変えることがあっても消滅することはないとすれば、自分は宇宙上で、高口克則と名前をつけられた一つのエネルギーの結晶であり、エネルギーが作った一つの現象であり、エネルギーから生まれた私は、またエネルギーに戻り、人間には観察不能な気(ki)となり、肉体は地球上の栄養分となり、意識は一つの文化として社会に返し、私を導いて来たものは、私を導くために来たところに帰って欲しいと思いますし、「 時間 」を考えるとき過去や未来や現在などの時制で説明したり、宗教で「 永遠 」などと聞きますが、「 時間 」は脳の産物で、今という間(ma)しかないとすれば、この「 今 」という間(ma)の中に脳で考える「 過去と未来や永遠 」があるのであり、死後、気(ki)になって、間(ma)の中を漂うとすれば、すでに「 永遠 」を含んだ間(ma)の中にいますから、生前、ことさらに「 永遠 」のことを考える必要はなく、死ねば「 永遠に存在する 」のではないでしょうか?

また、私は子供に「 私が死んだら星になるから、寂しかったら見上げてごらん 」と言おうと思いますし、「 私が死んでも、お前のそばにいて、ずっと守ってあげる 」とも言おうと思います。(同書、第二章、8-3

なぜなら、気(ki)は、「 宇宙に充満する微物質。アトムとは異なり、ガス状に連続していて分割できない。万物を形づくり、それに生命、活力を与えるもの。物質=エネルギーと定義される」(前述、第一章(B))ならば、遠い星の所に居ることも、自分の子供の身体を形作る細胞空間の中に居ることも可能だと思うからです。

私が死ねば、僧侶が「暗い」とか「冥い」とか言う無明の中に私は入ってゆくと思いますが、もしこの無明が宇宙エネルギーの気(ki)であったとしたら、無明にも上記のような良い所もあるだろうと思っています。


ま、今の私は、死ねば、仏教でいう輪廻転生して、蚊や蠅になり、殺されて、また輪廻転生を繰り返す宿命であるかも知れません。


神や仏のみが知る。

………です。

kandk55
作家:高口克則
付録:誕生から死後までの意識
0
  • 0円
  • ダウンロード

3 / 3

  • 最初のページ
  • 前のページ
  • 次のページ
  • 最後のページ
  • もくじ
  • ダウンロード
  • 設定

    文字サイズ

    フォント